NHK朝ドラ【なつぞら】第110回(第19週火曜日) 感想

十勝に戻ってきたなつ(広瀬すず)は、農協に勤める夕見子(福地桃子)がバター作りをしようとしていることを知る。翌日、なつと坂場(中川大志)は帯広の雪月を訪れ、すっかり菓子職人になった雪次郎(山田裕貴)や、雪之助(安田顕)達に結婚報告をし、大歓迎で迎えられる。そこへ、かつてなつがお世話になった高校演劇部員達も現れ、再会を懐かしむ。一方、農協では工場を新設しようとしていたが、ある問題が起こる…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第19週「なつよ、開拓者の郷へ」 第110話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

昨日、「北海道は好きだから内容はなくてもいい」と書いたけれども、撤回します。

「内容はなくてもいい」

ではなくて

「内容はない方がいい」!!!
(で、せいぜい3回で終わった方がいい)


北海道に来てまでヒロインに問題解決させなくても良くない

それは、もう夕見子に任せようよ。また「さすが、なつ」みたいになるの、もう嫌だ……。


「この十勝全体を全国一の酪農王国にしたい」

という十勝の夢に、なぜ国から横やりが入るのか。……という解説は、せっかくここで記者をやっているはずのノブさんにさせてほしかったし……(あ、あれっ……もしかしたら忘れてる??)


集約酪農地域に指定されてしまうと、工場新設の届け出をしても工場は建てられなくなってしまう。

急きょ招集される酪農家たち……になぜか加わる なつ夫妻(まだ夫妻じゃない)。


えっと……

この頃、アニメ業界ではクリエイターに対する労働条件が悪く、女性の扱いも劣悪だった。だからヒロインのモデルの人やその周りの人は積極的に労働争議に加わって運動していたんですよね。

……という話は一切描かず、何だか東京は労働条件パラダイスみたい……。

なつ、運動するならまず自分の会社を。


そして、倉田先生。

「神をつかんだ少年クリフ」を作ったのが坂場くんだと知って、

あれを作った君になら奥原を安心して任せられる。

と言っちゃうのか。

私が娘の親で、あれを作ったのがその相手だったら、「何だかこだわりが強そうで」「常に戦いに挑んでいて」「面倒くさそう……」「大丈夫か、娘」ってなる……。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮
豊富遊声 – 山寺宏一
藤井 – 高木渉

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
猿渡竜男 – 新名基浩
露木重彦 – 木下ほうか
山根孝雄 – ドロンズ石本
荒井康助 – 橋本さとし
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2019年8月6日

    連続テレビ小説『なつぞら』第110回

    内容なつ(広瀬すず)は、農協に勤める夕見子(福地桃子)が、バターづくりをしていると知る。その後、“雪月”を訪ねたなつと坂場(中川大志)雪次郎(山田裕貴)雪之助(安田顕)らに、結婚の報告をする。敬称略今回、“雪月”に行くと言うことは。ほんと、どんなルートで、柴田家に向かったんだよ!じゃなくても、なぜ、“雪月”に挨拶?という疑問があると言うのに。

  • ディレクターの目線blog
    2019年8月6日

    なつぞら (第110回・2019/8/6) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第19週『なつよ、開拓者の郷へ』の 『第110回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 十勝に戻ってきたなつ(広瀬すず)は、農協に勤める夕見子(福地桃子)がバター作りをしようとしていることを知る。翌日、なつ…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年8月6日

    エクレア>『なつぞら』第110話

    ​​​​​​​​今日は帯広で同窓会千遥エピの時は、途中で“雪月”に寄って雪之助さんさんの車で十勝まで送ってもらったのに今回は、まるっと無視して>代わりの交通手段もまるっ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年8月6日

    エクレア>『なつぞら』第110話

    ​​​​​​​今日は帯広で同窓会 千遥エピの時は、途中で“雪月”に寄って 雪之助さんさんの車で十勝まで送ってもらったのに 今回は、まるっと無視して>代わりの交通手段もまるっと無視して イキナリ柴田家に到着してたけど 今日こうして“雪月”で同窓会を開くためだった(笑) 泰樹さんがあれ以上老けないのも驚きだけど 倉田先生も変わってない 農協の田辺組合長だけ地味~に変化をつけているのが 却…