NHK朝ドラ【まんぷく】第131回(第23週木曜日) 感想

萬平さんと福ちゃんは自宅でビーフコンソメ味の新たなスープを試作。会社の開発チームに試飲させた所、大絶賛で、すぐにでも新味の「即席ラーメン」として売り出すべきだという意見も。

しかし萬平さんは「容器入り」にこだわり拒否。世界に売り出す新商品として「まんぷくヌードル」と命名し、開発の決意を固めます。

一方その頃、福ちゃんに思わぬ来客が… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第23週「新商品!?」 第131話

NHK連続テレビ小説「まんぷく」
出かけるので簡単に。


「怒られるとすぐ辞めちゃう若者」として、画伯弟子の名木くんと開発班の久坂くんを対比させているのだということは分った。

ヌードルを「ヌード」と言ってプッと笑う久坂くん。元々は薬品をやりたくて入って来たので、ヌードル開発チームは彼にとって「抜擢」ではないのか

そもそも、まんぷく食品って、どんな規模なんでしょうね。

プロジェクトに抜擢(?)されたことが光栄ではないらしい社員。

お母さんがお弁当届に研究室に入って来て挨拶しちゃう会社。(すっっごい嫌だ。この「家族でやってる会社なんだからな」感。)

自社ビルらしいけれども……やっぱり会社は家で家は会社なんだね。これは、持ち込むなと言っても無理やわ。


野呂さんの店の料理が全部缶詰っていうのにもビックリ~~……これは「早い・美味い・インスタント」であるまんぷくラーメンのメタファということなのでしょうか……(でも缶詰は不味いよ(笑))


ラストの外国の方々のヌードル試食は良かった。予告で見た時には一体何なんだと思ったけれども……

信者ばかりのこのドラマで、彼らは「デリシャーーース!世界で通用するネ」とは言わなかった。
『まんぷく』第131回


フォークで巻けない。「すする」文化がないので麺が長すぎる。

初めて「世界」を知る萬平氏。

さあ、どうなる?

って、久々に思えた


このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2018年下半期朝ドラ『まんぷく』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…◆主演 : 安藤サクラ ◆出演 : 長谷川博己,松下奈緒,要潤,内田有紀,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,岸井ゆきの,橋本マナミ,松井玲奈,片岡愛之助,松坂慶子,菅田将暉…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子

立花源 – 西村元貴(子役期:二宮輝生)
立花幸 – 小川紗良(子役期:三宅希空)

今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
香田吉乃 – 深川麻衣
香田重之 – 井上拓哉
香田学 – 中村凛太郎
小野塚真一 – 大谷亮平
本城好美 – 東風万智子

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
尾崎多江 – 渡辺真起子
谷村美代子 – 藤本泉

剛田一隆 – イッセー尾形
増岡丈治 – 菅原大吉
加瀬沢博 – 小堀正博
坂部勝 – 今野浩喜

土井垣 隆三 – 奥田瑛二
猿渡鎌作 – 田中哲司

川上アキラ – 加藤雅也
川上しのぶ – 牧瀬里穂

大鳥勘一 – 団時朗
望月綾 – 玄理
織田島健三 – 山西惇
織田島正 – 金井勇太
織田島久美子 – 畦田ひとみ
喜多村圭吾 – 矢柴俊博
矢野亮治 – 矢島健一
花村奈保美 – さとうほなみ
木ノ内秀子 – 壇蜜

稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」



【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127
128 129 130 131

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『まんぷく』第131回

    内容“容器入り即席ラーメン”のため新しいスープを開発した萬平(長谷川博己)福子(安藤サクラ)鈴(松坂慶子)は絶賛。神部(瀬戸康史)たち容器開発をするメンバーも絶賛。萬平は、容器開発を進めるようにと叱咤する。スープを飲んだ世良(桐谷健太)は、すぐに即席ラーメンとして売り出すべきと告げるが。萬平、福子、真一(大谷亮平)は、生活習慣を変えると言って聞かず。一方で、神部らの容器開発は進まず、萬平は苛…

  2. まんぷく (第131回・2019/3/7) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式サイト) 第23週『新製品!?』の 『第131回』の感想。 ※ 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 萬…

  3. カップ麺>『まんぷく』第131話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​唐突に登場した3人の外国人福ちゃんが英語が得意という設定もすっかり忘れていたので何か唐突な印象>こらこらもろきゅう…の登場…

  4. カップ麺>『まんぷく』第131話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​唐突に登場した3人の外国人 福ちゃんが英語が得意という設定もすっかり忘れていたので 何か唐突な印象>こらこら もろきゅう …の登場も唐突(笑) 丼に皿の蓋 …も、彼らにしては唐突だっただろう その蓋を取った時 2人はちゃんと引っくり返して表を上にして置いたのに 向かって左側の一人は下を向けたまま… つまり蒸気で…