NHK朝ドラ【なつぞら】第73回(第13週月曜日) 感想

光子(比嘉愛未)から、雪次郎(山田裕貴)が川村屋を辞めると聞いたなつ(広瀬すず)は、雪次郎をアパートから風車へとつれてくる。芝居の道に進む決意を固めた雪次郎を必死に説得するなつ。しかし、本人の意思が固いうえ、咲太郎(岡田将生)も本人の意思を尊重すべきとなつに伝える。なつが職場でため息をついていると、茜(渡辺麻友)がやってきて、坂場(中川大志)のことで悩んでいるのかと興味深そうに尋ねてきて…。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」 第73話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

農業高校演劇部の話がここまで尾を引くとは思わなかったよ……。

川村屋での修行を辞めるということは、すなわち雪月を辞めるということである。雪次郎。

いいの?
本当に家族を裏切って。

雪次郎君が言ったとおり、雪次郎君と私じゃ違うしょ。

雪次郎君が川村屋辞めたら、帯広の家族がどんなに悲しむか。

たった一人の跡取りでないの!

(みんな大好き「マルセイバターサンド」が開発されなくなったらどうしてくれるのよ!!)

そったらこと分かってるから決心したんでねえか!



いやいや……分かってないよね。

分ってないけど、若いから可能性は試したいよね。

まぁ……令和的には「子どもの人生は子どもの物でしょ」って共感を得たいよね。

でも、これは昭和だよね。長男の人生はひとまず家のもんって時代だよね……。


北海道から一緒にここに来て、自分の兄なんぞと出会わせてしまって、責任も感じるなつは一生懸命引き留める。
『なつぞら』第73回感想


雪次郎がどう生きるかは、家族でもなく雪次郎が決めることだろ。

と平気で言う咲太郎には、元々もう「家族」という意識が希薄。

なつを守ってやりたいなどと言う割には、「千遥はきっと幸せに違いない」なんて思っていたのもその証し。

まぁ、孤児になってしまっていたので仕方ない。

もしも、父が自分の料亭を持っていて、後継ぎが必要だったら……などと、親の身になって考える必要がないのである。


でもね、私はなつは、もっと雪次郎の身内になって物を言ってもいいと思ったの。


幼い日、おんじに帯広に連れて行ってもらって、夕見子すら連れて来てもらっていない雪月で美味しい物を食べさせてもらって嬉しかったでしょ。

おんじの孫のように隔てなく付き合ってもらったでしょ。

子役時代のそういう思い出を、このドラマはなぜ大切に使わないのか……。

時々、ちょっと残念になる。

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2019年6月24日

    なつぞら (第73回・2019/6/24) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第13週『なつよ、“雪月”が大ピンチ』の 『第73回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 光子(比嘉愛未)から、雪次郎(山田裕貴)が川村屋を辞めると聞いたなつ(広瀬すず)は、雪次郎をアパートから風車へとつ…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年6月24日

    なつよ、“雪月”が大ピンチ>『なつぞら』…

    ​​​​​​​​​​​​珍しくパンツ姿だと思ったら階段シーンのため(笑)どうも、こーいうとこアザトイと感じてしまうイチャモン?違いますだって、このドラマのテーマが“ア​…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年6月24日

    なつよ、“雪月”が大ピンチ>『なつぞら』第73話

    ​​​​​​​​​​​​珍しくパンツ姿だと思ったら 階段シーンのため(笑) どうも、こーいうとこ アザトイと感じてしまう イチャモン? 違います だって、このドラマのテーマが “ア​ザトイ​”だから>ぇ …ひじゅにですが何か? ​「やなやつやなやつやなやつ…」​byなつ ↑リアル世界では割とよく聞くフレーズだけど フィクションの世界ではあまり使われないと思ってた(笑) …