NHK朝ドラ【まんぷく】第55回(第10週月曜日) 感想

ある朝突然、たちばな塩業に進駐軍が踏み込んできます。強制的に家宅捜索が行われ、混乱する福ちゃんたちに告げられたのはクーデターの容疑。

すると倉庫の床下から大量の手りゅう弾が見つかり、萬平さんをはじめ、全社員が連行されてしまいます。

残された福ちゃんと鈴さんはうろたえるばかり。留置所では萬平さんたちの取り調べが始まり、驚きの事実が… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子/真一:大谷亮平

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第10週「私は武士の娘の娘!」 第55話

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」

キミは一体、何がやりたいんだ!!


初めて核心を突く登場人物が現れた(爆)

だよね。

一貫したものは何もないよね(笑)


以前も書いたけれども、史実のモデル・安藤百福さんも繊維関連事業から始まって塩作ったり栄養食品作ったりインスタントラーメン……だから、本当に布からそんなところまで来たんかって履歴は「何をやっていたらそうなった?」という感じ。

「発明」が始点だから、まだ萬平さんの方が理解できる気がする。事実は小説より奇なり。


しかし……。

映写機も根菜切断機も、元は軍で使用する物を開発していたわけで。

これが知れたら、そうとうまずいだろうなぁ。
 『まんぷく』第55話 「何がやりたいんだ」


福子!
ダネイホンを瓶詰めして出荷してくれ。
あと塩も!塩も専売局に!
分かったな
福子!
塩もだ!



最期まで(別に最期じゃねぇ)自分が開発した物たちの行方を心配する萬平さん。

すっごく一貫したキャラクター作りのドラマだと思う。

ここで「心配するな、源を頼む。」と叫ぶ萬平さんじゃ普通すぎて「欠け」がない。

萬平さんはやっぱり、人間的にトンチキじゃなきゃいけないんである。


そして、

「僕も一緒に行ってきます」と落ち着いてついて行く真一さんのイケっぷり。

今回は克子姉ちゃんだけではなく、駆けつけてくれる忠彦さんのアクティブさ。

やっぱり、2人の義兄が素晴らし過ぎる!!


みんな捕まっちゃった、たちばな塩業。

森本くんのテロリスト感がヤバい(爆)
 『まんぷく』55話 森本くん


福子が英語でちゃんと説明すればよかったのよ!
ホテルでは英語使って仕事してたんでしょ!


ぎゃーーぎゃーー騒ぐブシムスがうるさいんですけど……でも、分かるーーあるあるーーーなんですよねぇ。

私の親がこうやって過ぎた事を「ああすれば良かったのに」「こうしとけば良かったのに」とグチグチ責めるタイプで(笑)随所で「戻れないんだから仕方ないやろーーが!!」と思いながら育ったので、このキャラ、分かり味ありすぎて福田せんせーー、うちの母を見て書いてるのって、ビックリするくらいだ(笑)

そういうところも含めて、人間は面白い。年を取った親は、こういうのも可愛いものだよ。


そして、まぁブシムスはテンパりすぎだが、テンパってしまうのも、4年経っていても落ち着けば少しは出て来たかも知れない英語が出て来なかったのも、アルアルよね……あるある。


弁護士は相手にしてくれず。

菅田将暉の登場を待つばかり……。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。

『まんぷく』 ◆放送期間 : 2018年10月1日 ~ 3月30日(予定) (全151回) ◆制作 : NHK(BK) ◆平均視聴率 : % ◆制作統括 : 真鍋斎 ◆プロデューサー : 堀之内礼二郎 ◆演出 : 渡邊良雄、安達もじり ◆脚本 : 福田靖 ◆原作 : ◆音楽 : 川井憲次 ◆主題歌...


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子
今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
小野塚真一 – 大谷亮平

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/mampuku/






【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • くう
    2018年12月6日 1:21 AM

    千早太夫さん
    ありがとうございました!!
    昨日、ご本人のツイートも出まして、出番は12週からなのだとか……。

    えーー……どうせまた逮捕されるのならば、今の逮捕は要らない気がしてきました(笑)面白いけれど。

  • くう
    2018年12月6日 1:19 AM

    巨炎さん
    >男性キャラが濃くて面白い所で凄く落差を感じます。
    だから女性陣の個性も引き立つ訳ですよ。

    史実のモデルの人が、役割的に「偉人の」「奥さん」ですもんね。奥さん自身は支えることに徹する。

    これを描き間違えると幕末の志士の妹で妻だった誰かを無理やり主役に持ってきた某大河のようになってしまうので(笑)そこもどうなるか見どころ。

    とりあえず、あまりにも脇役すぎず、不自然に出過ぎず…の方向になってきているかなぁとは思います~。

  • 千早太夫
    2018年12月4日 7:56 AM

    くうさん、激しくお久しぶりです。
    あまりネタバレはしたくないのですが、ショックは早い方が傷が小さいかと愚考し、お伝えします。

    くうさんだけでなく、菅田君の今週の登場を待ちかねている方が多いようですが、彼の登場はまだまだ先みたいです。

    つまり、くうさんが前に書かれていた史実の事件が、今後起きるということのようです。

  • 巨炎
    2018年12月3日 5:18 PM

    戦後がメインストーリーとか使えなかった英語とか
    再放送中の「べっぴんさん」と類似点を感じる一方で、

    >萬平さんはやっぱり、人間的にトンチキじゃなきゃいけないんである。
    男性キャラが濃くて面白い所で凄く落差を感じます。
    だから女性陣の個性も引き立つ訳ですよ。
    独房の中で取っ組み合いを始めたり戦地帰りはそうでないと(笑。
    「カーネーション」で糸子が組合に顔を出した時ほどの芸術的ではありませんが
    「あさが来た」よりは女が簡単に立ち入れない世界感が出ています。

4件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2018年12月3日

    まんぷく (第55回・12/3) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式サイト) 第10週『私は武士の娘の娘!』の 『第55回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 ある朝突然、たちばな塩業に進駐軍が踏み込んできます。強制的に家宅捜索が行われ、混乱す…

  • レベル999のFC部屋
    2018年12月3日

    連続テレビ小説『まんぷく』第55回

    『私は武士の娘の娘!』内容突如、“たちばな塩業”にやって来た進駐軍の兵士たち。海岸で爆発音が聞こえたという通報があったという。反乱を企てている疑いがあると。困惑する萬平(長谷川博己)福子(安藤サクラ)すると高木(中村大輝)野村(南川泰規)堺(関健介)が、手榴弾の場所を告白。萬平たちは、連行されていくのだった。敬称略演出は、保坂慶太さん話の内容や、展開は、ともかく。どういう解決にするつもりか分…

  • もう…何がなんだか日記
    2018年12月3日

    私は武士の娘の娘!>『まんぷく』第54話

    ​​​​​​​​​​​状況からしても週タイトルからしても影が薄くなる一方だった(加えて、自分は陰で支える役だと宣言していた)福ちゃんが​前面に打って出る​兆し?…ひじゅ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2018年12月3日

    私は武士の娘の娘!>『まんぷく』第54話

    ​​​​​​​​​​​状況からしても 週タイトルからしても 影が薄くなる一方だった (加えて、自分は陰で支える役だと宣言していた) 福ちゃんが ​前面に打って出る​兆し? …ひじゅにですが何か? ​「日本語喋れ、ボケ」​by岡 ↑これが今日のキーワード?>ぇ 進駐軍が雪崩れ込んで来た時 英語だ! 福ちゃん、出番だ! と思った…