NHK朝ドラ【スカーレット】第106回(第18週 木曜日) 感想

穴窯での窯焚(た)きを成功させた喜美子(戸田恵梨香)。昭和53年、40歳になった喜美子は女性陶芸家の草分けとして活躍している。喜美子の作品は高値で売れて借金を返済。暮らしはだいぶ豊かになっている。武志(伊藤健太郎)は高校2年になって、そろそろ進路を決める頃ある日マツ(富田靖子)が旅行に出かけ、喜美子が武志と二人で過ごしていると信作(林遣都)がきて喜美子に中身を言わず武志に届けものを渡して去っていく… (上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第18週「炎を信じて」 第106話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

思春期のあまり喋らない息子と、大事な話ができなくてじれる母の図。アルアル。

それでも武志は相変わらずイイ子。

友達は連れてくるし、日常のことはよく喋るし、「めでたし めでたしの話」のような家族行事にはきちんとテンション高く参加する。

この辺は、マツさんという年寄りの存在が大きいかも。あまり親と喋らない子どもと親の潤滑油となる。

昨日飛んだ年月が「めでたし めでたしの話」で説明されているのには笑った。

成功談を丸っとすっ飛ばして余韻を残す昨日の演出は好き。人生は良いことも悪いことも過ぎ去れば笑い話。

もう7年になるかなあ……お母ちゃんと窯たき交代した夜のことです。

うん。穴窯の崩れた所から火がぶわ~っと噴き出て、お母ちゃんが「火事やぁ!」言うて。うちが「消したらあかん!もっと燃やす」言うて。

ほんでようやっと成功しました。

ちや子さんに記事を書いてもらいました。

「自然の色、自然釉を生み出した陶芸家・川原喜美子」

婦人雑誌が取り上げてくれて、それ見て新聞も取り上げてくれて……。

ちや子さんの記事のおかげやなあ。

テレビ局の取材もやって来ました。

びっくりしたなあ?

そこ人だかりになったん覚えてんで。

何や注目浴びて。うちの作品があっという間に売れるようになって。順調に注文も頂けて。

借金もおかげさんできれいに返すことができました。

テレビジョンも買うことができました。

めでたし めでたし。

めでたしめでたしついでに……

その「自然釉」の窯焚きは今はバイトを雇ってやっているらしい。だよね。そういう余裕があるのはいいこと。

その風景のどこにも、今は八さんの姿はなく。それを匂わせるのは信作からの届け物。

進路に悩む息子・武志……というよりも、決まってるんでしょうね。母と同じ道。

いわば、ここから後半が始まったともいえる本作。

序章は静かに。





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

川原(十代田)八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷敏春 – 本田大輔
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
慶乃川善 – 村上ショージ
十代田いつ子 ‐ しゅはまはるみ
鮫島正幸 ‐ 正門良規
津山秋安 ‐ 遠藤雄弥
藤永一徹 ‐ 久保山知洋
加山 – 田中章
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太

語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『スカーレット』第106回

    内容ついに窯焚きで、思った色に仕上げることが出来た喜美子(戸田恵梨香)ちや子(水野美紀)の記事もあり、ようやく女性陶芸家の草分けとして。。。。それから数年。作品は売れ、借金も返済。様々な物も買えるようになり、生活に余裕ができはじめた川原家。喜美子、マツ(富田靖子)は、高校2年になった武志(伊藤健太郎)の針路が気になるが。。。敬称略ここまで端折るだけで無く。様々なモヤモヤ、違和感、不快感を残し…

  2. スカーレット (第106回・2020/2/6) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第18週『炎を信じて』の 『第106回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 穴窯での窯焚(た)きを成功させた喜美子(戸田恵梨香)。昭和53年、40歳になった喜美子は女性陶芸家の草分けとして活躍している…

  3. メデタシメデタシの話>『スカーレット』第1…

    ​​​​昨日、串ダンゴ脚本だと書いたら今日、串ダンゴを食べるシーンで始まるとは分かってやってるのか!?…んなこたあない(笑)…ひじゅにですが何か?「混ぜた?」by喜美子↑息…

  4. メデタシメデタシの話>『スカーレット』第105話

    ​​​​昨日、串ダンゴ脚本だと書いたら 今日、串ダンゴを食べるシーンで始まるとは 分かってやってるのか!? …んなこたあない(笑) …ひじゅにですが何か? 「混ぜた?」by喜美子 ↑息子が淹れてくれたインスタント・コーヒーへの 喜美子の反応がこれって… ちょっと笑っちゃったんですけど>ぇ ブルース・リーだの 粉チーズだの そしてインスタント・コーヒーだの 時代を表すアイ…

  5. 巨炎 より:

    しかしマスコットガールの時よりも端折った描き方、
    また正式な離婚という結末もちゃんと描いていない等、
    離婚過程を創作で描いた限界なのか、撮影スケジュールの問題なのか。
    (そもそも例によって週のど真ん中で新章に突入)

    一方では時代モノ朝ドラ主人公の多くが、この時期には裕福になっていたのに対して
    借金を返済した程度な庶民生活な昭和50年代。
    BS12でちょくちょく再放送されているホームドラマに通じる雰囲気がありますね。
    台所の塩や砂糖の容器が懐かしい。