NHK朝ドラ【スカーレット】第133回(第23週 月曜日) 感想

昭和59年正月、喜美子(戸田恵梨香)の家に八郎(松下洸平)、武志(伊藤健太郎)を始め、百合子(福田麻由子)ら家族が集いにぎやかに過ごす。武志の病気は喜美子だけの秘密で本人には知らせてない。喜美子は明るく振る舞うものの時折、不安が押し寄せる。話題は武志が研究所を出た後の仕事に。陶芸家となる勉強を続けたいという武志。喜美子と八郎はそれぞれ助言する。武志はフカ先生から届いたハガキに描かれた絵に見入って…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第23週「揺るぎない強さ」 第133話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

お父ちゃんがやってるとこ見たことないし、見てみたい。

ないことないやろ。
覚えてへんだけちゃうか。


う~ん……覚えてるんは…ほや、お母ちゃんがここに座ってて、で、何や作っててん。それをな、ず~っとこうやって待っててん。

あれ、何やったっけ?

「なんやったっけ?」の直後にあの、靴下繕いの内職回想が入る。

雑にやったと叱られた時。

土をこねる母の傍に、ミツが椅子を持ってきてくれて。

ミツの顔は一切映らない。武志はたぶん、ミツの顔を覚えていないから。

でも、椅子を持ってきてくれた優しいお姉さんは居た。

そして、母の作業を見るのが大好きだった。仕事をしている時は土しか見ていない。そんな母が武志はきっと大好きだった。

でも、今、母の100ある夢の1つは、車の免許を取って武志わ送り迎えすることだと言う。

送り迎え。
どこに

病気については父には言わない。

心配かけるしな……。

今、一緒に正月を過ごしていても。
アパートに呼んでご飯を食べていても。

離れた時間は、父を頼ったり不安を漏らしたりする「何か」を失わせてしまった。

一緒に居ながらも、喜美子は八さんを頼らない。

武志も八さんに遠慮する。

それでも、八さんが喜美子に教え、喜美子が武志に教え、陶芸という絆はある。

八さんが再び始め、武志もかわはら工房で始めれば、血よりも強い絆は戻るのかも。

今は。
喜美子は誰にも言えず、一人真実を抱え込む。

今から思うと、あの時代は、なぜ本人に告知しなかったんだろうなぁ……。知りたいよね。先のことはきちんと。

知りたいから本を頼る武志。
ネットもない時代だものね。

本当は隠していないで繋がりを作らないと。
骨髄の繋がりを。

今なら、もっと早く調べることが出来て、もっと早く繋がれるのに。

もどかしい。





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125・126
127 128 129 130 131 132
133

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子(子役期:稲垣来泉→住田萌乃)
川原武志 – 伊藤健太郎

川原(十代田)八郎 – 松下洸平

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー
熊谷敏春 – 本田大輔
熊谷竜也 – 福崎那由他
熊谷和歌子 – 未知やすえ
熊谷秀男 – 阪田マサノブ
住田秀樹 – 田中美央

小池アンリ – 烏丸せつこ
大崎茂義 – 稲垣吾郎
慶乃川善 – 村上ショージ

十代田いつ子 ‐ しゅはまはるみ
鮫島正幸 ‐ 正門良規
津山秋安 ‐ 遠藤雄弥
藤永一徹 ‐ 久保山知洋
加山 – 田中章
深野心仙 – イッセー尾形
池ノ内富三郎 ‐ 夙川アトム
磯貝忠彦 ‐ 三谷昌登
松永三津 – 黒島結菜

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教
泉田あき子 – 佐津川愛美

草間宗一郎 – 佐藤隆太

語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江(第21週 : 三谷昌登)
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 揺るぎない強さ>『スカーレット』第133話

    昭和59年、正月―一瞬、またタイムワープか!?と思ってしまった>アホ武志の検査を聞きに行くのは年末になる…と言っていたし結果を話せないまま年が明けた…ともも言っていたから…

  2. 揺るぎない強さ>『スカーレット』第133話

    昭和59年、正月― 一瞬、またタイムワープか!?と思ってしまった>アホ 武志の検査を聞きに行くのは年末になる…と言っていたし 結果を話せないまま年が明けた…ともも言っていたから まだ一か月も経っていないということか タイムワープが激しいドラマだけど>朝ドラ“お約束” 今はゆっくりゆっくり描く時だね …ひじゅにですが何か? 「お母ちゃんはお母ちゃんいう生き物や」by喜美子 そ…

  3. スカーレット (第133回・2020/3/9) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第23週『揺るぎない強さ』の 『第133回』の感想。 ※ 本作は、2020/2/29 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 昭和59年正月、喜美子(戸田恵梨香…

  4. 連続テレビ小説『スカーレット』第133回

    「揺るぎない強さ」内容昭和五十九年正月。喜美子(戸田恵梨香)の川原家に、八郎(松下洸平)武志(伊藤健太郎)そして百合子(福田麻由子)とその家族がやって来ていた。子供たちの声が聞こえ、喜美子は、楽しい時間を過ごす。だがその笑顔とは裏腹に、喜美子は武志の病のことで苦悩していた。そんななか、武志が研究所を出たあとの仕事について尋ねる喜美子、八郎。迷っている武志に、八郎そして喜美子は。。。。敬称略演…