NHK朝ドラ【おちょやん】第72回(第15週 火曜日) 感想

Twitter上では花籠の送り主はテルヲなのではないかという説もチラホラ見かけるが。

テルヲにそんな金あったと思えないし。(そこまで舞台に注目していたなら結婚の事も知っていただろうし。)

何より、もしも花の贈り主がテルヲだったとしても……

長年の搾取行為が許されるわけないやん。

父親を冷徹に無視し続ける千代(杉咲花)。それにもへこたれず、つきまとうテルヲ(トータス松本)。それは千代が住む天海家、稽古場、福富楽器店にまでおよぶことに…。千代を取り巻く道頓堀の人々は、テルヲの存在に困惑し、警戒しながらも、次第にただならぬ雰囲気を察していく。挙げ句の果てに、居酒屋・水月にまで押し掛けるテルヲは、鶴亀家庭劇の劇団員と飲んだくれる一平(成田凌)に、あることで勝負を挑むのだった…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第15週「うちは幸せになんで」第72話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

テルヲ……

今さら「おんぶしよ」と言い出したり、道頓堀の人たちに頭下げたりして父親面するの、本当にうざい……。

あ、「父親面」だけはずっとしてきたか。搾取親父面。

よろしゅう頼んます。


稽古がえりのルリ子さんと香里に

千代のこと、これからもよろしゅう頼んます。

と頭を下げるテルヲ。

みつえちゃんにも、

ええ友達持って千代は幸せ者や。
これからも、よろしゅう頼んます。


と頭を下げるテルヲ。


それ、ずっと、視聴者がテルヲ自身に言ってやりたかった言葉だけど?

千代ちゃんの人生を邪魔せんようによろしゅう頼んます。

このドラマが始まってから何回そう思ったかわからんで。

みつえちゃん、そこやない……


あんた、ええかげんにしいや。

千代はなあ、あんたに構てる暇なんかあれへんのや。

座長の嫁として毎日毎日役者たちの面倒見て、その合間に自分の芝居の稽古して。

せっかく結婚したのにゆっくり家で自分の幸せに浸る間ぁもあれへんねん。

あげくに一座のあほな男どもは毎日毎日飲んだくれて女遊びにうつつ抜かしてる始末や。

これ以上、あんたまで千代のこと苦しめんといて。


いやいや、みつえちゃん……
一平のことはこの男にチクってくれなくてもええんや……。

そんなことより、この男自身の今までの素行をみつえちゃんのセリフでおさらいしましょう。

何か、おさらいしないと、窃盗犯で詐欺師でネグレクトでDVであることを忘れちゃう視聴者もたぶん居るんで……。

親目線で同情する人たち


テルヲに一切振り向かない千代の態度を見て、シズさんはついにテルヲの病気を打ち明ける。

ほんまはな黙っといてて言われたんやけど、このままやったらあんたが後悔してしまうかも分かれへんさかい。

御寮さんは、このままテルヲを死なせたら千代が後悔すると知っている。

旦さんは元より、父親として子供に憎まれて死ぬテルヲに同情しているし。

菊さんもテルヲに同情している風情。


親が恋しい娘の心を搾取し、何度も許してしまう甘さも搾取し、身体を売ってしまおうとまでしたDV親父。

息子は命からがら搾取親父から逃げ出してヤクザに拾われた。


こんな親でも、放り出して死なせたら傷つくのが千代の性格だと分かっているから、みんな助けてやろうとしているんだよね。

テルヲが許されるべき人間だからではなく、全ては千代のため。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 倉悠貴(子役期 : 荒田陽向)

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL