NHK朝ドラ【なつぞら】第97回(第17週月曜日) 感想

昭和38年夏、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。風車では、週刊誌に載ったなつの話で盛り上がっていた。そんな中、咲太郎(岡田将生)が、劇団の中で雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。雪次郎が気にしていないか、心配になったなつは部屋を訪ねる。一方東洋動画では、大人気テレビ漫画の影響を受け、社内でもテレビ漫画を製作する班をつくる話が出て…。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」 第97話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

出かけていたので、本当に簡単に……。


マコちゃん先輩を撃ち落として、東洋動画唯一の「初の女性原画アニメーター」の座を手に入れた なつ。

仲さんは……
こうなる事を見越して、『ヘンゼルとグレーテル』を なつとマコちゃん先輩のW原画担当にしたのだろうか……と考えてしまうよね。


時代は昭和38年。

会社の広告塔として雑誌の取材まで受ける なつである。
『なつぞら』第97回感想


そんなある日、なつは茜と共に呼び出される。

大切な話って何だろうな。

あれじゃないの?
今度、茜ちゃんと競争させようってことじゃ?


何の競争よ。

ほら、美人アニメーター!
マコさんの時みたいに。



ほら……
思ってるじゃん。
私だけじゃなくて登場人物までそう思ってるじゃん。

…ってことは、脚本の計算通りってことじゃん……。

なんなの。
女性同士で戦ってヒロインが勝ち上がって行くゲームなの


呼び出されたのは、なななんと……史実のマコちゃん先輩のモデルの方が移籍することになる虫プロの件~~。

(だったら、ほんと、マコちゃん先輩、結婚退職じゃなくて移籍でよくないかな……)


今年の1月から手塚治虫さんのプロダクションが製作してる「鉄腕アトム」がテレビで放送されてることは知ってるね。

その「鉄腕アトム」がテレビ漫画として大ヒットしてる。

そこで、うちでもテレビ用のアニメーションテレビ漫画を製作するテレビ班を作ることになったんだ。

なっちゃんは原画として、茜ちゃんは動画として、そのテレビ班に行ってもらいたい。

君たちには長編映画を外れてテレビ漫画に専念してもらいたい。


もう映画には関われないんですか?


今は東洋動画らしく、このテレビ漫画を成功させることが何よりも先決なんだ。



あの、仲さん、一つだけ聞いてもいいでしょうか?

うん。 
何?


「東洋動画らしく」というのは「鉄腕アトム」とは違うやり方で作れっていうことでしょうか?


いや……
 「鉄腕アトム」と同じやり方で作らなければ、テレビでは成立しないだろうね。

低予算で、しかも時間もない中で作って、あれだけヒットさせていることに「鉄腕アトム」の価値はある。

仲さんは、あれをアニメーションだと認めていますか?

えっ?

僕は少なくとも東洋動画らしいアニメーションの作り方だとは思えません。

仲さんはどう思っていますか?

もちろん、あれはフルアニメーションではないと思っているよ。

それでも作る価値があると思いますか?



なぜ、なつや坂場くんが「映画」に拘り、テレビアニメーションを下に見た言い方をするのかというと、この当時のテレビアニメは今と違ってかなり質が低く(セル画の枚数を減らして動きを簡略化させていた)、鉄腕アトムなどは「動く紙芝居」と言われていたんだね。

それでもアトムの視聴率が良かったのは、原作がヒットしていたので面白さを子どもたちが知っていたから。

同じレベルの物をオリジナルストーリーで制作するのは、とてもリスキーな事だった。


しかし、『狼少年ケン』が『百獣の王子サム』になるのは、ちょっと笑える(笑)

『鉄腕アトム』は『鉄腕アトム』のままなのに(笑)

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2019年上半期朝ドラ『なつぞら』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…『なつぞら』◆放送期間 : 2019年4月1日 ~◆平均視聴率 : %◆主題歌 : スピッツ「優しいあの子」◆主演 : 広瀬すず◆出演 : 岡田将生,吉沢亮,井浦新…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 清原果耶(子役期:田中乃愛)

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)
山田靖枝 – 大原櫻子

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)
川谷幸一 – 岡部たかし
川谷幸子 – 池間夏海
高山 – 須藤蓮

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
堀内幸正 – 田村健太郎
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. なつよ、テレビ漫画の幕開けだ>『なつぞら』第97話

    ​​​​​​​​​​唐突&無意味に時間ワープするのも 朝ドラ“お約束” 勿論、TVアニメの時代に合わせたわけだから 完全に無意味ってわけじゃないけどさ でも、これは奥山玲子さんがモデルだとは言われているものの 奥山さんの生涯を忠実にドラマ化したものでは決してなく 彼女を通して日本のアニメーション史を描くというものでも勿論なく 「なつ」という女の子をヒロインとしたフィクション …なわけじ…

  2. なつよ、テレビ漫画の幕開けだ>『なつぞら…

    ​​​​​​​​​​唐突&無意味に時間ワープするのも朝ドラ“お約束”勿論、TVアニメの時代に合わせたわけだから完全に無意味ってわけじゃないけどさでも、これは奥山玲子さんがモ…

  3. 連続テレビ小説『なつぞら』第97回

    「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」内容昭和38年夏。なつ(広瀬すず)は、東洋動画の原画担当のアニメーターになっていた。週刊誌に取り上げられ、亜矢美(山口智子)も大騒ぎ。そんななか、咲太郎(岡田将生)から、雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)が噂になっていると知らされる。それから少しして、仲(井浦新)たちから、テレビ漫画の話を聞く。その班に、行って欲しいと。敬称略演出は、渡辺哲也さん状況説明は良…