NHK朝ドラ【エール】第93回(第19週 水曜日) 感想

劇作家の池田(北村有起哉)が裕一(窪田正孝)に、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を依頼しにやって来る。裕一は、戦争中に自分がした事に責任があるといって断ろうとするが、戦争の悲劇から復活を真っ向から描くこのドラマの音楽は、裕一にしか書けないと池田は説得する。苦しんでいる子供たちを励まして欲しいと言って池田が置いて帰った主題歌の歌詞を見て、その力強さに裕一は心動かされる……

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「エール」第19週「鐘よ響け」第93話

NHK朝ドラ『エール』感想

感想

僕のしたことには……責任があります。

戦時下だ。 
いろんなことがあった。しかたのないことだってある。

違います!僕は!

自分の歌に勇気づけられて戦場に向かう若者に…興奮していました。

生きて帰る可能性も少ないのに悲しむ家族もいるのに……

信じられますか?
これが許されることですか?



もてはされて、神風のような勝利の曲だと自分でも信じて、死んでいく命は国のためだからとあきらめ、必ず勝つと信じて協力した。

そんな人は山のように居ただろう。

戦時朝ドラのたびに登場する国防婦人会の人たちだって単に意地悪でやっていたわけではない。「必ず勝つ」協力をしているのだと信じて活動していたわけで。

歴史の事は結果が全てだ。


そして今の裕一には、池田が言っていた通り、

痛みを知ったからこそ表現できるものがある。


人は変わらないんだよ、体験しないと。


結局は音の叱咤激励が最終的に効く形になるわけで、早くそうしておけば……とも思うけれど、夫婦の物語だからこれでいいのよね。


結果、池田@菊田一夫氏の歌詞の力強さに打たれ、曲を書き上げた裕一。

こに立ち直るために必死に働く鏑木さんたちの姿が重なってくる演出、いいなぁ。




ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」は昭和22年7月5日から始まりました。

復員した青年が戦争孤児のために居場所をつくる奮闘の物語は戦争で傷ついた人々の心を励まし勇気づけました。

当初は土日2回放送でしたが、もっと放送してほしいとリクエストが殺到。

半年後には月曜日から金曜日まで毎週5回の録音放送となり、今に続く「連続テレビ小説」のもととなりました。


ということで、朝ドラの礎になるドラマの話だった。ありがとう、「鐘の鳴る丘」。

今期から朝ドラは月曜から金曜の週5日放送。土曜は一週間の総集編です。


【エール】
1 2 3 4 5
6 7 8 9・10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
91 92 93
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
◆放送期間 : 2020年3月30日 ~ 9月28日◆平均視聴率 : …◆原作 : 林宏司◆主題歌 : GReeeeN「星影のエール」◆主演 : 窪田正孝、二階堂ふみ◆出演 : 山...
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

古山裕一 – 窪田正孝(子役期:石田星空)

古山三郎 – 唐沢寿明
古山まさ – 菊池桃子
古山浩二 – 佐久本宝(子役期:潤浩)
権藤茂兵衛 – 風間杜夫

佐藤久志 – 山崎育三郎(子役期:山口太幹)
村野鉄男 – 中村蒼(子役期:込江大牙)

希穂子 – 入山法子
藤堂清晴 – 森山直太朗

関内音 – 二階堂ふみ(子役期:清水香帆)
関内安隆 – 光石研
関内光子 – 薬師丸ひろ子
関内吟 – 松井玲奈(子役期:本間叶愛)
関内梅 – 森七菜(子役期:新津ちせ)
鏑木智彦 – 奥野瑛太

小山田耕三 – 志村けん
廿日市誉 – 古田新太
木枯正人 – 野田洋次郎
高梨一太郎 – ノゾエ征爾
杉山あかね – 加弥乃

梶取保 – 野間口徹
梶取恵 – 仲里依紗

田中隆 – 三浦貴大

双浦環 – 柴咲コウ

岩城新平 – 吉原光夫
御手洗清太郎 – 古川雄大

大河原隆彦 – 菅原大吉
桑田博人 – 清水伸
及川志津雄 – 田中偉登

落合吾郎 – 相島一之
鈴木廉平 – 松尾諭
菊池昌子 – 堀内敬子
松坂寛太 – 望月歩

語り… 津田健次郎

スタッフ

脚本 – 清水友佳子、嶋田うれ葉
原作 – 林宏司(第3週まで)
制作統括 – 土屋勝裕
プロデューサー – 小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出 – 吉田照幸、松園武大
音楽 – 瀬川英史

主題歌 – GReeeeN「星影のエール」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 朝ドラのもと>『エール』第93話

    ​​​​​​​​​​​​​『鐘の鳴る丘』放送開始。色んな人々が一心に耳を傾ける中音だけは余裕でお菓子を食べている。これって、妻の余裕?一番最初に裕一の曲に触れたのが自分…

  2. 朝ドラのもと>『エール』第93話

    ​​​​​​​​​​​​​『鐘の鳴る丘』放送開始。 色んな人々が一心に耳を傾ける中 音だけは余裕でお菓子を食べている。 これって、妻の余裕? 一番最初に裕一の曲に触れたのが自分だから? 裕一を立ち直らせたのは自分だと思っているから? ↑ヒネクレタ見方かもしれないけど わざわざ彼女だけこういう描写にしたのが引っかかった。 それこそ祈る様な表情で聞いているのでも良いのにさ。 それとも、…