NHK朝ドラ【スカーレット】第134回(第23週 火曜日) 感想

喜美子(戸田恵梨香)が一年の計画を検討し、今年は穴窯での作品作りをやめると宣言。訪ねてきた照子(大島優子)が話を聞いてしまう。陶芸教室の日、陽子(財前直見)らが集まる。一方、武志(伊藤健太郎)は自分の体調が気になり家庭医学書を購入する。不安を押しころしていたが、たこ焼きパーティーの準備中にまたも身体に異変を感じ、友人の真奈(松田るか)を追い返すことに。武志は大崎医師(稲垣吾郎)に相談しようとするが…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第23週「揺るぎない強さ」 第134話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

朝ドラにおいては、ヒロイン、もしくは子供世代の恋愛描写は定番で、あまりにも引っ張られると「どうでもええわ」、ってなっちゃう方なんですが……。

武志を見ながら、こういう事でも生きる活力になるといいなぁと思ってしまった。

せっかく約束したのに、具合が悪くて「急用が出来た」と追い返してしまったり。

なのに後からちゃんと呼んでいたり。

女の子が部屋に居るのを見て、嬉しそうな喜美子。

武志が健康でも、この人の場合はこういう反応になるのかも知れないけれど、今は視聴者とと同じ目線なのだと思う。

「恋愛する時間をこの子にあげたい。」

武志君のことです。
病院にいらしたんです。
聞きたいことがあるって言ってました。

わざわざ家まで来てくれる先生。

この仕事を長くやってるとほっとけない時があるんですよね。

いや、僕の場合はしょっちゅうなんですけど。

「ほっとけない時」

喜美子は武志の部屋で家庭の医学本を見つけて……

どうするだろう。

本人が知りたがっている。

つらいけれと゜、教えてあげないと。





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125・126
127 128 129 130 131 132
133

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

川原(十代田)八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷敏春 – 本田大輔
熊谷竜也 – 福崎那由他
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
住田秀樹 – 田中美央

小池アンリ – 烏丸せつこ
大崎茂義 – 稲垣吾郎
慶乃川善 – 村上ショージ

十代田いつ子 ‐ しゅはまはるみ
鮫島正幸 ‐ 正門良規
津山秋安 ‐ 遠藤雄弥
藤永一徹 ‐ 久保山知洋
加山 – 田中章
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太

語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江(第21週 : 三谷昌登)
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『スカーレット』第134回

    内容突然、喜美子(戸田恵梨香)から、今年の穴窯での作品作りを辞めると聞いた住田(田中美央)は困惑する。陶芸教室などがあるからだと説明する喜美子。そこに、照子(大島優子)がやって来て。。。。一方、武志(伊藤健太郎)は、自らの病が気になり始め、家庭の医学書を購入し、調べはじめる。そんななか、友人から、たこ焼きパーティーに誘われたものの、その当日、体調不良で断りを入れる。そして武志は、病院へと。。…

  2. スカーレット (第134回・2020/3/10) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第23週『揺るぎない強さ』の 『第134回』の感想。 ※ 本作は、2020/2/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 喜美子(戸田恵梨香)が一年の計画を…

  3. たこ焼き>『スカーレット』第134話

    ​​今迄はいわゆる日常回が本筋とはちょっと乖離している感があったんだけど今回はそこが上手く融合しているというか本筋があるから日常描写が生きるし日常描写があるから本筋のシ…

  4. たこ焼き>『スカーレット』第134話

    ​​今迄は いわゆる日常回が本筋とはちょっと乖離している感があったんだけど 今回は そこが上手く融合しているというか 本筋があるから日常描写が生きるし 日常描写があるから本筋のシリアスさが増す …という良い塩梅 …ひじゅにですが何か? 「ほっとけない時があるんですよね」by大崎 ↑予告で大崎先生が訪れることは分かっていたけど こういう理由での、自発的なものだったのね。 良い先…