NHK朝ドラ【なつぞら】第44回(第8週火曜日) 感想

昭和31年の春、なつ(広瀬すず)は雪之助(安田顕)や雪次郎(山田裕貴)と一緒に、東京・新宿へとやってきた。そこで、雪之助が若いころ修業したという老舗・川村屋を訪れ、店主でマダムと呼ばれる光子(比嘉愛未)に出会う。エキゾチックな雰囲気をまとう光子は、なつに兄の咲太郎(岡田将生)に会うためにも川村屋で働くことを薦める。修行する雪次郎とともに、川村屋で働くことになったなつの、東京での生活が始まった…。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「なつぞら」第8週「なつよ、東京には気をつけろ」 第44話

2019年上半期朝ドラ『なつぞら』

出かけていたので簡単に。

ついに、今日から東京篇の開始。

「昭和31年、東京・新宿です。

新宿は戦後の焼け跡から復興し、デパートや飲食店、大型書店や映画館、さまざまな娯楽施設が立ち並ぶ文化の中心地、戦前の浅草に代わって新しい庶民の街になっていました。」



私も、本日、2本試写会観るために一日中新宿に居りました。中村屋の前も通ったのでございます。

なつたちに負けないくらいのお上り度。
 【なつぞら】第44回 おのぼり


なつにハッキリと、

その会社の試験はいつなの?

6月に臨時採用の試験があるそうです。

そう。それまではどこかで生活しなくちゃいけないでしょ?

ただし、そういう中途半端な人をお客様の前に出すわけにはいかないので、厨房で皿洗いでもしてもらいます。それでよければ。


と意向を伝えるマダム。
【なつぞら】第44回 マダム


ハッキリしていていいよね。

ここでもプロ並みに大活躍、別れを惜しまれつつアニメ会社に……みたいなことに、なってほしくない(笑)


なつが持ち込んだ北海道バターを賄にしか出さないと言い、

川村屋の味にはなりませんから。
落書きが芸術にはならないように。
ハッハッハッハッハ……。


と馬鹿にしたように笑う野上さんである。

とりあえず、バターの方はマダムも認める本格的なもの。

「漫画映画」を野上さんが芸術だと認める下りもその内来るのよね。

そして、お父さんよ。「東京には気をつけろ」と言うけれども、一番気を付けなきゃならないのはあの兄だと思うよ……。


※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

奥原なつ – 広瀬すず(子役期:粟野咲莉)

奥原 咲太郎 – 岡田将生(子役期:渡邉蒼)
奥原千遥 – 田中乃愛

柴田泰樹 – 草刈正雄
柴田 富士子 – 松嶋菜々子
柴田剛男 – 藤木直人
柴田照男 – 清原翔(子役期:岡島遼太郎)
柴田 夕見子 – 福地桃子(子役期:荒川梨杏)
柴田明美 – 平尾菜々花(子役期:吉田萌果)

戸村悠吉 – 小林隆
戸村菊介 – 音尾琢真

小畑 雪之助 – 安田顕
小畑とよ – 高畑淳子
小畑妙子 – 仙道敦子
小畑 雪次郎 – 山田裕貴

山田正治 – 戸次重幸
山田タミ – 小林綾子
山田天陽 – 吉沢亮(子役期:荒井雄斗)
山田陽平 – 犬飼貴丈(子役期:市村涼風)

阿川 弥市郎 – 中原丈雄
阿川砂良 – 北乃きい
居村良子 – 富田望生
倉田隆一 – 柄本佑

岸川 亜矢美 – 山口智子
前島光子 – 比嘉愛未
野上健也 – 近藤芳正
茂木一貞 – リリー・フランキー
煙 カスミ – 戸田恵子
亀山蘭子 – 鈴木杏樹
三橋 佐知子 – 水谷果穂
佐々岡 信哉 – 工藤阿須加(子役期:三谷麟太郎)

仲 努 – 井浦新
大沢麻子 – 貫地谷しほり
坂場一久 – 中川大志
神地航也 – 染谷将太
三村 茜 – 渡辺麻友
森田桃代 – 伊原六花
下山克己 – 川島明
井戸原 昇 – 小手伸也
露木重彦 – 木下ほうか
大杉 満 – 角野卓造

語り… 内村光良

※スタッフ


脚本 – 大森寿美男
制作統括 – 磯智明、福岡利武
プロデューサー – 村山峻平
演出 – 木村隆文、田中正、渡辺哲也、田中健二
音楽 – 橋本由香利

アニメーション時代考証 – 小田部羊一

アニメーション監修 – 舘野仁美
アニメーション制作 – ササユリ、東映アニメーション

主題歌 – スピッツ「優しいあの子」




【なつぞら】
1(史実のモデルの話など前知識込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26-28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2019年5月22日

    連続テレビ小説『なつぞら』第44回

    内容昭和31年、雪之助(安田顕)に連れられ東京にやって来た、なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)雪之助は、かつて修行した“川村屋”を懐かしみつつ、野上(近藤芳正)に挨拶。そして光子(比嘉愛未)にふたりのことを。。。。敬称略今作としては、すでに登場している“川村屋”まあ、登場人物たちの態度自体は、普通のことだけど。なんだか、雪之助のリアクションや、説明が、既出の場所だということもあって、妙に、…

  • もう…何がなんだか日記
    2019年5月22日

    ようこそ、開拓者の街へ>『なつぞら』第44話

    ​​​​​​​​​​​​​​​クラブのシーン歌うのはケバい…じゃなくて華やかなドレス姿の歌手間に入る台詞を語る人は靴磨きの少年という設定らしく薄汚れた格好この組み合わせ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年5月22日

    ようこそ、開拓者の街へ>『なつぞら』第44話

    ​​​​​​​​​​​​​​​クラブのシーン 歌うのは ケバい…じゃなくて 華やかなドレス姿の歌手 間に入る台詞を語る人は 靴磨きの少年という設定らしく薄汚れた格好 この組み合わせって 何だかとっても​​シュール!​​ …と思ったけど ♪街にゃネオンの花が咲く♪ ♪おいら貧しい靴みがき♪ という歌詞だから、寧ろ忠実なのか? …ひじゅにですが何か? ​「カリーじゃなくて借りを…

  • ディレクターの目線blog
    2019年5月22日

    なつぞら (第44回・2019/5/21) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『なつぞら』(公式サイト) 第8週『なつよ、東京には気をつけろ』の 『第44回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 昭和31年の春、なつ(広瀬すず)は雪之助(安田顕)や雪次郎(山田裕貴)と一緒に、東京・新宿へとやってきた。そこで、雪…