NHK朝ドラ【おちょやん】第52回(第11週 火曜日) 感想

「あきまへん!今すぐ別れなはれ。」

予想通りの話が展開されつつある……。

千代(杉咲花)の思い込みとは裏腹に、みつえ(東野絢香)の好きな人は一平(成田凌)でなく、商売敵・福富の跡取り息子・福助(井上拓哉)だった。しかも、すでに二人は恋仲に…。それでも二人の間にそびえ立つ壁は高く険しい。犬猿の仲である母親のシズ(篠原涼子)と菊(いしのようこ)の存在だ。千代は二人の仲を認めさせようと、みつえと福助に加えて、岡安のかめ、富士子、節子、玉を巻きこむ大芝居を仕掛けるのだが…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」第52話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

福富の旦那と岡安の旦那の「寄合」は全く子どもたちとは無関係な方向であった……。

ややこしや。

旦那たちの寄合


別に芝居茶屋を畳もいうのやあれへん。
ほんのちょっと店先で商いの足しに何かやれたらて思て、知恵借りただけや。


わてかて岡安のこと思えばこそやな……。


ダンさん、婿養子ゆえの苦悩やな。

芝居茶屋は今やオワコン。

今まで妻に仕切られ添え物のように生きて来たが、妻のライバル福富は見事に転身。

同じく添え物のようだった向こうの旦那は生き生きと働いている。

……自分も何か社会に役立つことをしてみたい……。

気持ち、分かるなぁ。

でも、相手が福富なのがバレれば怒られるのは目に見えてるやん。

ダンさん、他にお友達いてへんの……。


福富がらみでシズさんのご機嫌はますます悪くなり、みつえちゃんの事を言い出すどころじゃなくなった千代(ら)。

みつえの気持ち


半年くらい前や。

芝居茶屋は景気悪く、家を継ぐつもりで生きて来たみつえは「良い所に嫁に行け」と言われて将来の行き場を無くした。

この世の終わりみたいな顔してんで。

と福助は声を掛けてくれた。

お母ちゃんみたいな女将になんのがうちの夢やったんや。

また新しい夢見つけたらええやんか。

うちはあんたみたいに、でけもせえへんこと夢みるようなアホとちゃう。

でけもせえへんとか言わんといてくれるか。
僕は本気でいつかこれで食べていこうて決めてんねから。


何か元気の出る曲、吹いたるわ。


びっくりした。
前はまともに音も出されへんかったのに。


うち、あいつに励まされてしもた。
ほんで気ぃ付いたら好きになってた。



こん話する時の、みつえちゃん、可愛かったわ。

可愛いから、やっぱり助けたくなるんやね……。

確かに千代が逃げる時にみつえちゃん助けてくれたしね。

かめさんの大失敗


しかし、あの芝居はないやろ……。

ああいうノリにはついて行けてない私であった。

かめさんはかわいいけどね。


そして、

あきまへん!
今すぐ別れなはれ。



……と、なる。

あんたのためだす。
福富の息子なんぞと一緒になったかて幸せになれるはずあれしまへん。


富川の家に入って姑の菊からさんざんいじめられながらあの楽器屋を切り盛りしますんやで?

福助君と一緒になるいうのはそういうことだす。

あんた、それ分かって言うてますのんか?


若い者はそんなこと言ってもピンと来ないものである。

しかし、菊さんってそんなに意地悪には見えないんだよね。

それに、すでにみつえちゃん、喫茶店に入り浸っているし……。

お菊さんの方は実は気づいていると思うんだけどなぁ。


 


 

【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43・44 45
46 47 48 49 50
51 52
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL