NHK朝ドラ【スカーレット】第46回(第8週 木曜日) 感想

事業拡大を図る丸熊陶業に、3人の若手社員が入社。若社長の敏春(本田大輔)に連れられ挨拶回りに。喜美子(戸田恵梨香)の働く絵付係にも訪れるが、絵付け師・深野(イッセー尾形)と対面した若手社員の1人・八郎(松下洸平)が固まってしまう。その後、訪ねてきた信作(林遣都)の前で、八郎と喜美子が信楽の話題で盛り上がり、信作は複雑な気持ち。一方、照子(大島優子)が来て…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第8週「心ゆれる夏」 第46話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

丸熊陶業に新しい社員さんが3人やってきた。

京都の大学で美術工芸を学んで陶器会社で企画開発をやっていたという藤永一徹さん。正しく同業からのヘッドハンティング。

大阪の工業大学を出て、建築資材研究所の研究員をしていた津山秋安さん。資材方面からの引き抜き。


そして、京都の美大を出て陶芸を指導していたという十代田八郎さん。

視聴者が注目しなければならないのはもちろん3人目のこの人。


僕も大阪出身です。
京都の美術大学で陶芸の奥深さを知り、卒業後は学生に陶芸を教える手伝いをしながら働き口を探しておりましたところ、こちらを紹介されてやって参りました。

ここ信楽でもの作りするんを楽しみにしております。よろしゅうお願いします。


食堂ではスラスラ自己紹介したのに、絵付け部屋ではフカ先生を前にひと言も言葉が出てこない。

だって、きっと、憧れの存在だよね。神のようだよね。


信作と2人だと会話が続かない「友達が上手く作れない」タイプっぽい相似性(笑)それとも、おっさんずラブかな(笑)
 NHK朝ドラ『スカーレット』第46話 感想


信作は、夫婦仲が戻って飲みに行った親父を負ぶって帰ってきたと喜美子に話す。

親はだんだん軽くなる。


世代交代や。
若い世代に譲りなはれ。


と丸熊陶業の女将は言う。

ほんま腹立つわ。

と言いながらも、喜美子のデザインを採用する社長。

敏春さんはお兄ちゃんとは違うねんで。

敏春さんは敏春さんや。

お兄ちゃんの代わりにするのはやめよ。
やめよな?



息子ではないのだから……親が死ぬまで社長の座を見守ってはくれない。

新しい風が信楽に吹き始めたねぇ。


しかし、喜美子のデザインは可愛くて素敵だ……けれども手描きの大量生産に向かなさそう。どうなるか。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)

川原武志 – 伊藤健太郎

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷敏春 – 本田大輔
慶乃川善 – 村上ショージ
十代田八郎 – 松下洸平
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太


語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『スカーレット』第46回

    内容敏春(本田大輔)の肝煎りで、丸熊陶業にの商品開発室に新しい社員が3人入社する。十代田八郎(松下洸平)津山秋安(遠藤雄弥)藤永一徹(久保山知洋)の3人を連れて、敏春が、社内を挨拶に回る。そして絵付けの工房にやって来た八郎は、。。。。そんななか、照子(大島優子)が、秀男(阪田マサノブ)に。。。敬称略新キャラの紹介も兼ねているから、こんなところだろうけど。まさか、ラストで新展開を盛りこんでくる…

  2. スカーレット (第46回・2019/11/21) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第8週『心ゆれる夏』の 『第46回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 事業拡大を図る丸熊陶業に、3人の若手社員が入社。若社長の敏春(本田大輔)に連れられ挨拶回りに。喜美子(戸田恵梨香)の働く絵付係に…

  3. 世代交代>『スカーレット』第46話

    ​​​​​​​​​直子に「誰かと出逢うて、楽しくなるかもしれんし」なんて言っていたけど喜美子自身に新しい​出逢い​が―ちゅーことみたいやね…ひじゅにですが何か?​「船頭…

  4. 世代交代>『スカーレット』第46話

    ​​​​​​​​​直子に 「誰かと出逢うて、楽しくなるかもしれんし」 なんて言っていたけど 喜美子自身に新しい​出逢い​が― ちゅーことみたいやね …ひじゅにですが何か? ​「船頭が2人いたら山登ってまうで」​by照子母 同じ船に船長は2人いらない― というのは、よく聞くかど こういう↑言い方は面白いな(笑) 照子夫@敏春さん話は少しずつ進行中。 亡き兄を重ねている…