NHK朝ドラ【まんぷく】第11回(第2週:金曜日) 感想

咲姉ちゃんの余命が僅かだと聞いて、悲しみにうちひしがれる福ちゃん、鈴さん、克子姉ちゃん。旦那さんの真一さんは、咲姉ちゃんに他の家族には言わないよう頼まれていたのでした。

一方、ホテルでは大事件が。福ちゃんの先輩、恵さんが突然二人の男性から交際を迫られます。

恋愛経験がほとんどない恵さんは…

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/咲:内田有紀/克子:松下奈緒/真一:大谷亮平/恵:橋本マナミ

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第2週「…会いません、今は」 第11話

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」

これはーー…………

難題である。


「咲姉ちゃんが良くなったら会おう」

が2人の約束だった。

しかし、その咲姉ちゃんは亡くなってしまった。

先週の火曜日、姉が亡くなりました。

せっかくいい病院を紹介して頂いたのに……。
本当にお世話になりました。

失礼します。



花びら舞い散る春の終わり。


「失礼します」

の、ひと言の後。

一体、萬平くんに彼女を引き留めるどのような術があるのか。


モデルの人・仁子さんの長姉が早世する事は一応耳にしていたので、まぁ、そうなるのだろうなとは思っていた。(初回の記事には、そこは入れていません。あまりにも早いネタバレになるので止めておいたのに……)

ただ、史実ベースの朝ドラでは『あさが来た』の例もあるので(結婚してから亡くなったモデルの史実をスルーして最終回まで姉が出演した)、もしかしたら助かるかも……いや、助けろよと思っていたのだけど、無理だった。福田脚本、情け無し。


最期まで「ごめんなさい」だった この姉は、平成的には「毒母の育て方のせいで」……なのだろうけれども、時代的には「そうなんだろうな」だった。

親より早く死んでごめんなさい。夫より早く死んでごめんなさい。長子なのにごめんなさい。

そういう時代だよね。昭和に入っても戦後まで、民法は明治民法イエ制度中。女であるのに長子である咲さんは「ごめんなさい」の呪いと共に亡くなった。

だから「ありがとう」には救われる。


咲さんの人生は「ごめんなさい」だけではなくて「ありがとう」と言える人生だったんだよね。

今井家は咲さんにとって楽しい家だったし、真一さんは優しい夫だった。それだけで、この人が単なるイエ制度の犠牲者ではなかった事が分る。

泣けたわ……。


さて……ヒロインの結婚話に戻ると……

福ちゃんが毒親に毒されたとは個人的には思えず。


反対されてもキッパリ「嫌です会います結婚を申し込みます」と言えた萬平さん。

「今は」会いません。とキッパリ言っていた福ちゃん。


鈴さんが、自分が枕元についていれば咲さんは回復すると信じていたように、「咲姉ちゃんが良くなったら萬平さんと会う」は福ちゃんにとっての願掛けだった。

それが破れてしまった。

今、2人の間に流れているのは絶望と不謹慎の空気に他ならない。


「良くなったら会おうね」→「永遠に良くならない結末」→…………


そりゃ……それでも幸せになろうね、とはなかなか行かない。ここは、そう言って背中を押してくれる人が必要なわけで。

亡くなる人が今際にヒロインのためにそれをやっちゃうドラマも大河なんかで有りがちだけど……

それをやらなかったのは本当に助かる。(もうその時点で冷める)


でも、脚本が試されるところ……。


物資横流しの話も出て来たし。

きな臭い時代に突入して行きます。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。

『まんぷく』 ◆放送期間 : 2018年10月1日 ~ 3月30日(予定) (全151回) ◆制作 : NHK(BK) ◆平均視聴率 : % ◆制作統括 : 真鍋斎 ◆プロデューサー : 堀之内礼二郎 ◆演出 : 渡邊良雄、安達もじり ◆脚本 : 福田靖 ◆原作 : ◆音楽 : 川井憲次 ◆主題歌...


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

今井福子(立花) – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子
今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤

保科恵 – 橋本マナミ
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
樫田うた江 – なるみ
小野塚真一 – 大谷亮平
鹿野敏子 – 松井玲奈
池上ハナ – 呉城久美
世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
牧善之介 – 浜野謙太
岡幸助 – 中尾明慶
東太一 – 菅田将暉
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/mampuku/





【まんぷく】
1(実在のモデルの話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2018年10月12日

    連続テレビ小説『まんぷく』第11回

    内容咲(内田有紀)の容体が急変したと聞き、病院に駆けつける福子(安藤サクラ)克子(松下奈緒)鈴(松坂慶子)医師からは、あまり長くは無いと告げられる。そして、咲から黙っていて欲しいと言われていたという真一(大谷亮平)あまりのことに、ただ祈るしか無い福子たち。。。そのころ恵(橋本マナミ)は、野呂(藤山扇治郎)と牧善之介(浜野謙太)から告白されてしまい。。。敬称略正直なところ。展開が。。。ってこと…

  • ディレクターの目線blog
    2018年10月12日

    まんぷく (第11回・10/12) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式) 第2週『…会いません、今は』の 『第11回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 咲姉ちゃんの余命が僅かだと聞いて、悲しみにうちひしがれる福ちゃん、鈴さん、克子姉ちゃん。旦那…

  • もう…何がなんだか日記
    2018年10月12日

    さくらんぼ>『まんぷく』第11話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​咲姉さん、克子姉さん…と書いてきたけど↑最初のうちは他人行儀な視聴者@ひじゅに今日からは咲姉ちゃん、克子姉ちゃん…と、福子と同じ呼…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2018年10月12日

    さくらんぼ>『まんぷく』第11話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​咲姉さん、克子姉さん …と書いてきたけど ↑最初のうちは他人行儀な視聴者@ひじゅに 今日からは 咲姉ちゃん、克子姉ちゃん …と、福子と同じ呼び方にしようかな そうすると 福子は​福ちゃん​の方が良いのかな ↑こんな風な気持ちになるのは久しぶり(笑) …ひじゅにですが何か? ​「気持ちは言葉にせな伝わらへ…