NHK朝ドラ【なつぞら】第34回(第6週木曜日) 感想

帯広で映画を見た帰り道、なつ(広瀬すず)と天陽(吉沢亮)は雪月に立ち寄る。店主の雪之助(安田顕)は、雪次郎(山田裕貴)とともに試作品を作ったと、バターを使った焼き菓子を振る舞う。

雪之助はなつに、十勝の食材を使ったこの焼き菓子を、いずれは地元の名産にしたいと語り、そこに使うバターについて、なつに相談したいと持ちかける。

雪之助たちから期待されるなつの姿に天陽は、なつの心の内にあるものを感じていた…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」 第34話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

美人の「だったら行くなよ」いただきましたっうん。行かない。
 『なつぞら』第34回感想 天陽くん


お兄さんも向こうにいるんだし、柴田家の人もダメとは言わないんでないか?

いやいやいやいや……。

兄ちゃんはまた行方不明になったので東京にいるとは限らないよ

そういう設定にするなら、兄ちゃんは東京で待ってることにしてほしかったよね。 

これじゃ、なつが東京に行ったらまた兄ちゃん探しから始めなきゃなんないじゃん。


雪月のみんなにも認められたファンタジアデートを終えた2人。

その昔、明治の頃に十勝を切り開いた依田勉三さんという人がいました。その人が晩成社という開拓団を率いていたのね。

とよばあちゃんの知り合い?

知り合いじゃないけど、同じ帯広にいたからね。あんたのじいちゃんは会ってたんでないかい。

その晩成社がバターを作ってたってじいちゃんから聞きました。

そう!
そのバターの缶がこんな感じだったのよ。


あれ、この缶ってマルセイのバタークッキーの色……?
 

雪月のみんなは十勝の歴史を日本中に伝えられて、北海道を日本中に認識される名物お菓子の制作を目指している。

そのために、柴田牧場のバターが欲しい。

なつにその夢が託された……。

しかし、ファンタジアを見てしまった今、昔だったら大喜びで請け負うその夢は、ちょっと重い。

天陽くんには、それが分っているのだった。


しかし、照男も悲劇だよなぁ。

元々、子どもの頃からじいちゃんに認められたかったのである。

こんな風に期待されたら応えなきゃって思っちゃう。


天陽くんは天陽くんで、ファンタジアじゃなくてずっと なつを見ていたらしいし。
『なつぞら』第34回感想 


突然のスキー対決は、ちょっと「〇れ」味があって、どうかと思う……。


もし……もしもよ。

照男にその気があって、なつはじいちゃんのためを思って、私たち家族のためを思って、それを断れないと思ったとしたら……

それは2人にとって残酷な話よね。



おんじよ。勝てばいいとか真田みたいなこと言ってる場合じゃないぞ。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2019年5月9日

    なつぞら (第34回・2019/5/9) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第6週『なつよ、雪原に愛を叫べ』の 『第34回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 帯広で映画を見た帰り道、なつ(広瀬すず)と天陽(吉沢亮)は雪月に立ち寄る。店主の雪之助(安田顕)は、雪次郎(山田裕貴)と…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年5月9日

    バター煎餅>『なつぞら』第34話

    ​​​​​​​​​​​​​​“雪月”で考えたバターを使ったお菓子それはミルクバケットの形に焼いたバター煎餅あれって、いわゆるサブレちうやつでせうか?群馬には鶴サブレがあ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年5月9日

    バター煎餅>『なつぞら』第34話

    ​​​​​​​​​​​​​​“雪月”で考えたバターを使ったお菓子 それは ミルクバケットの形に焼いたバター煎餅 あれって、いわゆる サブレちうやつでせうか? 群馬には鶴サブレがあるぞ (鶴舞う形の群馬県の形) …ひじゅにですが何か? ​「行きたいなんて言ってない」​byなつ ↑本当は「行きたい」気持ちが膨らんできているからこそ こんな反応をしてしまう …ってことなのだろう…