NHK朝ドラ【なつぞら】第139回(第24週月曜日) 感想

なつ(広瀬すず)が東洋動画を辞める日。なつは、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、堀内(田村健太郎)達と挨拶を交わし、これまで仲間とともに試行錯誤してきた日々を思い出す。アニメーターに拍手で見送られる中、なつは18年間勤めてきた東洋動画を去るのだった。そして、いよいよマコプロに入社したなつ。麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)や神地(染谷将太)達と、満を持して新しい企画に挑戦するのだった…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第24週「なつよ、この十勝をアニメに」 第139話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

「昭和49年3月。なつが18年勤めた東洋動画スタジオを去る日がやって来ました。」


出かけていて遅くなったので簡単に書かせていただくと、本日は前半は東洋動画のお別れで「なつがいかに惜しまれているか」、後半はマコプロで「なつがどんなに歓迎されているか」←書き方……。

えっ、でも、本当にそういう回だったから(笑)


なっちゃんと最後まで仕事できてほんま楽しかった。

きつかったの間違いじゃないですか?

あほ!
それが楽しいゆうことやないかい。



私、このドラマのお仕事描写は割と楽しんで見ているけれども(描く量的には少ないけどぉ)「キツい」ように見えた事はないかな(笑)

そうか、「なつと一緒の仕事はキツい」つもりの設定だったのか……それは、あれかな。手柄を全部持って行かr……()


佐藤部長とも井戸原さんとも仲さんにも笑顔で見送られ、花束も貰って円満退社。


はあ……幸せな日だった。

君はちゃんと作品を成功させて終わったからな。

いや、そういうことじゃないと思う。

私にとって、どれだけあの会社に居られたことが幸せだったかってことをみんなが感じてくれたんだと思う。

みんな自分のことのように君を送り出してくれたってわけか。

うん……そうかもしれない。



ごめんなさい、「自分のことのように君を送り出す」という感覚はよく分からないけれども(「自分の子どものように送り出す」「自分の生徒のように送り出す」……こんな感じなら理解する……)、そんなに円満に退社した経験が無いので、ここは素直に羨ましいわ。


そして、転職先には、なつ〇げレンジャーたちが揃っていて、ポストまで用意されている……。

テレビ局にもスポンサーにもそう説明してある。
やるならスポンサーは一社提供で、その会社名の冠がついた「ミルコスまんが広場」しかないと思ってた。

日曜日の夜、ゴールデンタイムです。



「ミルコス」って、一文字も合ってないのになぜかバッチリ「カルピス」っぽくて笑える(笑)(って書いて読み直したら2文字も合ってるよね(爆))

そしてこれは、マコプロ独自制作作品の一作目になるのだそうだ。


個人的には、マコプロがここまで信頼される経緯も知りたかったな。

描写としては出来たての会社って感覚だよね。不思議だわ。

『なつぞら』第24週第139話感想


美術監督として陽平さんまで来ちゃったのには、さすがにビックリだ。

東洋よ、こんなに抜かれて大丈夫


そして、

それじゃ北海道にロケハンに行きましょう。

は、史実をなぞった話らしいけれども、

あ……十勝なら交通費だけでなんとかなるかもしれません。

は、どうかと思うわ。

なつよ、会社の仕事なら、実家でもきちんとお支払いすると良いぞ。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮
豊富遊声 – 山寺宏一
藤井 – 高木渉

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
猿渡竜男 – 新名基浩
露木重彦 – 木下ほうか
山根孝雄 – ドロンズ石本
荒井康助 – 橋本さとし
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126
127 128 129 130 131 132
133 134 135 136 137 138
139

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

1件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2019年9月10日

    連続テレビ小説『なつぞら』第139回

    「なつよ、この十勝をアニメに」内容昭和49年。なつ(広瀬すず)は、東洋動画を辞めた。その後、マコプロで、坂場(中川大志)麻子(貫地谷しほり)たちと企画の検討を始め。。。。敬称略演出は、村山峻平さん。。。。なぜか、ここにきて“P”が演出。いったい、現場で、何があったんだ?表に出せないコトが起きました?最近、予想しているように。。。。は。。。ぶ。。。。?