NHK朝ドラ【カムカムエヴリバディ】第90回 (第19週 水曜日) 感想

どこで何をして生きようと、お前が鍛錬し、培い、身につけたものはお前のもの。決して奪われることのないもの。

そう。

人生に無駄なんて無いのである。

たとえ失恋であっても……。

五十嵐(本郷奏多)から別れを告げられ、ショックで寝込んでしまったひなた(川栄李奈)。自分のせいで五十嵐を傷つけてしまったと悔やむひなたに、るい(深津絵里)はやさしく“On the Sunny Side of the Street”を歌って聴かせます。一方、条映を去ることに決めた五十嵐のもとには、錠一郎(オダギリジョー)が現れて……

(『カムカムエヴリバディ』上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第19週「1992−1993」第90話

NHK朝ドラ【カムカムエヴリバディ】感想

感想

やはり、そうなるかもと思ったようになってしまうのね。

断ち切ってしまったものな。

これでいいんだ。ひなた。

でも……

これで奏多くんの出番が終わりかも知れない(たぶん、そう)と思うとファンとして個人的にすごく寂しい……。

はなむけ

お別れの翌日。

ひなたは一日部屋に籠って泣いていた。

好きだったんだもんね。

1999年7の月には人類最後の日を一緒に生きるはずだったんだもんね。

あの日のプロポーズの思い出。

あの日貰った風鈴。

思い出せば悲しく、見れば悲しい……ああ言えば別れなくて済んだのか、ああ言わなければ別れなくて済んだのか。

後悔ばかりの脳内シュミレーション。つらい。

一方、五十嵐の方は夢に別れを告げていた。

稽古場の掃除をしていると、師である虚無さんが脇差しをくれる。

はなむけだ。

虚無蔵さん。俺はもう殺陣は……。

どこで何をして生きようと、お前が鍛錬し、培い、身につけたものはお前のもの。
決して奪われることのないもの。


一生の宝とせよ。

これは本当にそうだよ。

例え今がかつて想像していた未来と違う今でも。

「過去の栄光」だとしても「思い出語り」だとしても。

自分自身で作り上げ、目標を持って生きていた記憶は、もうそれだけで大きな財産なんだよ。

『ちりとてちん』の正太郎おじいちゃんの名言を思い出す。

人間も箸とおんなじや。 研いで出てくるのは塗り重ねたものだけや。

一生懸命生きてさえおったら 悩んだことも落ち込んだことも、きれいな模様になって出てくる。

お前のなりたいものになれる。

るいとジョー

失恋して泣いている娘を気遣いなぐさめ励ます母親……これがなかなか居ない。

なかなかいないし、娘の方もある程度の年齢ならば拒絶しちゃう。

突然歌い出されたら「「ミュージカルかよ」とツッコむかも……(あ、そういえば るい編は基本ミュージカルだった。最初は)。

これをしちゃう母も、これを受け入れる娘も、やはり家庭環境が良いんだなぁと思う。

Life can be so sweet.

On the sunny side of the street.

ひなたの道を歩けば……。

きっと人生は輝くよ。

ジョーは五十嵐に過去を語っていた。

トミー北沢……。知ってる?


あっ。はい。音楽には疎いけど……まあ名前くらいは。


僕の友達。
レコード出して。CD出して。
アメリカにまで行って。
僕のかなえられへんかった夢全部かなえてる。


新譜出るたびに買うてるけど一回も聴いてない。


そやから……僕には分かるんや。
五十嵐君はひなたのことを大事に思ってる。
そやからこそひなたの前から消えるんやって。

僕がるいの前から消えようとしたように。

そう。

かつて、ジョーは るいの前から消えるどころか、世界から消えようとしていたんだよね。

それを引き留めたのは るいだった。

そしたら生まれてきてくれた。
まぶしい光の塊みたいな ひなたが。

五十嵐君。
これからいろんなことがあると思うけど、それが五十嵐君の選んだ道やったら、きっと、それが……。それは五十嵐君の

ひなたの

道になるから。

久々のトミー!ご活躍おめでとう~~。

あれからずっと、ジョーのためにも頑張ってくれたんだろうなぁ。

個人的には、中の人は今ちょっと『雲霧仁左衛門』の山川なので印象が違うんですけど……

BS時代劇『雲霧仁左衛門5』◆放送期間 : 2022年1月14日 ~ ◆原案 : 池波正太郎◆主演 : 中井貴一◆出演 : 國村隼,内山理名,近藤芳正,手塚とおる,大東駿介,渡辺哲...

しかし、過去の人がこうやって蘇ってきて人生に関わっていることが分かる作りはまさに「財産」を見せられているよう。

正直、るいが一家の働き手になり、いまだにどうも特に家事をやっている風でもないジョーの位置づけには、これでいいんか、るい……と思わなくもない。いや、「なかった」。

けれども、ジョーは2人の子供たちにとって大きな愛すべき財産になっている。

そうか……こういう事なんだなぁ。

武士

もしかしたら、まだどうなるか分からないかもよ

五十嵐はジョーの言葉を聞き、戻って来るかも知れないじゃない??

……と、思いたいけれど。

ひなたは、潔く五十嵐との思い出の風鈴を断ち切った。

そういえば、この子も武士だった。

二言は無いね。

あのプロポーズの時、

今度は斬るなよ。

と笑っていたのは、冗談ではなくなった。

最後まで、ちゃんと繋がっていた。

【カムカムエヴリバディ】ひなたと文ちゃん 感想
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『カムカムエヴリバディ』◆放送期間 : 2021年11月01日 ~ ◆制作 : NHK(BK)◆平均視聴率 :  %◆脚本 : 藤本有紀◆主題歌 : AI◆主演 : 上白石萌音、深...


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へPVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



キャストとスタッフ

キャスト

橘安子(雉真安子) – 上白石萌音(子役期 : 網本唯舞葵)
大月るい(雉真るい) – 深津絵里 (子役期: 古川凛)
大月ひなた – 川栄李奈 (子役期 : 新津ちせ)

大月錠一郎 – オダギリジョー
大月桃太郎 – 青木柚(子役期: 野﨑春)

五十嵐文四郎 – 本郷奏多
桃山剣之介 – 尾上菊之助
伴虚無蔵 – 松重豊
榊原誠 – 平埜生成
美咲すみれ – 安達祐実

野田一恵 – 三浦透子(子役期:清水美怜)
野田一子 – 市川実日子

藤井小夜子 – 新川優愛(子役期:竹野谷咲)

赤螺清子 – 宮嶋麻衣 → 松原智恵子
赤螺吉右衛門 – 中川聖一朗(堀部圭亮)
赤螺初美 – 宮嶋麻衣
赤螺吉之丞 – 徳永ゆうき(子役期:石坂大志)

破天荒将軍 – 徳重聡
武者蘭丸 – 青木崇高

橘金太 – 甲本雅裕
橘小しず – 西田尚美
橘算太 – 濱田岳
橘杵太 – 鷲尾真知子

雉真千吉 – 段田安則
雉真美都里 – YOU
雉真稔 – 松村北斗
雉真勇 – 村上虹郎
雉真雪衣 – 岡田結実

村野タミ – 西川かの子

水田きぬ – 小野花梨
水田卯平 – 浅越ゴエ
水田花子 – 小牧芽美
水田力 – 小林よしひさ
赤螺吉兵衛 – 堀部圭亮
柳沢定一 – 世良公則
柳沢健一 – 前野朋哉

平川唯一 – さだまさし
ロバート・ローズウッド – 村雨辰剛
小川澄子 – 紺野まひる
こわもての田中 – 徳井優
小椋くま – 若井みどり
村野タミ – 西川かの子
神田猛 – 武井壮


トミー – 早乙女太一
竹村平助 – 村田雄浩
竹村和子 – 濱田マリ
片桐春彦 – 風間俊介
笹川奈々 – 佐々木希
木暮洋輔 – 近藤芳正
西山太 – 笑福亭笑瓶
磯村吟 – 浜村淳
エンタツ – 中川剛
アチャコ – 中川礼二

語り – 城田優

スタッフ

◆制作統括 : 堀之内礼二郎、櫻井賢
◆プロデューサー : 葛西勇也、橋本果奈、
齋藤明日香
◆演出 : 安達もじり、橋爪紳一朗、
松岡一史
◆脚本 : 藤本有紀
◆音楽 : 金子隆博
◆主題歌 : AI「アルデバラン」


『カムカムエヴリバディ』各回リンク

第1話 2 3 4 5 

6 7 8 9 10

11 12 13 14 15

16 17 18 19 20

21 22 23 24 25

26 27 28 29 30

31 32 33 34 35

36 37 38 39 40

41 42

43 44 45 46 47

48 49 50 51 52

53 54 55 56 57

58 59 60 61 62

63 64 65 66 67

68 69 70 71 72

73 74 75 76 77

78 79 80 81 82

83 84 85 86 87

88 89 90


この記事のトラックバック用URL