NHK朝ドラ【あさが来た】 第107回 感想

新次郎(玉木宏)は、あさ(波瑠)とけんかばかりしている娘の千代(小芝風花)に京都の女学校へ進学することを勧める。すると千代は…。加野銀行にやってきたはつ(宮崎あおい)は、勝手に家出した藍之助(森下大地)を和歌山に連れて帰ろうとする。すると藍之助は…。加野銀行では、あさが採用した女性の銀行員が働きはじめるようになる。お客たちの反応もよく、順調にすべりだしていく。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第18週「ようこそ!銀行へ」 第107話

   あさが来た1

※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。

↑テンプレだす。

昨日のスッキリに比べて今日のこのモヤっと感(笑)

いや、アバンは、とっても良かったわ。

新次郎はんの娘・千代クビ通告にも見えるほどだった。
(いや、もちろんそんな事はありまへん)

本来ならば、あれほどベタベタ可愛がっていたのだから、京の寄宿舎なんかに娘を入れるのは父・新次郎が泣いて嫌がるところであろう。

でも、

女学校いうのはななにも職業婦人目指す者が学ぶとこやあれへんのやで。
大事なんは「修身や礼節を重んじる教育」やて文部省かて言うてます。

つまり、お前、礼節なってないから、ちょっと入ってきな。
と言っているわけである。

その京都の女学校はなぁ、上方一の名門で家事やお裁縫にとりわけ力入れてるらしい。

と、千代の望みどおりの事を教えてくれるメリットを挙げる。
そうね。この家に居たって張り子猫の作り方を教わるくらいだしね。

わてはなぁ、学なんかのうてもええお嫁さんになってはる女子はんが仰山いてんのも知ってます。

そやけどな。千代。
あんたはまだそないなれるような器や覚悟もあれへん。

器いうのはなぁ。あんたのお母ちゃんがな、決して人の居てへんとこで陰口言うたりせぇへんお人や。

そやけど、その器一つ取っても、わてはわてのお嫁さんをあんたのお母ちゃんを尊敬でけます。

自分の妻を尊敬できるって素晴らしいよね。
それを口にできるって素晴らしいよね。

つまり、お前、人の悪口ばっかりいってるじゃん。と、釘を刺しているわけである。

世間は広い。
いつまでもこの大阪で愚痴こぼして暮らすより、知らん土地で新しいもんの見方身につけたらどないだす?

   あさが来た107-1

こんな、はんなりした……そして氷のように突き刺さる説教、聞いた事ないで。

この人、ホンマに凄い人格者だよな。

笑いながら怒る人だよ。

そして、寂しがる よのさんにも「いつでも会いに行けばいいじゃん」と放る。
あれあれ…もしかしたら、嫁の愚痴を吹きこんで育てたのは、やはり婆なのだろうか。
もちろん、よのさんの場合は悪気は全く無く、こぼれちゃう程度に……ぼろぼろこぼれちゃう程度に口から出ちゃっていたのかもしれないけれども。

だって、藍之助の方はやはりお菊BAから山王寺屋再興の呪いを吹きこまれ続けて育てられたらしいから。

おばあちゃんかて昔からよう言うてはったやろ?
うちも昔は山王寺屋いう両替屋やったんやて。
僕かて、その山王寺屋の子です。
商人になりたいいう夢持ったかて…。

耳元で呪い吹込む婆を思い起こす話だぜ。
  あさが来た107-2

藍之助に関しては、

一刻も早、帰らなあかん。
この忙しい時期に2人もこないなとこにいててどないしますのや!?
あんたは大事な男手やいうのに。

これが全てである。

ああ、藍之助くん可哀想……
自由に自分の道を歩めない家・親という名の足枷地獄……

とかいう平成頭が湧いて出てきそうだが、こういう時代なので、これが当然の頭だから。

むしろ、この時代でせっかくホームドラマを作るのだから、前作のような現代劇では出来ない(やったから「毒親」とかいう非難轟轟になった(爆))「親を大切にすること」「家の仕事を大切に思う事」「家族の絆」を大いに描くチャンスなのにね。

そこを時代のマイナス方向にしか見られない作りは残念すぎる。

明治の長男なんだから、ちゃんとしろよ……としか言えないのだった。

「見つかってしもた…」って(苦笑)
見つからないわけなかろーー

よのさんもさ、

あの時も言いましたやろ。
うちはおはつさんや藍之助ちゃんの事、この家の者や思てるて。

それやったら僕、ここに住まわしてもろても…?

ああよろしで。
千代もな、京都行ってしまうかも分かれへんし、藍之助ちゃんがうちにいてくれたら嬉しいな。

の続きは、

で、いつ家の養子に入ってくれますのん?

だったら良かったのにね~。

この息子、そこまでの覚悟はないで。

ともかく…

娘は父からあれだけ言われても口をとがらせ続け、息子は結局問題を長引かせるだけで終わったのだった。

ホームドラマパーツ、ほんと平成だね。

加野銀行、女子行員デビューは、ワクワクしたのにな。
  あさが来た107

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:東出奈々→中川江奈→鈴木梨央)
東柳啓介 … 工藤阿須加
白岡正太郎 … 木内義一

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人

山崎平十郎 … 辻本茂雄
高木ツル … 村崎真彩
末松すず … 三宅唯真
中川ハト … 加藤千果
工藤サカエ … 横田美紀

山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花
田村宜 … 吉岡里帆
田村フナ … 高橋由美子

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司
三坂 … 中川浩三

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
成澤カナエ … 宮嶋麻衣

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

大隈重信 … 高橋英樹
大隈綾子 … 松坂慶子

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107