NHK朝ドラ【スカーレット】第55回(第10週 月曜日) 感想

喜美子(戸田恵梨香)は初めてデザインした火鉢の試作品を八郎(松下洸平)に見せようと商品開発室を訪れる。すると八郎の作陶を目撃して驚く。八郎は社長の許しを得て、勤務時間の前後に陶芸の練習を重ねていた。目の当たりにした陶芸に心をひかれる喜美子。そして八郎の陶芸への思いを聞くと、喜美子の脳裏にある思い出が浮かぶ。その頃、川原家に信作(林遣都)が来て、「お見合い大作戦」なるイベントで喜美子の見合い相手を…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第10週「好きという気持ち」 第55話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

出かけていたので簡単に。

文章であらすじだけ書いたら、三行くらいで終わってしまいそうな内容だった。


見て、感じる。
行間の重みが凄い。

見て、受け取る。
役者さんの演技が凄い。


自分がデザインした火鉢を八郎に見せに行く喜美子。

すると、八郎は陶芸作業中だった。

喜美子は、それをじーーっと見る。

八郎の手が器用に土を器にしていくその様子をじーーっと見る。

芸術家が芸術の作業を見つめる静かな熱量。


ああ!
いつからそこに…?

声かけたら邪魔かな思て……。

いや、全く気ぃ付かんで……アホちゃうんか。 すいませんでした。

いえ、すいません。



土に向かう時は真剣そのもので。
人に向かう時は柔らかい笑顔で。

八郎さんはまこと、人間の透き通った人。

喜美子の火鉢を

うれしいですね?
いとおしいですねえ?


人の作品を「いとし」と言ってくれる、神様のような人。


八郎さんの作業は「仕事」ではなく、仕事の後に社長から電気窯を使ってもいいと許可を貰ったのだと言う。


十代田さんは陶芸家として食べていけるようになるのんを目指してはるんですね。

いつか……
僕の祖父が深野先生の絵を大事に大事に飾っていたように、誰かにとって大事な大事な宝物になるような……そういう作品を作るのが僕の夢です。



この会話が面白い。

喜美子にとって、芸術も「食べていく」ことだ。川原家の喜美子らしい。それは決して金に意地汚いことではない。好きな事で「食べて」行けるのは最高の贅沢だから。

八郎さんにとっては、違う。

食べる事と作品は、たぶん違う。

いつか。
ここに壁が出来ないといいけれど。


冗談を言いながら、ノリツッコみしながら。

見ているこっちが思わず笑っちゃう仲の良さ。
NHK朝ドラ『スカーレット』第55話 感想


こういう平穏な空気感で、ずっと一緒に居られればいいのにね。

幼馴染みの信作は幼馴染みのままで。

仕事仲間の八郎さんは仕事仲間のままで。

変な三角関係になったりしない、そういう所が好きだ。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

十代田八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷敏春 – 本田大輔
慶乃川善 – 村上ショージ
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太


語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『スカーレット』第55回

    「好きという気持ち」内容深野たちが去り、絵付け係は喜美子(戸田恵梨香)ひとりに。そして、喜美子が初めてデザインした火鉢の試作品が完成する。それを八郎(松下洸平)に見てもらおうと商品開発室を訪ねたところ、作陶に集中している八郎を目撃する。集中している姿に見とれていると、ようやく八郎が喜美子に気づき、手を止める。社長から電気窯の使用許可をもらい、仕事をしている以外の時間を使って、陶芸を行っている…

  2. 好きという気持ち>『スカーレット』第55話

    ​​​​​​​​​​​絵付け火鉢は見た! 火鉢を八郎さんに見せに行って 逆に火鉢に見られてしまった …というか 火鉢に見守られている …というか(笑) 喜美子&八郎の図ぅ―  …ひじゅにですが何か? ​「気ぃ付いたら、自然と好きになってた」​by八郎 八郎さんと陶芸 喜美子と陶芸 八郎さんと喜美子 …それぞれが、この台詞の通りに進んで行く? おいおい ​いきなり…