NHK朝ドラ【まんぷく】第133回(第23週土曜日) 感想

自宅で新たな麺作りに挑む萬平さんと福ちゃん。試行錯誤の末、外国の人でも食べやすいよう麺を短くして、特製の容器に合わせた麺の揚げ方を発見します。喜んだ萬平さんですが、チームに容器やスープの開発状況を尋ねたところ、いずれも開発が遅れていることがわかって大爆発。

チームに入った長男の源ちゃんは「お父さんは天才だけど、自分には無理だ」と弱音を吐き始め… 

福子:安藤サクラ/萬平:長谷川博己/鈴:松坂慶子

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まんぷく」第23週「新商品!?」 第133話

NHK連続テレビ小説「まんぷく」
天才なんや、父さんは。
天才の考えることについていくやなんて僕には無理や。



あなたは自分からまんぷく食品に入りたいって言うたのよ。

お父さんの会社に入れば、ひいきしてもらえて楽できると思たの?

努力しなくても出世できて、いずれは社長になれると思てるの?

思ってないって!

そしたら簡単に弱音を吐くのはやめなさい!

お父さんは考えて考えて考え抜いてまんぷくラーメンを作ったんです。

あなたの言うてることは言い訳にしか聞こえません!



萬平信者にならない息子を叱りつける母である……(違)


「天才」という人は、人一倍努力をしているだけ。

……という話なのだと思う。
(でも、本来、語彙としては人より優れた才能を元々秘めているのが「天才」であって、努力して秀でるのは「秀才」だと思うの)


萬平さんの場合は……元々あった台湾揚げ麺にヒントを得て麺を作り、営業先のアメリカ人からヒントを得てカップを作っ……(いえ、何でもありません)


会社の雰囲気が良くなくてね。

雰囲気?

新商品の開発が萬平君の思いどおりに進まなくて、チームの連中が焦ってる。

萬平君の要求についていけないんです。
まあ、萬平君の気持ちはよう分かります。
でもそれで社員の士気が下がってしまったら……。

会社にいる時の萬平君には僕が言っても駄目だ。

タイミングを見計らって福ちゃんから話してくれないか?



萬平さんのお守りを期待されてまんぷく食品に居るのにアドバイスできない真一さんは、信用組合の金庫を空にした萬平さんを止められなかった頃と変わってないなぁ。

今や部外者である福ちゃんをこんなに頼るのは、結局、社員の士気を削ぐと思うの。

まんぷく食品は、福ちゃんも、せめて役員の何かに入れておくべきだったね。


まんぷくラーメンの時はみんなが一つになってました。
そやけど、今は会社が大きくなってあなたに意見する人は誰もいません。

新商品の開発が遅れてるのは、会社の人たちがあなたの顔色をうかがって萎縮してるからやないんですか。

源はやっと自分の甘さに気付いたんやと思います。仕事の厳しさにも。

そやけど、それはきっとあなたの期待に応えたいと思たからです。

それに追いつかない自分に腹が立ってるんです。

私はあなたが足を止めてあげるべきやと思いますよ。



私はこのエピソードは、福ちゃんと萬平さんが家でコソコソ作ったものを会社の商品の基盤にすることを反省するエピソードだと思っていた。

けれども、福ちゃんにはそういう反省の機会はないんだな……。

本来なら麺の成功はチームと苦楽を共にするべきことじゃん。

それを福ちゃんが察しないのは、ちょっと辛い。


とにかく。

萬平さんが足を止めることになり、チームがまとまったらしい。
 『まんぷく』第133回


よかったね。久坂くん。


このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
2018年下半期朝ドラ『まんぷく』の感想。レビューをお待ちしています。キャスト、視聴率、主題歌…◆主演 : 安藤サクラ ◆出演 : 長谷川博己,松下奈緒,要潤,内田有紀,大谷亮平,桐谷健太,瀬戸康史,岸井ゆきの,橋本マナミ,松井玲奈,片岡愛之助,松坂慶子,菅田将暉…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

 
※キャスト

立花(今井)福子 – 安藤サクラ

立花萬平- 長谷川博己

今井鈴 – 松坂慶子

立花源 – 西村元貴(子役期:二宮輝生)
立花幸 – 小川紗良(子役期:三宅希空)

今井咲 – 内田有紀
香田克子 – 松下奈緒
香田忠彦 – 要潤
香田吉乃 – 深川麻衣
香田重之 – 井上拓哉
香田学 – 中村凛太郎
小野塚真一 – 大谷亮平
本城好美 – 東風万智子

世良勝夫 – 桐谷健太
加地谷圭介 – 片岡愛之助
三田村亮蔵 – 橋爪功
牧(保科)恵 – 橋本マナミ
牧善之介 – 浜野謙太
野呂幸吉 – 藤山扇治郎
大前田三郎 – 曾我廼家寛太郎
樫田うた江 – なるみ
竹ノ原大作 – 宮田佳典
桑原(鹿野)敏子 – 松井玲奈
水島(池上)ハナ – 呉城久美
水島賢作 – 松木賢三

神部茂 – 瀬戸康史
香田タカ – 岸井ゆきの
岡幸助 – 中尾明慶

小松原完二 – 前原滉
森本元 – 毎熊克哉
佐久間春男 – 川並淳一
赤津裕次郎 – 永沼伊久也
長久保陽介 – スチール哲平
大和田英二 – 梅林亮太
高木一夫 – 中村大輝
峰岸政利 – 三好大貴
野村泰造 – 南川泰規
堺俊一 – 関健介
倉永浩 – 榎田貴斗
堀和則 – 原雄次郎
増田誠一 – 辻岡甚佐

三原竹春 – 阿南健治
三原まさの – 久保田磨希
近江谷佐吉 – 小松利昌

東太一 – 菅田将暉
尾崎多江 – 渡辺真起子
谷村美代子 – 藤本泉

剛田一隆 – イッセー尾形
増岡丈治 – 菅原大吉
加瀬沢博 – 小堀正博
坂部勝 – 今野浩喜

土井垣 隆三 – 奥田瑛二
猿渡鎌作 – 田中哲司

川上アキラ – 加藤雅也
川上しのぶ – 牧瀬里穂

大鳥勘一 – 団時朗
望月綾 – 玄理
織田島健三 – 山西惇
織田島正 – 金井勇太
織田島久美子 – 畦田ひとみ
喜多村圭吾 – 矢柴俊博
矢野亮治 – 矢島健一
花村奈保美 – さとうほなみ
木ノ内秀子 – 壇蜜

稲村大悟 – 六平直政
村城啓治 – 平原テツ
ハリー・ビンガム – メイナード・プラント (MONKEY MAJIK)
ジョナサン・メイ – ブレイズ・プラント (MONKEY MAJIK)
チャーリー・タナカ – 岡崎体育

語り… 芦田愛菜

※スタッフ

脚本 … 福田靖
演出 … 渡邊良雄、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 真鍋斎

音楽 … 川井憲次

主題歌 – DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」



【まんぷく】
1(実在のモデル・安藤百福・仁子夫妻の話込み) 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127
128 129 130 131 132 133

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「https://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2019年3月10日

    3つの役割>『まんぷく』第133話

    ​​​​​​​​​​​​世良さんがレオナルド君を ​ダ・ヴィンチ君​ と呼んでいたけど そういえば 美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの絵の前に行ったら お腹の中の子供が大きく動いたので レオナルドと名付けた …と レオナルド・ディカプリオのお母さんが言っていたらしいぞ ↑ドラマとは関係ない …ひじゅにですが何か ​「僕の若い頃にそっくりや」​…

  • ディレクターの目線blog
    2019年3月9日

    まんぷく (第133回・2019/3/9) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まんぷく』(公式サイト) 第23週『新製品!?』の 『第133回』の感想。 ※ 本作は、2019/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 自…

  • レベル999のFC部屋
    2019年3月9日

    連続テレビ小説『まんぷく』第133回

    内容福子(安藤サクラ)の助言で、萬平(長谷川博己)は、ひと工夫。“容器入り即席ラーメン”用の麺の発明に成功する。だが、神部(瀬戸康史)たちのスープエキス、容器開発は進まず。ついに萬平は激怒する。敬称略もう、全てのセリフに、違和感を抱くという状態だねほんと、ツケが回ってきているね(失笑)