NHK朝ドラ【スカーレット】第120回(第20週 土曜日) 感想

久しぶりに親子三人で夕食を食べる直前、武志(伊藤健太郎)が気まずいと言い出す。それを聞いた喜美子(戸田恵梨香)は八郎(松下洸平)に他人行儀な態度をやめて、普通にしようと提案。喜美子は自ら実践するため、あえて八郎をハグするが、逆に意識してしまう。動揺する喜美子に対して、八郎が辞めてしまった陶芸への思いを口にする。冷静になった喜美子は八郎に新たな提案をする。聞いていた武志が二人の会話に割って入り……… (上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第20週「もういちど家族に」 第120話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

出かけていたので簡単に。

陶芸を始めた頃の感じになれへんかな思てる。

どんな感じ。

ドキドキしてた。
土触ったり形作ったり。あの感じな。陶芸に対する、あの感じ……。


恋やな。

もっかい好きになりたい。
純粋にな。

ほな壊したらええやん。
壊して前に進みぃ。


ほんで、うちともな。
新しい関係、築こうや。

モデルの方は現役の陶芸家でご存命なのに、八さんが陶芸家辞めていいのかな……とは以前も書いたけれど、ヒロインのおかげでもなんでも、戻る気になったことは良かったわ。

八さんは、ヒロインに負けた気分で陶芸から去ったりしてはいけない。

そして、あの時、

「僕と喜美子は違う」と言っていたのだから、別に壊す必要はなかった。

「新しい関係」とは、武志を挟んで武志の母と父でいる関係。

それは……

「これからの、武志に纏わる大変なこと」のための繋がりなのだろう。それはそれでいい。

(でも来週は一週間もかけてスピンオフ……)

芸術以外で人の人生を豊かにするもんは何や?

人を思うことや。
自分以外の誰かの人生を思うことや。


寄り添うこと、思いやること、ほんで時には背負ったりすることや。

あんな。誰かの人生を思うことで自分の人生も豊かになるんやで。

小池アンリのこのセリフで、見ていた人はみんなそれぞれ、それぞれの大切な誰かの顔が浮かんだのではないかしら。

この人が出てきてから、これが一番好きなセリフとシーンだった。

お元気で。





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

川原(十代田)八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷敏春 – 本田大輔
熊谷竜也 – 福崎那由他
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
住田秀樹 – 田中美央

小池アンリ – 烏丸せつこ
大崎茂義 – 稲垣吾郎
慶乃川善 – 村上ショージ

十代田いつ子 ‐ しゅはまはるみ
鮫島正幸 ‐ 正門良規
津山秋安 ‐ 遠藤雄弥
藤永一徹 ‐ 久保山知洋
加山 – 田中章
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太

語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 亜鉛結晶釉>『スカーレット』第120話

    ​​​飛行機では靴も靴下も脱ぐこと― という信作の冗談に えっ 『ダイハード』? …と思ったのは私だけではないはず …ひじゅにですが何か? 「女は強いなあ」by信作 ↑ももももしかして 見え隠れしていた「女」の問題の 終結? 取り合えず 安易な復縁話でなくて良かった。 いやまあ、このドラマって 煽る様なタイトルや台詞で始まって 結局はハグラカシておしまい ​…という…

  2. 亜鉛結晶釉>『スカーレット』第120話

    ​​​飛行機では靴も靴下も脱ぐこと―という信作の冗談にえっ『ダイハード』?…と思ったのは私だけではないはず…ひじゅにですが何か?「女は強いなあ」by信作↑ももももしかして…

  3. 連続テレビ小説『スカーレット』第120回

    内容喜美子(戸田恵梨香)武志(伊藤健太郎)との夕食に八郎(松下洸平)は困惑。すると喜美子は、“普通に”と八郎のことを“ハチさん”と呼ぶだけで無く、ハグまでして、八郎は、よりいっそう意識してしまう。その困惑する八郎に、喜美子は、陶芸への想いを尋ねたところ、八郎は。。。。そんな2人のやりとりを見ていた武志が。。。。敬称略面白いかどうかは、ともかく。ここまで、“ベタ”な展開にするならば。もっと、無…

  4. スカーレット (第120回・2020/2/22) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第20週『もういちど家族に』の 『第120回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 久しぶりに親子三人で夕食を食べる直前、武志(伊藤健太郎)が気まずいと言い出す。それを聞いた喜美子(戸田恵梨香)は八郎(…