NHK朝ドラ【スカーレット】第14回(第3週 火曜日) 感想

喜美子(戸田恵梨香)の仕事は下宿屋での住み込み女中。医学生の圭介(溝端淳平)始め住人たちとの挨拶もそこそこに、隣室のふすまを蹴り倒す失態を犯す。慌てる喜美子を元女中の大久保(三林京子)が冷ややかに見つめ「あんたにはムリや」と言い放つ。喜美子が食い下がるも大久保は受け入れない。オーナー・さだ(羽野晶紀)も交えた協議の末、喜美子は翌日、信楽に帰ることに。落ち込む喜美子が荷物を広げると思わぬものが出て…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第3週「ビバ!大阪新生活」 第14話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

個人的にはこのドラマのストーリー展開に今のところ何の不満もなく、温かな涙を浮かべること多々……。

戸田恵梨香も元々好きな女優で、昨日の「ガッカリを隠して笑う」演技なんて最高だと思っている。


ただ、今の設定で行くなら、やはり現段階の喜美子は戸田ちゃんじゃない方が良いのかもね。

なぜなら、喜美子が仕事を断られる理由がほぼ「子どもだから」なのである。

ヒロインのモデルである神山清子さんが陶工を始めたころは、女人が窯場に入る事は穢れとして禁じられていたのだという。

そういう裏事情は後から出て来るのかも知れないけれど、とりあえず今の段階では喜美子が丸熊陶業に断られたのは「喜美ちゃんのような子どもに対して責任を取れない」からだった。

そして、今日も

「ごめんなあ。もうちょっと年いった大人の人がええ言うの。」

と断られるのである。

これをドラマではなくて小説で読んだとしたら、喜美子という少女は15という年齢よりも幼く見える童顔の子なのでは……と想像できるわけで、それだと戸田ちゃんにはちょっと厳しい。

15にはとても見えないけれども川島夕空ちゃんが引き続きもう少し演じていた方が受け止めやすいかも。


まぁ……喜美子もその内年を取って行くので、そこら辺は想像の翼で補うしかないのね。

それでも、このドラマの脚本は本当に丁寧によく出来ているので、そんなことは小さいことなのかも知れない。


さて……。

ここにお皿が3枚ある。

この1枚は家族のために磨きます。
この1枚は仕事やから磨きます。
最後の1枚は家族や仕事や関係なしに一生懸命心込めて磨きます。

さあ、どのお皿がきれいになるでしょうか?

このお皿です。(関係なしに一生懸命心込めて磨いた皿)

皆おんなじや。

えっ?

お皿なんか磨いたらきれいになるわ。



これは酷くないーー??(笑)

という話だけれど、結局、大久保さんが言いたいのは「どんな気持ちでやろうが別に誰も見てない仕事」だということらしい。主婦と同じだね。

デザインして皆から「すてきやすてきや」って言われてる仕事とはちゃいまっせ。

信楽のお家の手伝いとも違います。

褒めてくれるお母はんはいてへん。



お母さん、別に褒めてくれなかったけれどね……それは置いておいて、喜美子が昨日「女中」と言われた時ちょっとガッカリしてしまったのを見透かされたような言葉だった。


それに対するお母ちゃんの手紙である。

「喜美子。どんなことでも一生懸命やってたら誰かが見ててくれてるんやな。」


これを心に喜美子は闘う(たぶん)。

食欲が無い子どもにおかずを分けてくれる酒田さんと社長には笑っちゃったけれど、ご飯が美味しそうで、そして、2人の優しさが沁みたわ。

いい職場だよ。きっと。



※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教

草間宗一郎 – 佐藤隆太
十代田八郎 – 松下洸平
深野心仙 – イッセー尾形


語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    巨炎さん
    >え、そうですか。私は三枚とも同じと思ってアタリでした(笑。

    お仕事としてはそうなんですよね。でも、主婦的には同じじゃイヤなんですよね(笑)

    >ただ、亭主が女囲って夜逃げとか朝ドラでやるんですかね(笑。

    どうなんでしょうか。「あくまでもモデルです」という体ですもんね。

    「カーネ」の時も周防さんはファンも出来ましたが叩かれもしたみたいですし。

    「ふたりっ子」なんて、お父ちゃん、失踪して女の所に転がり込んでいたけど……

  2. スカーレット (第14回・2019/10/15) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第3週『ビバ!大阪新生活』の 『第14回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 喜美子(戸田恵梨香)の仕事は下宿屋での住み込み女中。医学生の圭介(溝端淳平)始め住人たちとの挨拶もそこそこに、隣室のふすま…

  3. 魔法の手拭い>『スカーレット』第14話

    ​​​​​​​​過去作と、ついつい比較したくなるシーンがあるのも朝ドラ“お約束”酒田さんは卵焼きをさださん(社長改め)はタクワンをそれぞれ喜美子に分けてくれた某前作でも…

  4. 魔法の手拭い>『スカーレット』第14話

    ​​​​​​​​過去作と、ついつい比較したくなるシーンがあるのも 朝ドラ“お約束” 酒田さんは卵焼きを さださん(社長改め)はタクワンを それぞれ喜美子に分けてくれた 某前作でも ヒロイン夫がヒロインのラーメンに メンマを乗せてくれるシーンがあった 驚いたり、また落ち込んだり、口に入れて目を見張ったり 美味しさに夢中になったり、また悲しみが押し寄せてきたり… 短い時間の中でクルクル変…

  5. 巨炎 より:

    >これは酷くないーー??
    え、そうですか。私は三枚とも同じと思ってアタリでした(笑。
    「カーネ」ではチョイ出ただけだった三林京子さん、
    主人公を鍛えるキャラになるのかな?

    >神山清子さんが陶工を始めたころは、女人が窯場に入る事は穢れとして禁じられていた。
    という訳でご紹介にあった「火火」を連休中に観てました。
    戸田恵梨香には「カーネ」直子に近い雰囲気を感じている訳ですが正に炎のような女性。
    二時間尺で上手く纏めていますが、ドラマの尺でじっくり観たい気もします。
    ただ、亭主が女囲って夜逃げとか朝ドラでやるんですかね(笑。

    田中裕子さんは翌年に朝ドラ「わかば」でも年頃の
    娘と息子を女手一つで育てる母親役ですが亭主とは神戸震災による死別。