NHK朝ドラ【おちょやん】第10回(第2週 金曜日) 感想

岡安の女将シズ(篠原涼子)から大切な使いを頼まれた千代(毎田暖乃)。途中で一平と出会い帰りが遅くなったことで贔屓(ひいき)の客を怒らせてしまう。お茶子失格となり岡安を翌朝出て行くことに。この時、岡安の誰もが千代の父テルヲ(トータス松本)が夜逃げしてしまい、千代には帰る家が無いことを知らなかった。道頓堀以外、どこにも行く宛の無い千代。ようやく居場所を突き止めたのは、シズの母親のハナ(宮田圭子)だった……

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第2週「道頓堀、ええとこや~」第10話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

大団円やな……。

なんという情緒豊かな子役時代。

千代のためにたくさんの人を雇い、雨の中自ら探しに来てくれたお家さん。

千代の芝居好きも知っていたのだろう。

天海天海一座の芝居を見せてくれた。

舞台の上には「同じく(ではないけれど)」父を失った一平が居る。

芝居を辞めず、きちんと務めている。


はよう成仏してください。

以前と違ってそこには感情があった。

台詞は真実になってしまったけれど、子どもたちは早くも親離れしていく。

成仏させなければ。
父への思いを。

あこが、あの子の生きる場所や。


一平は自分の生きる場所に覚悟を決めた。

千代も岡安で洗いざらい話す。

「うちは、かわいそやない」

をきちんと噛みしめ、可哀想じゃなく受け入れて生きる覚悟。


弟がどねなったんかも、お父ちゃんらがどこに行ったんかも何も分かれへん。うちはもう、ほんまに一人や。どこにも帰るとこがありません。

お願いします。
ここに置いたってください。


もうここしかあれへんのです。
うちを助けてください。


届け物もきちんと届けます。
口答えもしまへん。
せやさかい!



おシズご寮さんの

間違いあれしまへん。
間違いのう、


うちの おちょやんだす。


には、ちょっと鳥肌立った。

気持ち良すぎる、タイトルきたーーーーー!!


旦那さんは字を教えてくれる。

一平たちはまた巡業へ立って行った。

みつえちゃんとは……どうなったか分からへん(笑)


とにかく、8年経ち。

朝ドラあるある大人期女優への交代シリーズを見せつつ……。

杉咲花ちゃん、頑張って。

先も楽しみや。



【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10

 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. あるあるor普通>『おちょやん』第10話

    ​​​​​​​​​​​​​棒読みだった一平が 心籠る演技をしてみせ― 相手の顔色を読んで演技をした千代が プライドを捨て心の内を告白する― 上手くリンクさせているなあ。 …ひじゅにですが何か? ​「あおこが、あの子の生きる場所や」​byハナ ↑やはり…ハナさん、只者ではない(笑) その優しさ、温かさに いつか千代の救いになってくれる人だと思われたハナさん。 今日、本当に…

  2. 連続テレビ小説「おちょやん」 (第10回・2020/12/11) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第10回/第2週『道頓堀、ええとこや~』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 岡安の女将シズ(篠原涼子)から大切な使いを頼まれた千代(毎田暖乃)。途中で一平と出会い帰りが遅くなったことで贔屓(ひいき)…