NHK朝ドラ【まんぷく】第100回(第18週水曜日) 感想

萬平さんがスープ作りに四苦八苦する裏で、真一さんに再婚話が。真一さんに頼まれ、福ちゃんが家族に紹介する前に、お相手と会って判断することに。

一体どんな女性なのかと、福ちゃんがちょっと緊張して待っていると、現れたのは意外なほどおしゃべりで元気な女性。咲姉ちゃんとはタイプが違いますが、福ちゃんも認める人の良さです。

あとは鈴さん次第ですが… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/真一:大谷亮平

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第18週「完成はもうすぐ!?」 第100話

NHK連続テレビ小説「まんぷく」
東風万智子さん(旧・真中瞳さん……という言われ方はご本人はイヤだろうなぁ)といえば、個人的に一番印象深いのが『ココニイルコト』だったりする……。

いえ、もう、本当にただ堺さんの前野くんが最高だったというだけの話です。傷ついた女性に前野くん(堺さん)。雪に堺さん。とにかく堺さん。羨ましいぜ真中瞳!の1本でした(いや、本当に良いストーリーなんで、みんな見て)。
 

最近では『検察側の罪人』の葬儀の時の演技が面白くて大好きだったのでみんな見て。
『検察側の罪人』のあらすじ・レビュー…後半はネタバレ感想を記載…松倉役の酒向…監督: 原田眞人 キャスト: 木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、平岳大…


昨日も書いたし、劇中でも言っているけれども、別に真一さんは頭を下げて結婚を「お許しいただく」理由は何もないのである。

イエ制度の時代だとしてもこんなおじさんが(たぶん50過ぎよね……)親の許可を取る必要はないし、そもそも親じゃないし。

それでも、真一さんは自分を身内だと思いたいから許しを得に来るのだった。

なんて誠実な人なんだ。


気持ちよくお祝いしてあげよ、お母さん。ねっ。 

咲姉ちゃんは許してくれたよ。

ゆうべ私の夢枕に立ったんです。
真一さんが幸せになってくれればいいって言うてました。



こんなこと、福ちゃんの口から言わせないで、鈴さんの口から言わせてほしかったよ。

「あなたは私の息子と同然、あなたが幸せなら私はそれでいいです。」

そう言わせてほしかった。
 『まんぷく』第100回感想


どうして鈴さんはこんなキャラに描かれてしまうのだろう。

本当に、これ、松坂さんだから可愛く微笑ましくなっているキャラだよね。

そこまで計算して書いているならいいけれど……。


とりあえず、

咲のこと、そんなに大事に思て下さるなら私はそれだけで嬉しいわ。


そう言わせてくれて良かったわ。

最初から別に反対の「反」も言ってないのに、福ちゃんが説得したから許したみたいな流れになったの、何だか嫌だった。


とにかく、お2人とも幸せに。

そして、萬平さんも、とりあえずスープの完成おめでとう。


このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2018年下半期朝ドラ『まんぷく』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…◆主演 : 安藤サクラ ◆出演 : 長谷川博己,松下奈緒,要潤,内田有紀,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,岸井ゆきの,橋本マナミ,松井玲奈,片岡愛之助,松坂慶子,菅田将暉…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子
今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
小野塚真一 – 大谷亮平

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
尾崎多江 – 渡辺真起子
谷村美代子 – 藤本泉

剛田一隆 – イッセー尾形
増岡丈治 – 菅原大吉
加瀬沢博 – 小堀正博

川上アキラ – 加藤雅也
川上しのぶ – 牧瀬里穂

大鳥勘一 – 団時朗
望月綾 – 玄理
織田島健三 – 山西惇
織田島正 – 金井勇太
織田島久美子 – 畦田ひとみ
喜多村圭吾 – 矢柴俊博
矢野亮治 – 矢島健一
花村奈保美 – さとうほなみ
本城好美 – 東風万智子

稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」



【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『まんぷく』第100回

    内容萬平(長谷川博己)が、スープづくりに苦戦する中、福子(安藤サクラ)は、真一(大谷亮平)から、本城好美(東風万智子)を紹介された。敬称略まさに“朝ドラ”の“水曜”である。前半、後半の繋ぎであると言うことだけで無く。内容が、全く無いモノを延々と。。。。。ダラダラ。。。である。

  2. まんぷく (第100回・2019/1/30) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式サイト) 第18週『完成はもうすぐ!?』の 『第100回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 萬平さんがスープ作りに四苦八苦する裏で、真一さんに再婚話が。真一さんに頼まれ、福ち…

  3. スープ完成>『まんぷく』第100話

    ​​​​​​​​​​​パーラーの壁に貼られた映画ポスターの一つに『春のおどり』というのがあって目にするたびに、ちょっと笑っちゃっていたのだがOSK歌劇団に同タイトルの演目が…

  4. スープ完成>『まんぷく』第100話

    ​​​​​​​​​​​パーラーの壁に貼られた映画ポスターの一つに 『春のおどり』というのがあって 目にするたびに、ちょっと笑っちゃっていたのだが OSK歌劇団に同タイトルの演目があるのね 無知でスミマセンスミマセン! となると俄然、観てみたくなるなあ …ひじゅにですが何か? ​「私でも飲める!」​byタカちゃん ↑タカちゃんの悪阻で何も食べ…