NHK朝ドラ【おちょやん】第67回(第14週 火曜日) 感想

その、万太郎と千之助の袂別れの経緯を芝居にすればええやん。

それが一番面白そう

鶴亀家庭劇と万太郎一座のどちらかのうち、一人でも多く客を呼べた一座が、世界の喜劇王チャップリンに、道頓堀を代表して喜劇芝居を見せることができる…。大山社長(中村鴈治郎)発案の、千之助(星田英利)と万太郎(板尾創路)の一騎打ち。千代(杉咲花)は、鶴亀家庭劇が世界に認められれば…と胸が高鳴る。一方、いつも以上に強引でムキになる千之助。女優たちを怒らせ、収拾がつかない。さらに居酒屋で万太郎と鉢合わせし…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第14週「兄弟喧嘩(げんか)」第67話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

何だろうな……
一週置きくらいにつまらない「おちょやん」である(あくまでも個人の感想です)

まぁ、この須賀廼家兄弟のあれこれに個人的にあまり興味持てないから、そこが原因(笑)

須賀廼家兄弟喧嘩劇


この須賀廼家兄弟喧嘩の結果をチャップリンに見せようというのが社長のご意向。

何で千之助さんは万太郎のこととなるとあないになりはんねやろ。

千さんな、田舎におる弟と妹のために爪に火ぃともすようにして貯めたお金を万太郎に全部とられてしもたんや。一緒に芝居やろ言うてだまされてな。

俺の聞いた話とちゃうな。
万太郎に許婚寝取られてもたて。ちゃいますの?


そうやないて。
役者やったお父さんの一座を万太郎に乗っ取られて、お父さん首くくって死んでしまいはったんや。千さんは復讐のため役者になった。


千さんのお父さんまだ生きてはるて言うてましたよ。

えっ?そうなの?

田舎に弟とか妹がいるいう話も聞いたことあれへんけどな。


ここが今日のドラマ中で一番面白かったところ。


てか……

これをさ、芝居にしたらええやん(笑)

アンジャッシュ風に(笑)

女優の媚び


わしの舞台で女は使わん、と千之助に言われ、香里とルリ子さんは激怒。

千之助を庇う千代に、

自分だけは特別や思てんねやろ。
座長の妻あの2代目天海の奥さんやもんなあ。


ええなあ。 
うちらがお払い箱になってもあんたは安泰や。


うまいこと取り入ったなあ。


と憎々しげに言う香里。

いやいや……取り入ろうとしていたのは、あんたやけどな……。

あなたも女優としての誇りがあるなら、劇団の男どもにこびを売るような態度はやめたら?

とルリ子さんに言われ、おさんどんを止めようとするが、結局世話好きだからやってしまう……。

いや、ルリ子さんが言ってる「媚び」は、おさんどんの話ではなく、こういう仕事上の事で男側に立とうとするところだと思うけれど。

基本的に千代は、あまり深く考えずに争いごとの仲介に立とうとする傾向があるから……。

さっさと出て行け


文句あんねやったらお前らも辞めてまえ!

万太郎と偶然会ったことで、ますますおかしくなっていく千之助。

いや、座長はこっちで、出て行くのはあんたやで。

万太郎ともこうやって喧嘩別れしたのでは……。

千之助の暴君っぷりと、それを止められない一平に結構イライラする(笑)


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 倉悠貴(子役期 : 荒田陽向)

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL