NHK朝ドラ【まんぷく】第26回(第5週:火曜日) 感想

食料を手に入れるため、お金を作ろうと、持っていた着物を闇市で売っていく福ちゃん。嫌がる鈴さんも連れて闇業者と交渉する中で、戦後をたくましく生き抜いている世良さんと再会します。

しかし、世良さんは新しい仕事をみつけられずにいる萬平さんを見て…。

そんな中、福ちゃんの言葉をきっかけに、萬平さんは新しい商売を思いつきます!
福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第5週「信じるんです!」 第26話

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」

不公平な時代は「今」だけじゃなくて、今も。戦前も。ずっとずっと続いている……

と思った朝。


金のある家に生まれた人間と無い家に生まれた人間。

良い縁に巡り会った人間と巡り会えなかった人間。

頭はあるのに機会に恵まれなかった人間。


その辺は、もう、運だ。


今は不公平の時代ですわ。

戦死した人間と無事で帰ってきた人間。
抑留された人間と帰国できた人間。
戦犯にされた人間と免れた人間。

闇で儲けた人間と儲けられへんかった人間。
飢えてる人間とたらふく食うてる人間。
焼け出された人間と焼け残った人間。



すいとんを大福餅だと思い込んで食べなくてはならない人間と、本物の大福餅を食べることができる人間。

……が福ちゃんの現状で、前向きだと笑う事もできれば、欺瞞だと思う事もできる。


赤信号を渡った事がバレない人間とバレる人間。

スピード違反がバレない人間とバレる人間。

カンニングがバレない人間とバレる人間。

汚職がバレない人間とバレる人間。


……そう言いかえると、この「できる人間、できない人間」も、ちょっと方向が変わってくる。

世良くんは危ない方向との狭間にいるみたい。


捕まらなければいいんだけど……。


不公平が当たり前やのに、それに文句言うとる時点でもうあかんのです。

これは、すごく尤もで。

戦争を知らない子どもたちの子孫である現代は、不公平をあきらめている人間と、不公平であることをかえって幸いだと誤魔化して生きている人間に溢れているように見える。


この言葉がなかったら、萬平さんの奮起も無かったかも知れないわけで。


自分のことは棚に上げて今日も無茶苦茶なブシムスの、

萬平さんは何もしないの?

福子と結婚する時、お金の苦労はさせないって言うてたわよね。させてますよ、貧乏に。

あなたは発明家なんでしょ。
会社がなくなったって何か、みんなが欲しがるものを考え出すとかできないの?



が、背中を押すわけである。


今や100均でも買えるのに、日本人にとってすごく大事にされている「判子」。

これを製造してあげるわけですね。


切っ掛け作りは背中を押す人と、アイデアを生み出す力だね。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。

『まんぷく』 ◆放送期間 : 2018年10月1日 ~ 3月30日(予定) (全151回) ◆制作 : NHK(BK) ◆平均視聴率 : % ◆制作統括 : 真鍋斎 ◆プロデューサー : 堀之内礼二郎 ◆演出 : 渡邊良雄、安達もじり ◆脚本 : 福田靖 ◆原作 : ◆音楽 : 川井憲次 ◆主題歌...


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子
今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
小野塚真一 – 大谷亮平

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎 樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
鹿野敏子 – 松井玲奈
池上ハナ – 呉城久美
神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶
東太一 – 菅田将暉
稲村大悟 – 六平直政
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/mampuku/





【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2018年10月30日

    連続テレビ小説『まんぷく』第26回

    内容福子(安藤サクラ)たちは、生きるために、着物を売るなどしていた。ある日、克子(松下奈緒)の娘・タカ(岸井ゆきの)たちが、靴磨きをして稼いだ金を手渡された克子は、涙する。鈴(松坂慶子)は、萬平(長谷川博己)を“発明家だろう”と叱咤する。ついに、鈴は、自らの着物を売ることを決意。福子と鈴が売りに出かけていたとき、世良(桐谷健太)と再会する。敬称略不公平の時代。。。思った以上にストレートですね…

  • ディレクターの目線blog
    2018年10月30日

    まんぷく (第26回・10/30) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式) 第5週『信じるんです!』の 『第26回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 食料を手に入れるため、お金を作ろうと、持っていた着物を闇市で売っていく福ちゃん。嫌がる鈴さんも連…

  • もう…何がなんだか日記
    2018年10月30日

    不公平の時代>『まんぷく』第26話

    ​​​​​​​​​​​​​​すいとんといえば…以前、何かのTV番組で群馬はすいとんが郷土料理みたいなこと言ってたっけな子供の頃は汁物の一種類としてたまに食卓に上るって程度…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2018年10月30日

    不公平の時代>『まんぷく』第26話

    ​​​​​​​​​​​​​​すいとんといえば… 以前、何かのTV番組で 群馬はすいとんが郷土料理 みたいなこと言ってたっけな 子供の頃は 汁物の一種類としてたまに食卓に上る って程度だったし 最近は全く食べてないなあ… ひじゅに家は群馬県人じゃないのかしら?>ぇ …ひじゅにですが何か? ​「はよ出て来い」​by世良 ​​世良さん​…