NHK朝ドラ【おちょやん】第62回(第13週 火曜日) 感想

カフェ・キネマきたー!!

いやーーん、懐かしい。

なんだかんだ、ここ楽しかった。

社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌)。周囲の期待をよそに断ってしまう。それは女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからだった。しかし襲名は社命であり絶対。一平が断れば、鶴亀家庭劇の存続も危ない。そんななか、実家の岡安で夫婦ゲンカの愚痴を吐くみつえ。それを叱るシズ(篠原涼子)。そんな母娘を見て、千代(杉咲花)はあることを思いつく…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第13週「一人やあれへん」第62話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

お母ちゃんに言われたら聞くしかあれへんな。

「おばあちゃん」って聞こえてた(笑)

その方が繋がるじゃんね。

やはり母のこと


「母の無償の愛を描きたい」

から、ずっと引っかかり続けて来た一平のマザーコンプレックス回収の週らしい。

とりあえずは想像していた通りに物語は進行。

おやじみたいな人間にだけは死んでもなれへん。

天海天海になるくらいやったら役者辞めるわ。

と宣言する一平だけれど、天海天海襲名は鶴亀の社命。

このままだと家庭劇が潰されてしまう。

団員は焦り、千代は一平のためにも親子のわだかまりを解こうとする。


しかし……

あんな辛気くさい女はな……。

役者の女房には合うてへんのじゃ。


と芸者に囲まれて酔いつぶれている天海さん、全く女遊びしている感じではないし。

子どもの目には、母が追い出されているように見えたのかも知れないけれど、どう見てもやけ酒だよね。

お母ちゃん


福助とケンカして戻って来たみつえが、母に言われてすぐ帰っていく。

お母ちゃんに言われたら…。

聞くしかあれへん! 
それや!



「おばあちゃんに言われたらきくしかあらへん」

からの千之助の方が自然なのではーーと思ったけれど、よくよく考えたら、そうか、あれはお母ちゃんの役か(笑)

千之助は天海との約束だからと真実は話してくれず。

京都へ行けというヒントだけくれるのだった。

置屋の女房


そして、辿り着いたのが芸者さんの置屋。

「ゆう」という名前だけでは分からないと言われてしまうも……お母ちゃんは今いくつくらいなんやろ。

教えてくれへんのやったら、とカフェ・キネマへ行ってみる千代である。


久しぶりーー!!

京都編、楽しかったね。と思い出す。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 倉悠貴(子役期 : 荒田陽向)

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL