NHK朝ドラ【おちょやん】第36回(第8週 月曜日) 感想

朝ドラのクズ親父って、何だか憎めないとか、気持ちが少しは分かるってキャラが多いけれど、安心して。

テルヲのことだけは、何があっても憎めるから!(爆)

千代(杉咲花)が撮影所に来て3年。時代は大正から昭和に移り金融恐慌の煽(あお)りを受け、映画界は不景気だった。鶴亀撮影所の女優たちも次々と辞めていく中で、千代は中堅女優としてどうにか頑張っていた。同じく小暮(若葉竜也)も映画監督の夢を諦められず仕事を続けていた。ある日、ヨシヲと名乗る男が訪ねてきたと知らせを受けた千代。撮影現場から急いで戻った千代が目にしたのは、父・テルヲ(トータス松本)の姿だった………

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」第36話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

ある意味、すごいキャラだな……テルヲ。

どんなに一生懸命語っていても、「この人にも辛いことがあったのね」って一切思えないもの。

トータス松本が作り出す、カラっとヘロっと底知れぬ怖さのある明るい寄生虫キャラよ……憎める(笑)

守衛さん、入れないで、それ


テルヲが現れたことは先週終わりで全視聴者が知っていたわけだが、守衛さんもいるし……と思っていたのに、入れちまうんかい!

千代ちゃん、女優になる前はあんなに拒否されていたのに、案外ノーセキュリティだった。

しかも、大部屋でタラシになっているとか、どんなに汚くても女には軽く愛されるタチらしい。

反省という言葉が辞書になし


3年前、道頓堀でお前に裏切られてから何やってもあんじょういけぃんでな。

何度も言うけど、タチが悪すぎる。

千代がおってくれたらお父ちゃん、また頑張れる気すんねん。

騙されている、たかられていると分かっていながら、カフェーキネマを教えてやる千代である。

人がいいっていうのもあるけれど、親だから。どうしても払いきれないんだね。それ、分かっていてやってるから、本当にタチが悪い。

大部屋から抜け出せない


先週終わりでは、「千代も中堅になり」という話で忙しくしている様子だったけれど、大部屋から抜け出せたわけではなく、不景気の中いつクビになるか分からない状態。

小暮くんも小暮くんで「助監督」というパシりから抜け出せないまま。

しかも、小暮くんには実家から「帰ってこい」の催促も来ているもよう。

「家」で息子を縛り、夢は夢だとあきらめさせる。

こういう親の方が令和的には毒親なんだろうな(……と言えないくらいテルヲが全時代的に毒親すぎる(笑))

つらい身の上話は先にしておくべき


千代ちゃん、もう何年もキネマにいるのに、自分の話を周りにちゃんとしていなかったの?

……と不思議に思うくらい、テルヲはキネマでも歓待されていた。

お父さんからいろいろ聞いたよ。

今まで大変やったがいねえ。

親友のはずの真理ちゃんまで、初耳のように千代の苦労をテルヲの苦労話として信用している。


近年、本当に……

人間は「人に自分の苦労話などせず、淡々と誠実に生きて行けば分かってもらえる」みたいな一匹狼的な生き方だと苦労して損するだけだ。

……と思うようになってきた(笑)

周りに泣きごと垂れ流しまくって、自分を可哀想に演出した者こそ勝ち組なのかも。

その構図が、まさに自分本位で語るテルヲと、弱さを隠して生きてきた千代の姿に投影されている気がする。

世知辛い……。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL