NHK朝ドラ【まんぷく】第149回(第26週木曜日) 感想

萬平さんと福ちゃんが「まんぷくヌードル」の販売で忙しい最中、病み上がりの鈴さんが「お葬式を挙げたい」と言い出します。どうやら夢で咲姉ちゃんから「生きている間にみんなにありがとうを言えて良かった」と聞き、自分もと考えたようです。

萬平さんと福ちゃんが戸惑うも、鈴さんは過去の実例を挙げて、強引に日取りを決めてしまい… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第26週「いきましょう!二人で!」 第149話

NHK連続テレビ小説「まんぷく」

やっと赤津が出てきたーーー!!

私の願いが叶ったーーー
 『まんぷく』第149回感想 赤津ぅぅ

覚えてるよぉぉぉ赤津~~待ってた~~

ああ~~良かった。スタッフがちゃんと分っていて。もっとたくさん出て来てくれてもいいくらいだった。(味覚担当として「まんぷく食品」にいてくれてもいいくらいだった)

他のメンバーにも会いたかったけれど……仕方ない……。とにかく赤津が来てくれて良かった。


さて……生前葬で終わった一話。

良かったよね
すごく良かったと思ったの。

やっぱり、鈴さんはこのドラマの何から何まで見続けてきた観音様ですもんね。
 『まんぷく』149回 感想


みんな一言ずつ挨拶したらしいが、なぜか視聴者に見せる代表挨拶は世良さんである(爆)

発明家の立花君立花君を支える福ちゃん。
その2人をお母さんはいつも温かく見守っていらっしゃいました。

お母さんは僕のことをうさんくさい男やといつもおっしゃっていましたが、僕はその言葉の裏に深い愛情を感じておりました。


「いつも」「温かく」見ていたかどうかは分らないけれども、とりあえず、世良さんに対する「言葉の裏に深い愛情」は無かったと思う(爆)


個人的には克姉の挨拶に一番泣けてしまった。

お母さんはほんまに面白い人やわ。
いつも 「私は武士の娘です」って言うてたくせに、武士の娘が生きてる間にお葬式を挙げようやなんて考える?


ほんま、それや(笑)


せやけど生前葬は案外よかったのかも。

お母さんがほんまに亡くなってしもて、これが本物のお葬式やったら……私はきっと泣いてばかりで何にも言えんかった。

正直言うとね、年を取れば取るほど自分はお母さんに似てきたと思うの。

はあ、私は、私は、やっぱりお母さんの娘なんやね。

お母さんの娘でよかった…。
ほんまによかった…。

ありがとう。お母さん。



年取るほど親に似てくるって、よく分るわ。
しかも「何だか嫌だな」と思っていたところが似るのよね(笑)

そして、似てしまったな。
親子なんだな。
と思って、ふと笑う。

克姉の言葉はリアルに感じた。


それにしても、生前葬って別に棺の中にまで入らないよね(笑)シュールすぎる。
 『まんぷく』149回 感想 生前葬って棺は入らないよね


福ちゃんは……。

咲姉と一緒じゃなくて1人で来なさいよ。


咲姉ちゃんが亡くなって克子姉ちゃんはもう嫁いでたから、お母さんと2人だけになって、私はなんとか一生懸命咲姉ちゃんの代わりになろうと思って頑張ったけど、やっぱりそれはできませんでした。

お母さんに心配かけてばっかりやった。


自分は咲姉の代わりになろうとして頑張った……という「私が」「頑張りました」感~~……。こういうところなの。苦手なの(爆)


でも、とりあえず、

せやけど、それからお母さんには苦労をかけてばっかり。

お塩を作ってた時も、もう、ダネイホン作ってた時もほんま大変やったね。



ここ分っていて良かったわ。(「大変だったね」じゃなくて、「お母さんの財産と労力を資本にしました」と分かっていて欲しかったけどな……)

もう、ほんまに山あり谷ありの私たちを文句言いながらも、もうずっと私たちと一緒にいてくれた。


一緒に居ただけじゃなくて無給で働きづめで、今も幸のために玉子焼き作ってます。

なのにその「文句言いながら」の部分ばかりクローズアップする末娘、そして演出。まぁ狙ってるんだろうけど。朝ドラの母は基本毒親だという風習に倣っているだけなんだろうけど。


本当に、大変だったね。
お疲れ様でした。

ブシムス。
安らかに……(いや、まだ死んでない)


とにかく。

今日は生前葬で1話終わって本当に良かった!!

(この話のラストにまたヒロインに「そうだ!」「思いつきました!」「生前葬という新しい考えをヌードル販売にも生かしましょう!」とか、言い出していたら、もう………)


このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2018年下半期朝ドラ『まんぷく』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…◆主演 : 安藤サクラ ◆出演 : 長谷川博己,松下奈緒,要潤,内田有紀,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,岸井ゆきの,橋本マナミ,松井玲奈,片岡愛之助,松坂慶子,菅田将暉…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子

立花源 – 西村元貴(子役期:二宮輝生)
立花幸 – 小川紗良(子役期:三宅希空)

今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
神部茂 – 瀬戸康史
神部(香田)タカ – 岸井ゆきの
神部大介 – 川口調
岡幸助 – 中尾明慶
岡(香田)吉乃 – 深川麻衣
香田重之 – 井上拓哉
香田学 – 中村凛太郎
小野塚真一 – 大谷亮平
本城好美 – 東風万智子

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

レオナルド – ハリー杉山
ビリー – ジョセフ・ライト
トム – クリス・ローフ
名木純也 – 上川周作
西野紀之 – 馬場徹
久坂隼人 – 竹村晋太朗
戸塚洋子 – ぎぃ子

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
尾崎多江 – 渡辺真起子
谷村美代子 – 藤本泉

剛田一隆 – イッセー尾形
増岡丈治 – 菅原大吉
加瀬沢博 – 小堀正博
坂部勝 – 今野浩喜

土井垣 隆三 – 奥田瑛二
猿渡鎌作 – 田中哲司

川上アキラ – 加藤雅也
川上しのぶ – 牧瀬里穂

大鳥勘一 – 団時朗
望月綾 – 玄理
織田島健三 – 山西惇
織田島正 – 金井勇太
織田島久美子 – 畦田ひとみ
喜多村圭吾 – 矢柴俊博
矢野亮治 – 矢島健一
花村奈保美 – さとうほなみ
木ノ内秀子 – 壇蜜

稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」



【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127
128 129 130 131 132 133
134 135 136 137 138 139
140 141 142 143 144 145
146 147 148 149

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 生前葬>『まんぷく』第149話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​おおお、​赤津が出たよ!!!​…今日の感想はこれだけ>こらこらこらっ…ひじゅにですが何か?​「僕は敢えて、お母さんと呼ばせて頂き…

  2. 連続テレビ小説『まんぷく』第149回

    内容“まんぷくヌードル”を自動販売機で売り始めた萬平(長谷川博己)そんななか、鈴(松坂慶子)が。。。敬称略ため息しか出ない。正直なところ。 「だから、何?」って感じである。ただの“時間の無駄遣い”でしかない。