NHK朝ドラ【エール】第47回(第10週 火曜日) 感想

木枯(野田洋次郎)が自身のヒット曲「酒は涙か溜息か」を作詞した高梨一太郎(ノゾエ征爾)を裕一(窪田正孝)に紹介するために連れてくる。高梨は裕一の「福島行進曲」を聞いて、自分の詞の「船頭可愛いや」に曲をつけて欲しいと頼みに来たのだ。一方、音(二階堂ふみ)は記念公演に向けて稽古に励むが、なかなかうまくいかない。居残りでひとり練習をしていると、環(柴咲コウ)が現れコツをアドバイスして音を励ます…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「エール」第10週「響きあう夢」 第47話

NHK朝ドラ『エール』感想

感想

『東京アラート』って、何か演歌のタイトル味あるよね……と思うのは私だけですかね、そうですか。(何で何でも横文字にしたがるん……ルーなのか)



また日を回りそうなので簡単に。


早速ですが古山さん。
私の詞に曲をつけてもらえませんか?


ちょー有名作詞家・高梨一太郎が、一曲しかレコードを出していない裕一くんに作曲を依頼してくれたのは、木枯さんが推してくれたからというだけではなく、「福島行進曲」も「紺碧の空」も聞いて気に入ってくれたから。


このドラマで、初めて、

曲を聴いて選んでくれた人\\\  ///


廿日市審査も、「はい。採用。」の一発OK。


ブランド力、ハンパねぇ。

しかし、

古山君。これ最後のチャンスだから。

もし売れなかったら君もう要らないから。
契約金も返済してね、一括で。



というオマケ付き。

廿日市は悪役なのかというと、そうではないと思うんだな。

むしろ、このドラマ内で一番普通に自分の仕事をしているような(笑)


流行りの「芸者」に歌わせるプランは、なぜか下駄屋に歌わせるプランに変更。

しかし、上手い。



……が、売れなかった……。

裕一、危機一髪で明日に続く。

(あ、音の方がスルーになって、すいません(笑))

今期から朝ドラは月曜から金曜の週5日放送。土曜は一週間の総集編です。


【エール】
1 2 3 4 5
6 7 8 9・10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
『NHK朝ドラ エール』の感想投稿をお待ちしています。◆放送期間 : 2020年3月30日 ~ ◆原作 : 林宏司◆音楽 : 瀬川英史◆主題歌 : GReeeeN◆主演 : 窪田正孝、二階堂ふみ◆出演 : 唐沢寿明,菊池桃子,山崎育三郎,中村蒼,光石研,薬師丸ひろ子,松井玲奈,柴咲コウ…
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

古山裕一 – 窪田正孝(子役期:石田星空)

古山三郎 – 唐沢寿明
古山まさ – 菊池桃子
古山浩二 – 佐久本宝(子役期:潤浩)
権藤茂兵衛 – 風間杜夫

佐藤久志 – 山崎育三郎(子役期:山口太幹)
村野鉄男 – 中村蒼(子役期:込江大牙)

希穂子 – 入山法子
藤堂清晴 – 森山直太朗

関内音 – 二階堂ふみ(子役期:清水香帆)
関内安隆 – 光石研
関内光子 – 薬師丸ひろ子
関内吟 – 松井玲奈(子役期:本間叶愛)
関内梅 – 森七菜(子役期:新津ちせ)
鏑木智彦 – 奥野瑛太

小山田耕三 – 志村けん
廿日市誉 – 古田新太
木枯正人 – 野田洋次郎
高梨一太郎 – ノゾエ征爾
杉山あかね – 加弥乃

梶取保 – 野間口徹
梶取恵 – 仲里依紗

田中隆 – 三浦貴大

双浦環 – 柴咲コウ

岩城新平 – 吉原光夫
御手洗清太郎 – 古川雄大

大河原隆彦 – 菅原大吉
桑田博人 – 清水伸
及川志津雄 – 田中偉登

落合吾郎 – 相島一之
鈴木廉平 – 松尾諭
菊池昌子 – 堀内敬子
松坂寛太 – 望月歩

語り… 津田健次郎

スタッフ

脚本 – 清水友佳子、嶋田うれ葉
原作 – 林宏司(第3週まで)
制作統括 – 土屋勝裕
プロデューサー – 小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出 – 吉田照幸、松園武大
音楽 – 瀬川英史

主題歌 – GReeeeN「星影のエール」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 船頭可愛や>『エール』第47話

    ​​上京してくるなり贔屓のおでん屋を見つけたと思ったら屋台ごと自分のものにしてしまうとは…鉄男、恐るべし!>ぇ主人公達が集まり合う場所を作るのはは朝ドラ必須。とはいえカ…

  2. 船頭可愛や>『エール』第47話

    ​​上京してくるなり贔屓のおでん屋を見つけたと思ったら 屋台ごと自分のものにしてしまうとは… 鉄男、恐るべし!>ぇ 主人公達が集まり合う場所を作るのはは朝ドラ必須。 とはいえ カフェだと女給役の女優さんを大勢揃えなければならないし (それに一応、音の女給エピで役目を終えたし) “喫茶バンブー”ではマスター夫妻の見せ場を作らなければならないから 今度は屋台で節約? …ひじゅにですが何か…

  3. 連続テレビ小説『エール』第47回

    内容木枯(野田洋次郎)から高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介された裕一(窪田正孝)売れっ子作詞家の高梨は、裕一の“福島行進曲”に感銘を受けたらしく。“船頭可愛いや”に曲を付けて欲しいという。一方、稽古をする音(二階堂ふみ)だが上手くいかず苦戦していた。そんな音に、環(柴咲コウ)が。。。。後日、完成した曲を、廿日市(古田新太)に手渡した裕一。高梨一太郎の詞と聞き、廿日市は即採用する。ただし、今回が…

  4. 連続テレビ小説「エール」 (第47回・2020/6/2) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第10週『響きあう夢』の 『第47回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 木枯(野田洋次郎)が自身のヒット曲「酒は涙か溜息か」を作詞した高梨一太郎(ノゾエ征爾)を裕一(窪田正孝)に紹介するために連れてくる。…