NHK朝ドラ【なつぞら】第150回(第25週土曜日) 感想

千遥(清原果耶)にあるものを届けにきた剛男(藤木直人)は、父の手紙が咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)と千遥の三兄妹全員に届いたことを知り…。なつは、剛男に夏休みになったら優(増田光桜)と千遥と千夏(粟野咲莉)を連れて遊びに行くと話す。そんな時、剛男は、最近、泰樹(草刈正雄)が穏やかになったと話し…。そして十勝では、泰樹が富士子(松嶋菜々子)にある思いを話す…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」 第150話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

感想

お母さん。

そこは、「承知しました」で。
 

と言うか、わざわざ「家政婦」って言わせなくてもね(笑)

そこは「お手伝いさん」で。


剛男が何を千遥に持って来たのかというと、千遥が北海道に着て来たあのお嬢さんっぽい服だった。

ずいぶん年月経ったと思うんだけど……まぁ、保管状態が良くてシミなどが付いていなければ、いつか千夏ちゃんが着られるかも。

代りに、なつに あの牧場衣装を返す千遥である。


なつに返される戦友の手紙を見て、感慨深げな剛男。


やっと3人に届いたんだね。その手紙。

軍隊の検閲を通さないお父さんの本当の手紙だ。
君たちへの思いが込められてる。

奥原さんの思いは、こうしてしっかり3人に受け継がれていたんだね。



そうだね。
大して活躍できなかった剛男だけれど、十勝になつを連れてきたのも、日本にナレの人の魂を連れて帰って来たのも、剛男だった。

その時点で、もう、このドラマの基盤になる大活躍をしていたんだよね。


「柴田君よ。本当に君のおかげだよ。
ありがとう。」



夜遅くまで家で働き、家事をしている なつを見て、心配だと報告する剛男。

4月から小学校に上がる優となつのために、富士子さんに東京へ行ってやれ、と言う泰治おんじ。

富士子。
お前、行ってやれ。
なつを助けてやれ。


私が東京に行くのかい!?


二つ返事で引き受けない所、ちょっと好感持てちゃったよ(爆)

富士子さんだってやりたい事も夢もあるわけだし。

ホイホイ移動しているけれども、やはり北海道と東京は遠すぎるよ。

しかも情報が今のように知れ渡っていない時代、「東京に出る」のは今よりも気が引けることだったと思うんだよね……。

富士子ちゃん、ほんと、お疲れ様です。


こうして、家政婦は東京に派遣された。


ねえ、母さん。じいちゃんに怒られなかった?なつを甘やかすなって……。

じいちゃんが言ったのさ。なつを助けてやれって。

じいちゃんが……?

うん。



なつよ……驚くほどの事じゃないじゃん。

おんじがなつを甘やかすなとか言ってたのは初めの内だけで、ずっとなつに一番甘かったじゃん。

牛舎の中、小さな なつの幻を見るおんじ、泣ける……。
『なつぞら』第25週第150話感想 


おんじはずっと、なつが好きだった。

気持ち悪いことではなくて、それは孫や娘よりも恋に近い感覚だったのだろうと思う。

だから照男と一緒になってでも側に居て欲しかった。

子なつは、おんじの未練だよ。

美しいね。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

キャスト

奥原なつ(坂場なつ) – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

坂場一久 – 中川大志

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原(杉山)千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

奥原(前島)光子 – 比嘉愛未
坂場優 – 増田光桜

(大沢)麻子 – 貫地谷しほり
神地航也 – 染谷将太
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
石沢裕也 – 大野泰広
町田義一 – 鈴鹿央士
立山久子 – 伊藤修子
下山(三村) 茜 – 渡辺麻友

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
小畑(柴田) 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)
柴田(阿川)砂良 – 北乃きい

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
倉田(居村)良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮
豊富遊声 – 山寺宏一
藤井 – 高木渉
杉山 – 渡辺大
杉山千夏 – 粟野咲莉(二役)

仲 努 – 井浦新
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
猿渡竜男 – 新名基浩
露木重彦 – 木下ほうか
山根孝雄 – ドロンズ石本
荒井康助 – 橋本さとし
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

第100作記念朝ドラヒロインキャスト

松嶋菜々子(ひまわり) – なつの養母・富士子
小林綾子(おしん) – 山田天陽の母
岩崎ひろみ(ふたりっ子) – 花村和子・なつの担任
比嘉愛未(どんと晴れ) – マダム・咲太郎の妻
山口智子(純ちゃんの応援歌) – 風車の女将
貫地谷しほり(ちりとてちん) – マコちゃん先輩
原日出子(本日も晴天なり) – 千遥の養母
藤澤恵麻(天花) – 産婦人科の妊婦
田中裕子(おしん) – 産婦人科医
三倉茉奈(ふたりっ子) – 信さんの奥さん
安藤サクラ(まんぷく) – 「大草原の少女ソラ」のナレーター
戸田菜穂(ええにょぼ) – 奥原三兄妹の母
浅茅陽子(雲のじゅうたん) – 千遥の姑・杉山雅子

スタッフ

脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126
127 128 129 130 131 132
133 134 135 136 137 138
139 140 141 142 143 144
145 146 147 148 149 150

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    千早太夫さん
    >まるで砂良さんが富士子さんを「厄介払い」したがっているかのように見えて、笑いました。

    せめて、「お義母さんがいないとアイス計画が進まなくて困るけれども」くらいは言ってあげてほしい(笑)

    どうぞどうぞどうぞって感じでしたよね。そして富士子さんも行きたくなさそうだった~遠いもんね。

  2. 千早太夫 より:

    今回ばかりは、まるで砂良さんが富士子さんを「厄介払い」したがっているかのように見えて、笑いました。

    まぁ、どんなに良い関係でも、たまには姑にどこかに行ってて欲しいと思うのは人情でしょうね。

  3. 連続テレビ小説『なつぞら』第150回

    内容千遥(清原果耶)を訪ね“杉の子”にいたなつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)そこに、剛男(藤木直人)がやって来る。そして剛男は、ある物を千遥に手渡す。すると千遥は、なつから渡されていた亡き父からの手紙を。。。敬称略やっぱり、ここは、千遥、笑顔だね。客商売で。。。ということで、いろいろと気になっていたのだが。元々、義父が気に入ったという“くだり”があったので。そのときは、それほどでも無かったの…

  4. なつぞら (第150回・2019/9/21) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第25週『なつよ、千遥よ、咲太郎よ』の 『第150回』の感想。 ※ 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 千遥(清原果耶)にあるものを…

  5. 家政婦>『なつぞら』第150話

    ​​​​​​​​​​​​​​最初は深みのある賢人って趣きだった泰樹さんがなつの心の師匠って立ち位置だと思われた泰樹さんがいつしか、なつに骨抜きにされちょっとキモいじーさ…

  6. 家政婦>『なつぞら』第150話

    ​​​​​​​​​​​​​​最初は深みのある賢人って趣きだった泰樹さんが なつの心の師匠って立ち位置だと思われた泰樹さんが いつしか、なつに骨抜きにされ ちょっとキモいじーさんになり下がっちゃったのが… 悲しいし このドラマの敗因の一つと思ってきたけど これって、もしかして 老境に差し掛かった大森が>って、何歳か知らんけど 寂しさや弱さや未練や執着や清さや醜さや… その他諸々の思いを投…