NHK朝ドラ【あさが来た】 第104回 感想

あさ(波瑠)を訪ねてやって来たのは、はつ(宮崎あおい)の長男の藍之助(森下大地)であった。加野銀行で働きたいという藍之助にあさは働くことを許す。喜ぶ藍之助にあさは…。平十郎(辻本茂雄)は藍之助にうそをつかないように働くことが大切であると話す。その話を聞いた藍之助は…。娘の千代(小芝風花)の担任の教師に呼ばれたあさと新次郎(玉木宏)は、千代の進路について真剣に考えるようになる。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第18週「ようこそ!銀行へ」 第104話

   あさが来た1

※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。

↑テンプレだす。

さて。
来ちゃった。状態の藍之助をひとまず迎え入れる あさ。
加野銀行で働きたいと「カッケー」に憧れているだけのような子どもっぽい甥をとりあえず働かせてみる。

まずは嘘をつかん事です。

いや、裏を返せば銀行家には嘘が好きなお人がたくさんおります。
はったりが大事なとこもあります。
そやけど嘘で固められて人と人との仲が澱んでしまうような店は必ずお金の価値も澱んでいきます。

私が5年前、この加野屋に来た時実に風通しがええなぁ思いました。
責任者である榮三郎さんや雁助さんらの番頭に手代、そして丁稚に至るまで隔てなく声を掛け合い話をし隠し事がないと見たんです。

はぁ~。
そないいうたらみんなよう喋りますさかいなぁ。

番頭さんの片思いの相手まで店で知らん者はいてへんかったぐらいだしたさかいなぁ。
ああ、亀助さんなぁ。

亀助はんの片思い、めっさ引っ張ってたけど全奉公人に知られてたんなら ふゆ自身も解っていて随分引っ張ってたってことやん……。ふゆ、やはり恐ろしい子。

…じゃなくて~。

ここまで昔の話が出ているのに雁助さんが全然出てこない。
辞めたからどこかの事務所みたいに辞めたら映像ストップになるの

…と、思ってたら銀目廃止のところでやっと出てきた。あーー良かった。
  あさが来た104

それに加えて裏で取りしきる奥さんのあの表裏のない堂々とした人柄!
私がここで働かしてもらいたいと思ったのは、その嘘のない風通しのよさにあったんです。

先代までが守り続けた250年の伝統と新しい大阪の町でも信用を保ち、それに加えて嘘偽りのない風通しのよさ。

これが加野銀行です。
信用第一。
これほどの強みはありません。

へえさん先生が加野屋の歴史を振り返り、信用の後、人も助けて、銀行とは…の心がけを教示しつつ、こんだけ嘘はいかん嘘はいかん嘘はいかん嘘はいかん!!…と言っているのは藍之助に親に嘘ついて出て来るような子はいかんと言っているのだ。

ここは、藍之助は冷や汗かいてドキドキするところ………

…かと思ったら……

いや~!やっぱり凄いなぁ加野銀行は!
  あさが来た104-1

なんなの
ガチで天然なの

さすが、おあささまの甥……。

しかし、その おあささまも子どもに関しては常識的な大人である。

あない堂々と嘘つくのはあきまへんなぁ。
藍之助、ほんまは家出でもしてきたんやろて思います。

まあな。 
ほんまにウチで働きたい思たとしてもやで、惣兵衛はんやおはつさんが何の知らせもなしによこすはずあらしまへんさかいな。

はれ?
旦那様もそない思てはったんだすか?

そらそうだすがな。
さっき話聞いたけど、銀行にどない憧れてるかいう話しかせぇへんかったし。
まあ、そやけど、むげに追い返したとしてもやで、行方知れずにでもなったらそら困りますやろ。

そうだすなぁ。
とりあえず働いてもろて、様子見ながらお姉ちゃんに手紙出そて思います。

おみかん作りかて立派な仕事だす!

今週は、勝手な子どもたち世代を描くのだな、と藍之助を見てますます思ったわけだが、

進路…ええ言葉だすなぁ。
夢が広がります。
うちが千代の年の頃は、お嫁入りの修業ばっかりさせられてましたのに…。

というセリフ通り、子どもたちの思い通りの自由な生き方について道を開き認める大人たち世代の話でもあるわけで。

でもね…
それ、ちょっと時代が早すぎますね。
まだ明治に入ったばかりでっせ…
長男は家の後を継ぎ娘は親のセッティング通り嫁に行くことに何の疑問もない時代の延長ですよね。

まぁ、平成に合わせた設定のザ・ホームドラマ・朝ドラなんだからって事で別にいいのだけれども。
わざわざ何の疑問もなく親や家に尽くすこの時代に設定したのだから、それを生かしてみてもいいんじゃないかって気もするんだけど。

不孝糖(わかるやつだけわかればいいネタ)でも舐めちゃったってことで……
仕方ないよね~。

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:東出奈々→中川江奈→鈴木梨央)
千代の夫 … 工藤阿須加
白岡正太郎 … 木内義一

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人
山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花
田村宜 … 吉岡里帆

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
成澤カナエ … 宮嶋麻衣
山崎平十郎 … 辻本茂雄

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

大隈重信 … 高橋英樹
大隈綾子 … 松坂慶子

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104