NHK朝ドラ【エール】第90回(第18週 金曜日) 感想

長かった戦争がようやく終わる。豊橋では、梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)が、入院生活を続けていた。裕一(窪田正孝)は戦争中、自分の作った音楽が人々を戦うことに駆り立て、その結果若い人の命を奪ってきたことを自分のせいだと悔やんで曲を書くことができなくなってしまう。一方、劇作家の池田(北村有起哉)は戦争孤児のドラマの企画をNHKに持ち込む…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「エール」第18週「戦場の歌」第90話

NHK朝ドラ『エール』感想

感想

梅も岩城さんも生きていた……

あんなに火が回っていたのに、2人とも重傷火傷もなく、顔も綺……(ドラマです)


とりあえず、家も仕事もなくなってしまったが、2人が生きていたことを神に感謝するのがカノ宗教だと思うのだが、自分の思い出が焼けてしまったことを憂いて歌う光子さんである。

ここは……光子さんの気持ちはともかく、薬師丸さんの歌声を聞かせてくれてありがとう、と思うことにしよう。


それよりも。

戦争が終わったとなったら、病に伏せる姑と介護に追われる夫の弟を置いて、さっさと東京へ帰っていく嫁である。

出て行く前にせめてお世話になった家を掃除するとか、そういうシーンは行間妄想で補えってことだろうけれども、何だかもう……旅行か!?ってくらい暢気。


お別れシーンも、浩二よりも姑の方でしょ……今帰るなら今生の別れだよ、たぶん。(昨日も書いたけれど、史実のモデルの方は古関さんの慰問中に亡くなっている)



福島だって空襲はあったわけで、東京大空襲の噂を聞いて緊張感を持って帰ってくるような描写はあってもよくないかな。そこも妄想行間を読めと……。

浩二が持たせてくれた食料……道中襲われなくて良かったね。

いっぱい荷物背負って、ただいまぁ~~って。もう一度書くけど、旅行かっ!


藤堂先生も弘哉くんも想定内の退場。

戦地の様子は傷ましい。

けれども国内は豊橋しか空襲はなかった世界らしい。


とりあえず……有起哉さんと板垣瑞生くんの登場、ありがとう。

今期から朝ドラは月曜から金曜の週5日放送。土曜は一週間の総集編です。


【エール】
1 2 3 4 5
6 7 8 9・10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60
61 62 63 64 65
66 67 68 69 70
71 72 73 74 75
76 77 78 79 80
81 82 83 84 85
86 87 88 89 90
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
◆放送期間 : 2020年3月30日 ~ 9月28日◆平均視聴率 : …◆原作 : 林宏司◆主題歌 : GReeeeN「星影のエール」◆主演 : 窪田正孝、二階堂ふみ◆出演 : 山...
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

古山裕一 – 窪田正孝(子役期:石田星空)

古山三郎 – 唐沢寿明
古山まさ – 菊池桃子
古山浩二 – 佐久本宝(子役期:潤浩)
権藤茂兵衛 – 風間杜夫

佐藤久志 – 山崎育三郎(子役期:山口太幹)
村野鉄男 – 中村蒼(子役期:込江大牙)

希穂子 – 入山法子
藤堂清晴 – 森山直太朗

関内音 – 二階堂ふみ(子役期:清水香帆)
関内安隆 – 光石研
関内光子 – 薬師丸ひろ子
関内吟 – 松井玲奈(子役期:本間叶愛)
関内梅 – 森七菜(子役期:新津ちせ)
鏑木智彦 – 奥野瑛太

小山田耕三 – 志村けん
廿日市誉 – 古田新太
木枯正人 – 野田洋次郎
高梨一太郎 – ノゾエ征爾
杉山あかね – 加弥乃

梶取保 – 野間口徹
梶取恵 – 仲里依紗

田中隆 – 三浦貴大

双浦環 – 柴咲コウ

岩城新平 – 吉原光夫
御手洗清太郎 – 古川雄大

大河原隆彦 – 菅原大吉
桑田博人 – 清水伸
及川志津雄 – 田中偉登

落合吾郎 – 相島一之
鈴木廉平 – 松尾諭
菊池昌子 – 堀内敬子
松坂寛太 – 望月歩

語り… 津田健次郎

スタッフ

脚本 – 清水友佳子、嶋田うれ葉
原作 – 林宏司(第3週まで)
制作統括 – 土屋勝裕
プロデューサー – 小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出 – 吉田照幸、松園武大
音楽 – 瀬川英史

主題歌 – GReeeeN「星影のエール」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説「エール」 (第90回・2020/10/16) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第18週『戦場の歌』の 第90回の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 長かった戦争がようやく終わる。豊橋では、梅(森七菜)を助けようとして戦火に巻き込まれた岩城(吉原光夫)が、入院生活を続けていた。裕一(…

  2. 菊田一夫>『エール』第90話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​北村有起哉さん​登場!役名は池田二郎。モデルは菊田一夫さん。あのトホホな『わろてんか』で唯一の見せ場を作った人な…

  3. 菊田一夫>『エール』第90話

    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​北村有起哉さん​登場! 役名は池田二郎。 モデルは菊田一夫さん。 あのトホホな『わろてんか』で唯一の見せ場を作った人なので 何だかこちらも希望が湧いて来たわ(笑) …ひじゅにですが何か? ​「NHKだもんね」​by池田 ↑う~ん…冗談かな皮肉かな?(^^;) 落ち込む裕一のもとにダメ出しの如く弘哉君の死の知らせが―…