NHK朝ドラ【まんぷく】第127回(第22週土曜日) 感想

福ちゃんは、「まんぷくラーメン」の製造法を他社に公開しようとする萬平さんの考えを叶えるよう世良さんに頼みこみました。その思いに動かされた世良さんは、伝手を使って、元食糧庁の長官をしていた衆議院議員の土井垣先生を紹介してもらうことになりました。

萬平さんは早速東京に向かい、世良さんと一緒に土井垣先生に対面しますが… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/土井垣:奥田瑛二

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第22週「きれいごとは通りませんか」 第127話

NHK連続テレビ小説「まんぷく」
森本・岡コンビが、吉乃ちゃんと付き合うために父・忠彦の面接を受けていたころ……

萬平さんも義父の面接を受けていた。(違)


ヒロインのガチ父。(サクラちゃん、日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞、おめでとう!!)
 『まんぷく』第127回 ヒロインの父


衆議院議員の土井垣隆三先生である。

取り持ってくれたのは世良さん。(裏切りキャラ変)


私は製造特許を開放することに決めました。

開放?

はい。
チキンスープエキスの製造法も麺線の作り方も、油の温度、揚げ時間、全てをどこの会社でも使えるようにしたのです。

うん。

ところが私たちとライセンス契約を結ぼうとする会社は現れませんでした。

「うちは粗悪品で何が悪い」と。
目先の利益だけを考えて消費者の健康をないがしろにしているのでございます。

これはもう、力のある方に助けて頂かなければ実現は不可能と考えた次第でございます。



いちいち真剣に、ちょっと驚いた風に聞いてくれる土井垣先生。


なかなか面白い。
面白いな、君たち。

ならば君たちの業界をきちんと形にすることだ。

即席ラーメンの協会を作るんだ。
そこに入ることが即席ラーメンの製造販売の条件とする。


ただし協会に入れば「まんぷくラーメン」の製造特許を無償で使うことができる。

それぐらいのことをせんと業界は一つにまとまらん。



立派な政治家に巡り会う事が出来て良かったな。

協会を作ってあげるから金を出せとか、自分が会長になるから儲けはよこせ、とか。

そういう人じゃなくて良かった。


でも、初めて会った私たちにどうしてそこまで……。

それは、うん…まんぷくラーメンが大好きだからだ。ハハハハハハハ!

あれは実に美味い!そして便利だ。 

ああ、選挙演説の合間にサッサッサッサッサッ、ツル~って食えるからな。



本当に良い先生だ……出会えてよかった。


こうして、萬平さんは即席ラーメン協会の会長となった。

そして、元の家を買い戻すくらいお金持ちになった立花家である。


大したもんやわ、お前の旦那様は。

いきなりラーメン作る言いだした時は、正直もう終わりや思たわ。

今は日本中の人が喜んで食べて下さってる。

あんたの萬平さんは偉い。
私の想像をはるかに超えたすごい人やった。

お母さん。

私ももうすぐ70。
萬平さんは50。 あなたは40。

フフ……40…。

このまま穏やかな余生を送りたいわねえ。


 『まんぷく』第127回 ブシムス


別に今までも鈴さんは立ちはだかっていたとは思わないけどな。(むしろ常にスルーされてるように見える……)

お母さんがやっと萬平さんを認めてくれました。


の前に、お母さんの時間や財産をたくさん搾取してきた事に対してもう少し感謝しないかなぁ……娘よ。

そして、脚本家がそういうキャラに設定したつもりだったお母さんが穏やかになり「余生」とか言い出すのはとても不安だ。

あと1ヶ月だし。

もう最終回まで出してあげてもいいよね。
(もちろん、後ろメタファになって咲姉ちゃんと一緒に出て来るかも知れないけどぉ)


このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2018年下半期朝ドラ『まんぷく』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…◆主演 : 安藤サクラ ◆出演 : 長谷川博己,松下奈緒,要潤,内田有紀,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,岸井ゆきの,橋本マナミ,松井玲奈,片岡愛之助,松坂慶子,菅田将暉…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子
今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
香田吉乃 – 深川麻衣
香田重之 – 井上拓哉
香田学 – 中村凛太郎
小野塚真一 – 大谷亮平
本城好美 – 東風万智子

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
尾崎多江 – 渡辺真起子
谷村美代子 – 藤本泉

剛田一隆 – イッセー尾形
増岡丈治 – 菅原大吉
加瀬沢博 – 小堀正博
坂部勝 – 今野浩喜

土井垣 隆三 – 奥田瑛二
猿渡鎌作 – 田中哲司

川上アキラ – 加藤雅也
川上しのぶ – 牧瀬里穂

大鳥勘一 – 団時朗
望月綾 – 玄理
織田島健三 – 山西惇
織田島正 – 金井勇太
織田島久美子 – 畦田ひとみ
喜多村圭吾 – 矢柴俊博
矢野亮治 – 矢島健一
花村奈保美 – さとうほなみ
木ノ内秀子 – 壇蜜

稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」



【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. ラーメン協会>『まんぷく』第127話

    ​​​​​​​​​​バッタもん騒動は、あっという間に​解決​さすが福ちゃんの中の人の実父>ぉ料亭の刺身に舌鼓を打ちいつも高級な物ばかり食ってんだろーなー…と思わせて実は…

  2. ラーメン協会>『まんぷく』第127話

    ​​​​​​​​​​バッタもん騒動は、あっという間に​解決​ さすが 福ちゃんの中の人の実父>ぉ 料亭の刺身に舌鼓を打ち いつも高級な物ばかり食ってんだろーなー …と思わせて 実は「まんぷくラーメン」ファン …というオチ(^^;) …ひじゅにですが何か? ​「あんたの萬平さんは偉い」​byお母さん 世良さんにしか出来ない「綺麗事」 …

  3. 連続テレビ小説『まんぷく』第127回

    内容特許の公開することを決めた萬平(長谷川博己)だったが、他社からは良い返事をもらえず。困り果てる萬平。それを見た福子(安藤サクラ)は、世良(桐谷健太)に協力を求める。敬称略次回。。。次週かわからないが。時間経過で、カップ麺ですか。。。もう、なんでも良いけど。最も盛り上がるハズの重要案件で、この体たらくだから。期待薄ですね。今週が最終回で良かったくらいだ。

  4. まんぷく (第127回・2019/3/2) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式サイト) 第22週『きれいごとは通りませんか』の 『第127回』の感想。 ※ 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 …