NHK朝ドラ【なつぞら】第56回(第10週火曜日) 感想

東洋動画の仕上課に勤務するなつ(広瀬すず)は、仲(井浦新)に誘われ、作画課の部屋を訪ねる。そこでなつは、仲と井戸原(小手伸也)のふたりが、東洋動画を支えるアニメーターだと下山(川島明)から教えられた。そのとき、奥の方で男女の口論が聞こえてくる。原画のキャラクターを捉えきれていないと指摘する麻子(貫地谷しほり)に対し、納得できない様子の堀内(田村健太郎)。そんなふたりの様子になつは驚き…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第10週「なつよ、絵に命を与えよ」 第56話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

ちょっと派手じゃないですか?

初日はね、ちょっと遠慮しちゃったんだけど、今日から「これが私よ」ビラビラビラッっ、ていかないと。

かえって印象悪くないですか?新人なのに。

うん? 
だって白粉塗ったくってるわけじゃないんだから。ツルツルスベスベサラサラ~…はい、胸張って!



うん。これだよね。これが害だよね……まぁ、善意なんだけど。

昨日の服は色が派手なだけだったけれども、今日のは完全に夜出勤する人みたいな感じだよね……。

そして、セリフは「白粉塗ったくってるわけじゃない」だけれども、結構メイク濃いから余計に派手さが映えるよね。

メイクさんはもう少し、すずちゃんの素の可愛さを生かしてくれてもいいと思う。

何なの?あなた。
何しに来てんの?ここに。
結婚相手でも探しに来てんの?

そんな、おしゃればっかり気ぃ遣って。
それしか考えてないんでしょ?

会社の男はみんな自分のものみたいな顔しちゃって。
将来の旦那に会いたいって気持ちがにじみ出てんのよ。その顔から!

男探しに来てるだけなら、目障りだから私の前うろちょろしないでちょうだい。



まぁ、言われるよね。

個人的には麻子さんはズバッと言ってくれるだけイイ人だと思うわ。

こういうことは、陰で集団でコソコソコソコソ言われて、いつの間にかハブられるのが世の常だから。

直接言ってもらえれば気づくじゃないですか。

なつの場合はおしゃれだから着ているのではなくて、分らないので着ているのだから、言ってもらえばそれはそれで「仕事の服」として勉強することもあるかも(もっとも、気づいたとしても今の所は買うお金がないけれど)


ただ、麻子さんさんの

「会社の男はみんな自分のものみたいな顔しちゃって」


は、気になるところで。

こういうことを言う人は、自分の位置を脅かされることを嫌う人が多いから。

もちろん、仕事の姿勢は真面目でアニメが大好きで、そこに異分子が入ってくることに抵抗を感じているのだろうけれども、やり取りを見る限りちょっと女王様っぽくはあるよね……。


まあ……きっと仲良くなるキャラなので、そんなに心配はしていない(笑)

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. くう より:

    巨炎さん

    >すみません。富子さんと混同していました

    大丈夫です、分りました(笑)

    >あの作品で、この人のポジにいたのってB子のお母さんでした(笑

    確かに、そうでした。でも、富子さんにはああいう温かさは無さそう~。

    >麻子と富子の絡みとか、あったらやはり嬉しいのですが

    ちょっとだけでしたね。作画と彩色の壁が……

  2. 巨炎 より:

    すみません。富子さんと混同していました。
    すると、B子はやっぱり「なりとうない」派か。

    麻子と富子の絡みとか、あったらやはり嬉しいのですが、
    北海道編でも、おんじがなつの上京に関して小畑家に頼み込んだり
    万事、なつ中心にしかキャラが動かされていないので
    あまり期待はできないか…。

  3. 巨炎 より:

    >麻子
    仕事が始まった事で「ひよっこ」を思い出していましたが
    あの作品で、この人のポジにいたのってB子のお母さんでした(笑。
    「お母ちゃん、みたいになりたぁないんや!」
    「お母ちゃんみたいになりたい」
    両方、当たっている?

  4. 連続テレビ小説『なつぞら』第56回

    内容仲(井浦新)のいる作画室を訪ねるなつ(広瀬すず)下山(川島明)から、仲と井戸原(小出伸也)の2人だけが、アニメーターだと説明される。そんななか、大沢麻子(貫地谷しほり)の声が。。。。敬称略ほんと、いいかげん、こんなびょうしゃ、やめたほうがいいです。。。。本心から思うよ。こんな主人公を見せないで欲しい。。。と。

  5. 麻子とパンダと喬太郎>『なつぞら』第56話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​おお、​柳家喬太郎師匠​ご出演!岡田将生さん主演で師匠も出演&落語監修を担当した『昭和元禄 落語心中』に掛けてのものか「落語なんかやんね…

  6. 麻子とパンダと喬太郎>『なつぞら』第56話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​おお、​柳家喬太郎師匠​ご出演! 岡田将生さん主演で師匠も出演&落語監修を担当した 『昭和元禄 落語心中』に掛けてのものか 「落語なんかやんねえかなと思ってんだよ」 なんて台詞もあったし(笑) それに落語繋がりということで 『ちりとてちん』ヒロイン@貫地谷しほりさんにも絡めての 遊び心? …ひじゅにですが何か? ​「皆、遊びに来てる様なところが…