NHK朝ドラ【おちょやん】第34回(第7週 木曜日) 感想

私たちは、自由なのよ!! と言いながら、最高の不自由を押し付けて去って行った気もする高城百合子(笑)

まぁね……しかし、これを通らなきゃ、大部屋の中で上へ行くのは無理だよね。

縁故。大事。

女優修業のため、助監督の小暮(若葉竜也)に恋人のフリを頼み、初デートをした千代(杉咲花)は、はからずも初めての恋を経験する。動揺を隠せない千代は翌朝、小暮と会うも普段通りに接することができない。しかし小暮の口から思いがけず、撮影所で見かけた一平(成田凌)の近況を知ることになる。一方、混乱を極める「太陽の女・カルメン」の撮影。現場から抜け出した高城百合子(井川遥)と再び、鉢合わせる千代だった………

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第7週「好きになれてよかった」第34話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

自由すぎるわ…。

敬愛する高城百合子と。

小暮くんの思いと。

両方一挙に失った千代ちゃん。

残されたのは、「可能性」か「断捨」か。

使えるものは何でも使いなさい


ついに『カルメン』の現場から逃げ出した高城。

まぁね……あの「さようなら」のどこがどんな風に「違う」のか見ている方にも伝わらないよね。

俳優よりも監督が失格っぽい(笑)


逃走する高城を匿った千代ちゃん。

あれ……前にも確かこんなことが…。


レイチェルではなくて、「千代ちゃん」をやっと思い出してもらえたのだった。

驚いたわ。
こんなふうに再会できるだなんて。


いや、千代的にはもっと早く再会していたんですけどね。


あの時、高城さんが言うてくれはったんだす。
覚えてはりますか?


もちろん、覚えていなかった(笑)


分かったわ。 
私に任せなさい。


いい役につけるよう所長に頼んであげるから。

そないなことしたら妬まれたり恨まれたり……。

そんなの私が黙らせてあげるから。

この世界で生きていく覚悟があるなら遠慮しては駄目。使えるものは何でも使いなさい。

誰に何を言われようと自分がやりたいと思うようにやるべきよ。

私たちは自由なのよ。



朝ドラヒロイン。
何だか知らないけれど上に上っていくような展開が多い中。

ちゃんと、コネで上へ上げてあげる!と言われて上がる切っ掛けをつかめるのは清々しいよね。

しかし百合子は消えた


しかし、撮影所内で行方不明になるだけではなく、高城は消えてしまった。

しかも、相手の俳優と駆け落ち!!

しかもしかも、恋心が芽生え始めた小暮くんは高城にホレていたことを知ってしまう。

人間、失う時は一度に失うものよね……。

そして不安だけが残る


所長までが頭を下げる大事件に発展した『カルメン』は、ジョージ本田組で撮り直し。

そして、千代ちゃんには「ミカがやっていた夫に出ていかれた若い妻役」があてられたのだった。

高城と共にコネの話も消えてしまったと思ったのだけど。

これは百合子さんから千代ちゃんへの置き土産だったのです。


置き土産はあるが「黙らせてくれる」人は居ない。

これは、試練……。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL