NHK朝ドラ【おちょやん】第83回(第17週 水曜日) 感想

物事の終わりはいつだって寂しい……。

始めるのも勇気が必要だけれど、

閉めるのもまた勇気。

お疲れさま。芝居茶屋「岡安」。

昭和19年2月、福助(井上拓哉)の出征の日がやってきた。妻のみつえ(東野絢香)と息子の一福、両親、そして幼なじみの一平(成田凌)と千代(杉咲花)に見送られながら、福助は前に向かって歩きだすのだった。その数日後、芝居茶屋「岡安」にとっても、特別な日がやってくる。道頓堀60年の歴史に幕をおろす日である。女将の岡田シズ(篠原涼子)と宗助(名倉潤)は、岡安を支えたお茶子たちに労いの言葉をかけるのだった。…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第17週「うちの守りたかった家庭劇」第83話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

福助が本当にキリっとして美しく。

見送るみつえちゃんの決意を込めた表情も良かった。

……これを「美しい」なんて言うのは嫌いだけれど。

こんな人たちが本当に居たんだよね。

出征する人送る人


今回は福助だけではなく、百久利さんも送られた。

福助は「福富」「岡安」という自分の家族に送られての出征。

百久利さんを送るのは百久利さんの家族である鶴亀家庭劇。

今度こそ皇国のために命をささげ戦うてまいります!

必ず戻ってきとくなはれな。
うちら、ここでずっと待ってますさかい。



おふくろである千代が声を掛ける。

百久利さんの親父だあっただろう千之助は、手で払うような格好をするばかり。

その表情には、息子を送り出す父の苦悩が見て取れる。

だよね。
一番つらいのは誰よりも千之助のはず。


泣かされてしまったわ。

岡安の廃業


こっちは戦争のためだけではなく、ようやく見切りが付いた体でもあるのだけれど。

60年余りの歴史に幕を引くのはやはり勇気が行っただろう。

若者を失ったら国は滅びる。

若者が行ってしまったら家業は滅びる……。

一平の決心


様々な見送りを体験し、様々な閉店を目の前にし、一平も決心する。

すまん……あかんのや。
家庭劇は、解散する。



これは正しい判断だと思うけれど。

ここは千代にとっての「家」。

すんなり納得できるかどうか……。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 倉悠貴(子役期 : 荒田陽向)

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL