NHK朝ドラ【スカーレット】第107回(第18週 金曜日) 感想

武志(伊藤健太郎)の作陶を見守る喜美子(戸田恵梨香)。陶芸家になりたいという武志の気持ちを感じ取り、喜美子は複雑な思いを抱く。かつて穴窯での窯焚きを成功させたとき、その成果を見に来た八郎(松下洸平)に喜美子は声をかけられず別れることに。その後、喜美子と八郎が会うことはなかった。一方、武志は喜美子に内緒で八郎と手紙での交流を続けていた。高校卒業後の進路に悩む武志は5年ぶりに八郎に電話をかけてみるが… (上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第18週「炎を信じて」 第107話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

八さんラプソディのような回だった。

あの日、穴窯から取り出した作品を八郎が見に来ました。

2週間たき続けて成功した作品です。

何も言わずいつまでもそこにいました。

声をかけることはしませんでした。

八さんの敗北にも似た気持ちがひしひしと伝わってきた。

「すごいな。 すごいな、喜美子。」

もちろん。
八さんだから、あの人だから、祝福する気持ちもあるだろうけれど。

穴窯が焼き崩れて失敗すれば、喜美子の目が覚めるかもしれないという最後の賭けでもあったのでは、と思うんだ。

過去を捨てて前へ進む。

自分との結婚生活を捨てれば、この女は成功する。

それを実感しただろうし。

そして、信楽に憑りつかれて拘っていたのは自分自身だったとも気づかされたと思う。

八さんは信楽を出て行った。

捨てて行ったものの中に武志もいる。
捨てなければ前へ進めなかった。

でも、それは、穴窯を続けると決めた時点で喜美子も同じで。

愛している。
それは間違いではなく嘘でもない。

けれども、いわゆる「家族がいるから良い作品ができました」や「子どものために作品を作っています」…ではないんだよね。

そんな中で、これほどいい子に育ってきた武志も、思っていることはあった。

お母ちゃんが来て、「来たで!」
寝てる俺を起こして「来たで。武志来たで。やっと来たで。」って。


俺、飛び起きてん。うん、飛び起きたな。

はだしで駆けてった。
ハハッ茶の間に駆け込んだな。

「やっと来たかあ!お父ちゃん」

お父ちゃんやと思たんや。

テレビだった。

もう一緒に暮らせる日は来ないと武志が悟った日。

お母ちゃんは陶芸家地位と同時に大事なものを失った。

そこまでしなければ陶芸家になれないのならば……と武志は考える。

成功しなければ武志の進路の金も、もしかしたら家も焼けていたかも知れないんだけど。

そこまでは知らない可愛い武志。

進路の相談は父にする。
愛されているはずだし、父子はまだ繋がっているはずだ。

明日は八さんの声を聴くことができる。

父は息子に何を言うのか。





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

川原(十代田)八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷敏春 – 本田大輔
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
慶乃川善 – 村上ショージ
十代田いつ子 ‐ しゅはまはるみ
鮫島正幸 ‐ 正門良規
津山秋安 ‐ 遠藤雄弥
藤永一徹 ‐ 久保山知洋
加山 – 田中章
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太

語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. スカーレット (第107回・2020/2/7) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第18週『炎を信じて』の 『第107回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 武志(伊藤健太郎)の作陶を見守る喜美子(戸田恵梨香)。陶芸家になりたいという武志の気持ちを感じ取り、喜美子は複雑な思いを抱く…

  2. 大事なもん>『スカーレット』第107話

    ​​​今更な話なんだけどあの「旅のお供」の欠片は赤系。スカーレット(緋色)だよね?それを目指していたはずの喜美子の作品は青系。え?何で?…と思っちゃったのはボンクラひじ…

  3. 大事なもん>『スカーレット』第107話

    ​​​今更な話なんだけど あの「旅のお供」の欠片は赤系。 スカーレット(緋色)だよね? それを目指していたはずの喜美子の作品は青系。 え? 何で? …と思っちゃったのはボンクラひじゅにだけ? 八郎さんが出そうとして、結局、挫折してしまった フカ先生からのハガキの絵にあった青の色を 喜美子が出すことに成功した …ってこと? まあ、その方が八郎さんの、あの何とも言い難い表情を より強め…