NHK朝ドラ【なつぞら】第16回(第3週木曜日) 感想

泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の意見がぶつかり、思い悩むなつ(広瀬すず)。それぞれの考えを聞いてみるも、ますます分からなくなってしまう。

同級生の雪次郎(山田裕貴)に悩みを打ち明けると、自分が所属する演劇部の顧問・倉田先生(柄本佑)に相談してみてはとアドバイスを受ける。早速、雪次郎に連れられ倉田先生に会いに行くなつ。

しかし、抽象的な倉田先生の発言に、さらに混乱してしまう…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第3週「なつよ、これが青春だ」 第16話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

クセがすごい!ノブ先生キターー……。

岡山弁が可愛い千鳥のノブ。
北海道も案外ハマってる気はするけれども、北海道弁がよく分らないので正しいのかどうかはドラマ照準で。(たぶん現地の方から見たら現在のキャストも違うのだろうし……)
 『なつぞら』第16回 ノブ先生

しかし、特に面白い役柄というわけではなくて、口うるさい先生なのかな。

自分が居眠りしていて なつが起こしてくれたのを大声の寝言で先生から怒られる よっちゃん。

それを逆恨みして、落書きする なつをわざと大声で注意する よっちゃん。

やだ。どうしよう。
あまり好きなキャラじゃない。
唯一の女友達をこんな風に描く必要はあるのかな……。

それは置いておいて。


とにかく、農協が気に入らないのか、剛男が気に入らないのか、過去に何かあったのか、酪農全体を憂いて拒否しているのか……

よく分らない おんじである。

雪次郎に倉田先生に相談しろと言われて……当然、部外者からは答えが出ない。


お前が自分で答えを見つけなきゃ、おじいさんにもお父さんにも何も物が言えないんじゃないのか?

自分の問題として考えてみれ。



それは、なっちゃんが柴田牧場のあるじだったらどうするのかってことじゃないのか?


何となく分る。

会社や上司に文句がある時、漠然と自分が社長だったらどうすればいいのか考える事あるよね。

もちろん、個人的な好き嫌いや、ただ残業やめようこれは止めようという話ではなくて、どうすれば効率よく回るのか、どういう人材を雇えば上手く行くのか……という話。


そして、倉田先生は なつに「演劇をやれ」と言うのだった。


現在、酪農家候補で、将来はアニメーターになる事が分っている主人公。

どうして演劇??

ではなく、人や物事を観察してストーリーを作る。その課程を学ぶわけだね。なるほど。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2019年4月24日 3:45 AM

    巨炎さん
    >おんじとは元々、そういうキャラなんじゃないかと…。

    よく覚えていないのですが人格者だったように記憶していました(笑)そうですか…子どもじみたことも言ってましたか。

    >やはり今週に入って同性が引き立て役、イケメンはべらし感がちょっと鼻につく

    よっちゃんの扱いは、ちょっとよろしくないですよねーー。この先もこういう点は不安です。

  • 巨炎
    2019年4月18日 12:39 PM

    >よく分らない おんじ
    おんじとは元々、そういうキャラなんじゃないかと…。
    完成された高い視点の持ち主のように見えたかと思えば
    子供じみた我儘を言ったりと10年ほど前に見た再放送「ハイジ」で記憶している。

    やはり今週に入って同性が引き立て役、イケメンはべらし感がちょっと鼻につく。
    昨日は夕見子の意見なども見られましたが
    父と祖父の対立に関する家族一人一人の反応や考えも、もう少し描いてほしい所。

    まあ世俗を捨てていない西行では真田パパの相手は荷が重い。

4件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2019年4月18日

    なつぞら (第16回・2019/4/18) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第3週『なつよ、夢の扉を開け』の 『第16回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の意見がぶつかり、思い悩むなつ(広瀬すず)。それぞ…

  • レベル999のFC部屋
    2019年4月18日

    連続テレビ小説『なつぞら』第16回

    内容なつ(広瀬すず)が、雪次郎(山田裕貴)に泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)のことを打ち明けると、演劇部の顧問・倉田(柄本佑)に相談してみては。。。と言われる。しかし、相談してみると、抽象的な言葉で、よりいっそう、どうして良いか分からなくなる。そのことを天陽(吉沢亮)に話をしたところ。。。。敬称略かなり強引だね。そもそも、今作が行った描写からすると、主人公は、倉田先生と親しいわけでも、なさ…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年4月18日

    発情と演劇>『なつぞら』第16話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​アバンで雪次郎君に引っ張られていく、なつがお菓子(パン?)を頬張るところが良かったほら、ドラマでは食べ物って、ないがしろにされがち…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年4月18日

    発情と演劇>『なつぞら』第16話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​アバンで雪次郎君に引っ張られていく、なつが お菓子(パン?)を頬張るところが良かった ほら、ドラマでは食べ物って、ないがしろにされがちじゃん? 持っているだけで終わってしまいがちになるところ 引っ張られて退場する間際にパクっと口をつけたところ ひじゅには評価するぞ! ↑今日も好意的視聴をする努力中(笑) …ひじゅにですが何か…