NHK朝ドラ【なつぞら】第120回(第20週土曜日) 感想

natsuzora-120
なつ(広瀬すず)の妊娠がわかる。夫の坂場(中川大志)と喜んだのもつかの間、これからの生活のことや、産後も仕事を続けていけるのか不安になるなつ。生活は自分が支えていくと言う坂場に背中を押され、なつは働き続けたいというアニメーターとしての仕事への想いを再確認する。下山(川島明)と神地(染谷将太)に妊娠のことを知らせるなつ。たとえ契約社員になっても働くつもりだと伝えると、二人は…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第20週「なつよ、笑って母になれ」 第120話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

子どもを育てながらアニメーターを続ければ、そういう戦いにもなるんだ。

君がその道を作るんだよ。


と夫に言われたヒロインが何をしたかというと……


激高しやすい神っちにまず打ち明け。→

私は「たとえ契約になっても」仕事を続けるつもりだから……(強調)→

仲さんと井戸原さんまで巻き込んで……→


団体で社長室へ。


ちょっ……おい、何なんだ?君たちは一体。
『なつぞら』第20週第120話感想


ちょっと「五・一五」思い出しちゃったわ(まぁ、話に来たんだけどね)


その産休後に契約に切り替えろなどと言わないでもらいたいんです!

うちの妻の時のように。
どうかお願いします!



神っちも下山さんも、茜ちゃんがこうなった時には、部外者の坂場くんにグチグチ言いに来ただけで、これやってあげなかったよね……(ヒロインもな)。


仲さん、井戸原さん、あなたたちまでいつから組合員になったんですか?

我々アニメーターは、結束の固さを信条に仕事をしております。

これは組合を超えた我々一人一人、個人的な支援とお考え頂いて結構です。



これは、どうなのだ……。

主人公のモデルの人・奥山玲子さんは子どもを産んでも正社員でいられる会社を目指して組合活動をした。

今まで描かれてこなかった労働争議をこのドラマでは意図的に描いてこなかったのだ。ということが、この回でハッキリしてしまったね。

一体、何の忖度でこうなったのだろう。

「組合を超えて」個人的に協力するのでは、ヒロイン特権になってしまうじゃないの。

こんなことにならないための労働組合でしょ。

モデルの人たちが一生懸命取り組んできた労働組合に対する冒涜じゃないか、これじゃ……。


私は楽がしたいわけじゃありません。
お金が欲しいわけでもありません。
仕事でもっともっと成長していきたいんです。

いい作品を作りたいんです!



貴女はそうかも知れないけれども、お金だけ欲しい人だっているよね。

話し合いも無くて総意じゃないからこんな話になってしまった。

極端に言えば、この先、子どもが出来たら休みたい人が休みづらくなる環境を作った可能性もあるわけで。

労働者にとってあまり良い描き方じゃないですよね。これ。


結局、ヒロインは「出産しても正社員」の座と、「新作の作画監督」の座とどちらも手に入れたのであった。

子どもを産む前からそんなこと引き受けてしまって、生まれた子どもが健康じゃなかったりしたら、本当に後悔する事になってしまうよ。


私じゃなくてみんなが……。
みんなが私の背中を押してくれて…。


計画通り


とりあえず、出産報告した時に、みんなが喜んでくれたこと。これだけは良かったわ……。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮
豊富遊声 – 山寺宏一
藤井 – 高木渉

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
猿渡竜男 – 新名基浩
露木重彦 – 木下ほうか
山根孝雄 – ドロンズ石本
荒井康助 – 橋本さとし
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    千早太夫さん
    >何だか総集編を見せられているようです。時々、ひとつひとつのエピの扱いが雑だなと感じてしまう。

    ここ省略すんのかーーという所と、ここダラダラまだやるのという所のバランスが悪い感じがしますよね。まぁ、朝ドラあるあるっちゃーそうなんだけれど^^;

    >なつが妊娠を知って喜ばない描写に共感している方が多くて驚きました

    私も偶然リツイートで流れてきたツイを見ましたよ。「女は出産してもすぐに仕事できる」「男が子育てすれば女は働ける」「子どもを預ける所があれば働ける」という考えの女性のものでしたね。

    そこに愛はあるのかい、と思う派なので何とも言えません。え、0歳児を生まれる前からもう預けたいと思ってるの?と思う派なので何とも言えません(笑)

    昭和頭って言われちゃうんですよね、Twitterでこういうこと言うと(笑)

  2. 千早太夫 より:

    前に「まれ」だったか「とと姉」だったか、何かの朝ドラのときにも書いた覚えがあるのですが、何だか総集編を見せられているようです。
    時々、ひとつひとつのエピの扱いが雑だなと感じてしまう。

    あと、Twitterの呟きで興味深いものがありました。大要次の通りです。
    「鈴愛もキライだったけど、永野芽郁ちゃんは好き。彼女はちゃんと演技をしていた。」
    「でも、なつとすずちゃんは同じ人に見える。演技をしているように見えない。」

    結局、すずちゃんの表情の乏しい演技が、たとえそれが演出上の要請だったとしても、見る方の感情移入を妨げている気がします。
    広瀬すずという毀誉褒貶の激しい女優さんを、「演技してない」ように演出するのが誤りのように思います。

    Twitterといえば、なつが妊娠を知って喜ばない描写に共感している方が多くて驚きました。
    現代女性の妊娠・出産・子育てに関する複雑な思いは、男性には窺い知れないものがありますね。

    ただ、予告では、坂場さんは麻子さんの誘いで就職しそうだし、そうなったら、子育てをどうするか?が大問題となります。
    その際には、絶大な「ヒロイン力」で周囲の助けを得られる展開になると予想され、それはそれで現実に苦労している方々に叩かれそうではあります。

  3. なつぞら (第120回・2019/8/17) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第20週『なつよ、笑って母になれ』の 『第120回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 なつ(広瀬すず)の妊娠がわかる。夫の坂場(中川大志)と喜んだのもつかの間、これからの生活のことや、産後も仕事を続けて…

  4. 連続テレビ小説『なつぞら』第120回

    内容妊娠が分かったなつ(広瀬すず)そのことを坂場(中川大志)に打ち明けるとともに、仕事についても話をする。すると坂場は。。。。敬称略で。主人公は、何のために、仕事がしたいの? 坂場が定職に就いていないから?それとも アニメーターの仕事に“興味”があるから?どっち?

  5. おめでとう>『なつぞら』第120話

    ​​​​​​​​​どうせアッサリ終るだろうと思っていたら思っていた以上にアッサリどうせ軽くて薄い展開だろうと思っていたら思っていた以上に軽くて薄い大丈夫か、大森?​大丈…

  6. おめでとう>『なつぞら』第120話

    ​​​​​​​​​どうせアッサリ終るだろうと思っていたら 思っていた以上にアッサリ どうせ軽くて薄い展開だろうと思っていたら 思っていた以上に軽くて薄い 大丈夫か、大森? ​大丈夫か、朝ドラ!?​ …ひじゅにですが何か? ​「おめでとう」​by一同 ↑なつが妊娠のことを周囲に言い広めるごとに 口々に発せられるお祝いの言葉。 いやあ、当たり前ではあるんだけどさ つーか、聞か…