NHK朝ドラ【スカーレット】第23回(第4週 金曜日) 感想

昭和30年、荒木荘で働き始めて2年半、喜美子(戸田恵梨香)は18歳に。女中の仕事を一人で切り盛りする喜美子の悩みは住人の雄太郎(木本武宏)。すでに半年近くの家賃を滞納して下宿屋の運営に支障をきたし始めている。喜美子はしばらく姿を見せない雄太郎を捕まえようと待ち構える。さらに喜美子にはもう一つの悩みが。毎朝、目の前の道を通るコワモテ男だ。医学生の圭介(溝端淳平)に相談して見張っていると予想外の女性…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「スカーレット」第4週「一人前になるまでは」 第23話

NHK朝ドラ『スカーレット』感想

感想

カワイイ妹よりもカワイイ犬散歩女性……。

喜美ちゃん、ひとめぼれを知る。


3年は帰らん。

から一夜で2年半。

昭和30年。
喜美ちゃんは18.
髪もおさげからお団子2つへ。

大久保さんはすでに影も形もなく、それでも会話の中で、孫を連れて時々訪れることが知らされる。

ドラマ上の出番的には、昨日の笑顔がラストだったんだなぁ……と思うと、朝から何だか泣けちゃう。


23回はそれぞれの2年半後。

圭介さんは小児内科に進むか外科に進むか迷っています。

荒木商事は大手の下着会社に吸収され、さださんは独立し、下着デザイナーを育成する仕事を始めました。


試作品のブラジャーを家で洗濯しなければならなくなったが、経費で洗濯機を買ってもらえた。

良かったねぇ……
本当にね、この時代の家事は洗濯が一番大変だっただろうと思うから。

脱水を手で絞らなくてよくなるだけで、ずいぶん助かるよね。


雄太郎さんはあれきり映画の仕事はなく、半年溜めた家賃の未払いは喜美ちゃんのストッキング代で補填しているらしい……でも憎めない(笑)ドラマ的には追い出されたら寂し過ぎる。

ちや子さんは相変わらずお忙しい。
新聞も不景気で、新しい企画が必要な時期。


そんな中、喜美ちゃんは溜まったお金で進学を考え始めたらしい。
NHK朝ドラ『スカーレット』第23話 感想


そうだよねぇ……

昔は、大学とは学問をしたい人が行く所だったし(喜美ちゃんの場合は高校だけど)、だいぶ年取ってから自分のお金で行く人もたくさんいた。

そういう所であってほしいよね。本来。


「新章」というわけではないけれども、新しい登場人物も出て来て、紹介のような1話。でも、楽しい。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ スカーレット』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2019年9月30日 ~ ◆平均視聴率 : %◆主題歌 : Superfly「フレア」◆主演 : 戸田恵梨香◆出演 : 北村一輝,富田靖子,桜庭ななみ,林遣都…,福田麻由子,佐藤隆太,大島優子…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

キャスト

川原喜美子 – 戸田恵梨香(子役期:川島夕空)

川原常治 – 北村一輝
川原マツ – 富田靖子
川原直子 – 桜庭ななみ(子役期:やくわなつみ)
川原百合子 – 福田麻由子

熊谷照子 – 大島優子(子役期:横溝菜帆)
大野信作 – 林遣都(子役期:中村謙心)
大野陽子 – 財前直見
大野忠信 – マギー

庵堂ちや子 – 水野美紀
酒田圭介 – 溝端淳平
田中雄太郎 – 木本武宏
荒木さだ – 羽野晶紀
大久保のぶ子 – 三林京子
ジョージ富士川 – 西川貴教

草間宗一郎 – 佐藤隆太
十代田八郎 – 松下洸平
深野心仙 – イッセー尾形


語り… 中條誠子

スタッフ

脚本 – 水橋文美江
制作統括 – 内田ゆき
プロデューサー – 長谷知記
演出 – 中島由貴、佐藤譲、鈴木航
音楽 – 冬野ユミ

主題歌 – Superfly「フレア」





【スカーレット】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    巨炎さん

    >本作は喜美子だけではなく荒木荘の住人それぞれが選択を迫られそう

    レスが遅かったので、すでに圭介さんが選択を迫られて出て行っちゃって、すいません。

    最終的にみんな出て行ってしまったらイヤだなぁ。

  2. スカーレット (第23回・2019/10/25) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『スカーレット』(公式サイト) 第4週『一人前になるまでは』の 『第23回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和30年、荒木荘で働き始めて2年半、喜美子(戸田恵梨香)は18歳に。女中の仕事を一人で切り盛りする喜美子の悩みは住人の…

  3. チャウチャウちゃう?>『スカーレット』第2…

    ​​​​​​​​​​​​​​​「三年は帰らん」と、喜美子が決意してからタイムワープして今は二年半後三年後じゃないんかい!?…ひじゅにですが何か?​「お金あっての夢ですよ…

  4. チャウチャウちゃう?>『スカーレット』第23話

    ​​​​​​​​​​​​​​​「三年は帰らん」 と、喜美子が決意してからタイムワープして 今は二年半後 三年後じゃないんかい!? …ひじゅにですが何か? ​「お金あっての夢ですよ」​by喜美子 昭和33年― 喜美子はもうすぐ18歳。 街頭テレビや洗濯機が時代の雰囲気を感じさせる。 その二年半の間 喜美子は“荒木荘”の女中として、かなり成長した様子。 テキパキした仕事ぶ…

  5. 巨炎 より:

    子役も2週の途中までだったり一週間の区切りは、あまり意識していないようです。

    「カーネーション」との対照性を感じている所ですが
    糸子のパッチ屋修行は不景気による解雇で3年で終わった。
    本作は喜美子だけではなく荒木荘の住人それぞれが選択を迫られそう。

    >圭介さんは小児内科に進むか外科に進むか迷っています。
    空手家として草間流柔道と対決したりしないのでしょうか。
    鍛えてるんですがね(笑。

    http://polimar.jp/