NHK朝ドラ【なつぞら】第46回(第8週木曜日) 感想

なつ(広瀬すず)の兄、咲太郎(岡田将生)は亜矢美(山口智子)から、なつが東京に来たことを知らされる。北海道でひどい目にあい、東京に逃げてきたと勘違いした咲太郎は、考える間もなく、なつが働く川村屋に怒鳴り込む。店に姿を現した光子(比嘉愛未)に、なつを連れて帰ると言い放つ咲太郎。なつの手を取り川村屋を飛び出した咲太郎は、なつに会わせたい人がいると言い、突き進んでいく。行き着いた先は……
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第8週「なつよ、東京には気をつけろ」 第46話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

なんだかもう~~イライラしちゃったよ。

どうして、

ちょっと待ってよ、お兄ちゃん。ちょっと待ってよ、お兄ちゃん。ちょっと待ってよ、お兄ちゃん。ちょっと待ってよ、お兄ちゃん。……

の繰り返しなんだよ。

何なの? マダムにあんなこと言って…。

さっきから勘違いしてるみたいだけど、何もお兄ちゃんのためじゃないから!


それは川村屋の中で、マダムたちの前で言って欲しかったわ。失礼すぎるし、

もう戻って来なくていいですよ。

と言われて当然。


返済金です。
また1万円だけですけど。
これからは必ず毎月返しに来ますよ。
そのかわり、妹は解放してもらいます。


妹がここにいると知って慌てて返しに来たわけ?
相変わらずね。



ここだけで、もう咲太郎という人間が東京でどれだけいい加減だったか分る。

あれから1円も返しに来てないんだ。

連れてって今度はあなたが妹を不幸にするの?
あなたは今のなつさんの何を知ってるの?
何をしてあげられるというの?

あなたは今、何をしてるのですか?



このマダムに、なつの方が食ってかかって行くのもイライラするし。


なつよ。咲太郎の何も知らないのはお前の方だ、なつよ。


咲太郎が自分の所に居たことを昨日言わなかった亜矢美さんの気持ちは分らなくもないが……
『なつぞら』第46回感想


なんだか、しゃーしゃーとしすぎていて同情できないし。


物事の本質を語らず、誤解誤解で話がすれ違って笑える手法は落語やコントでもあるけれども、この場合は笑えない。イライラするだけ。


なつよ。
「誤解」の内容をさっさと咲太郎に話せよ。


お兄ちゃんは私と千遥を捨てたんでしょ。
それで楽しかったんでしょ? 
ずっと……。

死ぬほど心配してたのに。
私と千遥のことはとっくに忘れて、もう関係なかったんでしょ!



それな、それが大人になってからの正しい咲太郎評価。


まぁ……
子どもの時に父母を戦争で失って、心がちょっと欠けた人になってしまったのだと思うと、それはそれで哀れではあるけれど。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2019年5月23日

    連続テレビ小説『なつぞら』第46回

    内容“風車”の亜矢美(山口智子)から、なつ(広瀬すず)が東京に来ていると聞かされた咲太郎(岡田将生)は怒りに打ち震える。北海道の牧場で苦労してと聞いたからだった。咲太郎は、慌てて、“川村屋”へと向かう。敬称略それにしても、くだらない寸劇のようなドラマで、寸劇をやるって言うのは、どうなのかな??《おしん》の後だから、ほんとにチープに感じるよ。

  • ディレクターの目線blog
    2019年5月23日

    なつぞら (第46回・2019/5/23) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第8週『なつよ、東京には気をつけろ』の 『第46回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 なつ(広瀬すず)の兄、咲太郎(岡田将生)は亜矢美(山口智子)から、なつが東京に来たことを知らされる。北海道でひどい目…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年5月23日

    似た者兄妹>『なつぞら』第46話

    ​​​​​​​​​​​​​​勘違いから起こる騒動を描くコメディはよくあるけど笑えたとしてもやはりイライラしてしまう私なので笑えないとなると………つーか、これってコメディ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年5月23日

    似た者兄妹>『なつぞら』第46話

    ​​​​​​​​​​​​​​勘違いから起こる騒動を描く コメディはよくあるけど 笑えたとしてもやはり イライラしてしまう私なので 笑えないとなると……… つーか、これって コメディなのか? シリアス物だったら、もっと酷いけど …ひじゅにですが何か? ​「戻ってこなくていいですよ」​by野上 ↑そのくらい言ってやれ! と思っていたので 言ってくれて、ちょっと嬉しい。 …