NHK朝ドラ【おちょやん】第112回(第23週 火曜日) 感想

寛治を見ているだけで泣けてくる……。

寛治が他の団員と一緒くたに描かれることがなくてよかった。

寛治だって、2人の所へ「帰る人」だったはずやん。

一平(成田凌)が書き上げた新作「初代桂春団治」は大変な人気を呼び、東京公演も決まり、新聞やラジオのインタビューも増える。そんな折、放送局で取材を受ける一平と本読みに来た千代(杉咲花)が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。予期せず、一平の肉声を聞き、熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いを馳せ、浮かない表情の千代。心配した春子が、あるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされて……

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第23週「今日もええ天気や」第112話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

昨日、仕事が忙しくて結局レピューを書けずに終わってしまった。

けれども、一記事としてきちんと残しておきたいので短文ですが感想を書く。

全ては寛治のために。

お帰り。


「桂春団治」への出演……というよりも、かつて捨てられ捨てた家庭に戻る勇気を自分に問いかけ、ラジオドラマすら身が入らない千代。

「お父さんはお人好し」は、すでに千代の新しい家族のはず。

これに身が入らないとは、ちょっとした疑似不倫やな。


千代が悩んでいるのを察して、くず湯を作ってくれた春子。

「おかえり」の場所はここにある。


だから、千代は道頓堀へ向かうことが出来たのだった。


みつえちゃんの「お帰り」。

言いたいことをたくさんたくさん飲み込んだ表情。


そうか……
家出した子どもを迎える時は、これなんだな。

ただ、行ってらっしゃいと言い、お帰りと言われる。

家庭とはそういう所。

寛治


千代が岡福に居ることは、たまたま店にやって来た徳利さんからあっと言う間に伝わる。

しかし一平には知らせぬようにという気遣い。


みんなが一平に嘘をついてコソコソと岡福へ集合する中、寛治は戻ってきた。


心からホッとした。

寛治はさ、一平にも千代にももっと怒っていいんだよ。

だって、あの戦争からヨシヲの思いまで抱えて帰って来たのに。

帰ってくる所はここだと言ってくれたのに。

「家」は消失したのである。


しかし、寛治も「お帰りなさい」としか言わなかった。


千代が傷ついていることは十分わかっているから。

千代さん、居てへんようなってから僕、あの家に1人やで。

さみしいてしゃああれへん。どないしてくれんねん。


優しいのである。

春子の兄ちゃんやで



寛治……娘の春子だす。
よろしゅう頼みます。


春子です。

千代さんは僕にとってもお母さんみたいな人やから、春ちゃんは妹やな。


あの時、まっすぐ「お母ちゃん」と呼んでいたら、関係性はもっと変わっていたのかもしれない。

寛治は強い子だったんだ。


両親を失くしたという意味でも、寛治と春子は兄妹だった。

寛治にも、家族が増えた。


泣いたわ。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93 94 95
96 97 98 99 100
101 102 103 104 105
106 107 108 109 110
111 112
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 倉悠貴(子役期 : 荒田陽向)

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」