NHK朝ドラ【なつぞら】第141回(第24週水曜日) 感想

十勝から東京に戻ったなつ(広瀬すず)は、咲太郎(岡田将生)の事務所を訪ねる。なつは十勝の雪月でとよ(高畑淳子)から開拓時代の話を聞いていると、そこに突然、亜矢美(山口智子)がやってきた話をする。驚く咲太郎と光子(比嘉愛未)になつは、亜矢美が日本中を旅していたという話をする。すると、咲太郎と光子は…。そしてマコプロでは十勝を舞台としたテレビ漫画の製作が進んでいく。…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第24週「なつよ、この十勝をアニメに」 第141話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

以前からたびたびたびたび書いておりますが、私はこのドラマのお仕事描写は割と好きなのである。(少ない気はするけどね~~)

で、誰かと再会したりするたびに、卒業式の祝辞答辞かよってくらて一人ずつ喋ったりされるのが割と苦手である。(朝ドラあるあるだけどね~~)


そして、女将の演技が元々苦手だったので、結構苦痛な再会だった……。うん、そう、良かったね、元気で。私は とよばあちゃんの開拓の歴史をもっと聞きたかったけど。

大雨災害中の中、タイムリー洪水の話もあった……。

千葉の方々、引き続きお気をつけて。
『なつぞら』第24週第141話感想


しかし、亜矢美さんが再登場して、佐知子さんまで咲太郎の事務所に居るなんて。

あのねぇ……みんなが咲ちゃんを男として愛していたみたいな雰囲気の設定、ホント、無かった方が良かったよね……。今日、咲ちゃんの元カノハーレムみたいに見えちゃったぞ。


さて……今日もお仕事パートは好き。

ソラのキャラクターが上手く描けなくて悩むなつに、優ちゃんのスケッチを見せる下山さん。

結局、あなたの心が絵にも出るのよ。
あなたがワクワクしなくちゃダメなんじゃない?


そういうことか…。
忘れてました。
こういう気持ちをテレビ漫画にも描いていいんですよね。



自分の気持ちを押しだした制作を自由にする。

それが芸術として受け入れられる個性を愛する時代がやってくるのよねぇ。

アニメという芸術の開拓期。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮
豊富遊声 – 山寺宏一
藤井 – 高木渉

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
猿渡竜男 – 新名基浩
露木重彦 – 木下ほうか
山根孝雄 – ドロンズ石本
荒井康助 – 橋本さとし
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126
127 128 129 130 131 132
133 134 135 136 137 138
139 140 141

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『なつぞら』第141回

    内容十勝から東京へ帰ってきたなつ(広瀬すず)は、咲太郎(岡田将生)の事務所を訪ね、亜矢美(山口智子)に会ったことを伝える。とよ(高畑淳子)のもとを取材に訪れていたとき。。。。と話を始める。その後、マコプロでは、制作が始まるのだが。なつが描いたキャラクターに、坂場(中川大志)たちからダメ出し。すると下山(川島明)が。。。。敬称略分かっていたことだけど。ど=======でも、、いいわ。そう。やは…

  2. なつぞら (第141回・2019/9/11) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第24週『なつよ、この十勝をアニメに』の 『第141回』の感想。 ※ 本作は、2019/8/20 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 十勝から東京に戻ったなつ(…

  3. ワクワク>『なつぞら』第141話

    ​​​​​​​​​​​​​​​亜矢美さん再登場失踪したままじゃ、あまりにも可哀想!…と、大森が同情したのか“ムーランルージュ”再興の夢を半端で終わらせてはいけない!…と…

  4. ワクワク>『なつぞら』第141話

    ​​​​​​​​​​​​​​​亜矢美さん再登場 失踪したままじゃ、あまりにも可哀想! …と、大森が同情したのか “ムーランルージュ”再興の夢を半端で終わらせてはいけない! …と、大森が発奮したのか 咲太郎に恋愛感情を抱いている、という煙カスミの解説を キモい!と感じた視聴者のために 亜矢美さんがチクリ魔カスミを制裁させてスカッとさせよう! …と、大森が目論んだのか>ぇ それとも単にフ…