NHK朝ドラ【おちょやん】第25回(第5週 金曜日) 感想

山村千鳥一座の試験での千代(杉咲花)の振る舞いは散々なものだったが運良く合格する。だが喜んだのもつかの間、合格したのは役者としてではなく、千鳥(若村麻由美)の身の回りの世話役としてだった。千鳥は口が悪く、芝居にはとてつもなく厳しい座長だった。いつか芝居の稽古を見てもらうため、懸命に掃除・洗濯など身の回りの世話に徹する千代。しかし千鳥と清子(映美くらら)の会話から劇団の存続が危ういことを知ってしまう…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「おちょやん」第5週「女優になります」第25話

NHK朝ドラ『おちょやん』感想

感想

チョロイぜ!山村千鳥!

……じゃなくて、いくら天才でもああいう人にはついて行きたくないのが令和の倣い……

でも、一部の人はついて行く。

カリスマだね。
分かる気がする。

清子さんとの絆


我慢して一緒にいられたってこっちが不愉快になるわ。

と、山村座のクビ通達を受けた千代。

そやな。ほな、そないさしてもらいます。

何が山村千鳥一座や。

昔ちょっこと活動出てたんかどうか知らんけど、今あんたのことなんかだ~れも知らんわ!

お稽古で大概偉そうなこと言うてはったけど、ご自分はちょっこともお稽古しはりませんやん。

うちはみんなが楽しいと思えるお芝居がやりたいんだす。

自分のことしか考えてへんお人にそないな芝居、作られしまへんわな。

大好きなお芝居をあんたみたいな人から学びとうあれしまへん!

短い間だしたけどお世話になりました。
いや、お世話しました~!



と、出て来た千代ちゃん。

清子さんを庇ってこうなったはずなのに、当の清子さんから山村千鳥を許してやってくれと頭を下げられる。


いっそ清子さんがほかの座員の人たちと自分で一座作りはったらどないだす?

もちろん、そないしたいけど……

できへんわ。

私、山村千鳥が大好きやねん。
あの人についていくて決めたんや。



この時の清子さんの表情が最高やねん。

もう完全に推しを見守る愛に溢れてるじゃんね。

ぢから、あの我が儘にずっとつき合って来たんだよね。

四つ葉のクローバー


西洋ではな、白詰草のことをクローバーていうんや。

四葉のクローバーを見つけた人は幸せになるて言い伝えがあるんやて。

それでもっかい死んだ気になって生きてみよて思たそうや。


毎日四つ葉を探させていたのは、もしかしたら注意力や集中力を育てる稽古としてなのでは………。

と、思っていたけれど、甘かった。

純粋に自分の幸せのためだった(爆)


しかし、夜中に一人で稽古する千鳥を見て、結局クローバーを手土産に戻っていく千代である。


いい月影先生になってくれるといいね(ストーリー的に絶対そうなるはず……)



【おちょやん】
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
朝ドラ『おちょやん』感想投稿お待ちしています◆放送期間 : 2020年11月30日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 : %◆主題歌 : 秦基博◆主演 : 杉咲花◆出演 ...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

竹井千代 – 杉咲花(子役期:毎田暖乃)

竹井テルヲ – トータス松本
竹井栗子 – 宮澤エマ
竹井ヨシヲ – 荒田陽向

岡田シズ – 篠原涼子
岡田宗助 – 名倉潤
岡田みつえ – 東野絢香(子役期:岸田結光)
岡田ハナ – 宮田圭子
富川菊 – いしのようこ
富川福松 – 岡嶋秀昭
富川福助 – 井上拓哉(子役期:松本和真)
かめ – 楠見薫
富士子 – 土居志央梨
節子 – 仁村紗和
玉 – 古谷ちさ
椿 – 丹下真寿美
ぼたん – 沢暉蓮
あやめ – 藤本くるみ

天海一平 – 成田凌(子役期:中須翔真)
初代 天海天海 – 茂山宗彦
須賀廼家千之助 – 星田英利
須賀廼家万太郎 – 板尾創路
熊田 – 西川忠志

大山鶴蔵 – 中村鴈治郎
高城百合子 – 井川遥
山村千鳥 – 若村麻由美
高峰ルリ子 – 明日海りお
小山田正憲 – 曽我廼家寛太郎
須賀廼家天晴 – 渋谷天笑
須賀廼家徳利 – 大塚宣幸
漆原要二郎 – 大川良太郎
石田香里 – 松本妃代
須賀廼家百久利 – 坂口涼太郎

宮元潔 – 西村和彦
宇野真理 – 吉川愛
若崎洋子 – 阿部純子
薮内清子 – 映美くらら

小暮真治 – 若葉竜也
片金平八 – 六角精児
守屋 – 渋谷天外

語り(黒衣)… 桂吉弥

スタッフ

◆制作統括 : 櫻井壮一、熊野律時
◆プロデューサー : 村山峻平
◆演出 : 梛川善郎、盆子原誠
◆脚本 : 八津弘幸
◆音楽 : サキタハヂメ
◆主題歌 : 秦基博「泣き笑いのエピソード」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説「おちょやん」 (第25回・2021/1/8) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『おちょやん』(公式サイト) 第25回/第5週『女優になります』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 山村千鳥一座の試験での千代(杉咲花)の振る舞いは散々なものだったが運良く合格する。だが喜んだのもつかの間、合格したのは役者として…

  2. 四葉>『おちょやん』第25話

    ​​​​​​​​​​​​取り合えず部屋がいつも散らかっていることと8時間睡眠に拘ることと四葉の白詰草を探させる理由は判明。…ひじゅにですが何か?​「お世話しました!」​by…

  3. 四葉>『おちょやん』第25話

    ​​​​​​​​​​​​取り合えず 部屋がいつも散らかっていることと 8時間睡眠に拘ることと 四葉の白詰草を探させる理由は判明。 …ひじゅにですが何か? ​「お世話しました!」​by千代 ↑こーいうとこ、好きだわ(笑) 直後に後悔してるし 最後は謝ったし ちゃんと​ヒロイン​している。 千代はまだ千鳥さんの芝居を観たことがないし 偶々募集していたのが彼女の一座だったってだ…