NHK朝ドラ【エール】第42回(9週 火曜日) 感想

音楽学校の記念公演の最終選考に、千鶴子(小南満佑子)と残った音(二階堂ふみ)だったが、環(柴咲コウ)から今のままでは千鶴子に勝つのは難しいのではと言われる。音が歌を通して何を伝えたいのかが何も伝わってこなかったというのだ。どうせ自分には才能がないとやけになる音に、久志(山崎育三郎)は伝えたいことを明確にするためには、まずは「椿姫」の世界を理解することだとアドバイスをする。そして…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「エール」第9週「東京恋物語」 第42話

NHK朝ドラ『エール』感想

感想

また今日は完全なコント回……。

脚本と演出が誰でも、メインスタッフの色は変わらないだろうし。まぁ、原始時代から始まったことを考えれば、この演出も不思議ではないけれど。

しかし、ヴィオレッタもまた本当はアルフレードを愛していたのです。

こうして愛を確認し合った2人。

しかし、ある時、アルフレードの父親がヴィオレッタのところへやって来て……。

うちの息子と別れてくれ。

そんな!

君と一緒にいる限り息子は幸せになれない。

小説読んだり、カフェでバイトしたりしなくても、音が結婚に至るまでの道筋そのものですよね……。

どうしたの、やはり川俣銀行周辺の話は無かったことになってるの?(笑)

現在、曲が出来ない裕一の苦悩と、ストーリーを掴めない音の悩みはあまりリンクしていないし、並行して描かなくてもいいんじゃないかなって気がしてしまう。

正直言うとあなたの歌には惹かれるものがなかった。

自分だけが楽しんでるようではプロとしては通用しない。

環さんが言っていた「プロとして通用」辺りの事でカフェでの経験が利くのかな。

それより、根本的に歌のレベルが……(そこは言ってはいけないところ……)

ライバル役に本格的な配役しすぎた…。

今期から朝ドラは月曜から金曜の週5日放送。土曜は一週間の総集編です。


【エール】
1 2 3 4 5
6 7 8 9・10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
◆放送期間 : 2020年3月30日 ~ 9月28日◆平均視聴率 : …◆原作 : 林宏司◆主題歌 : GReeeeN「星影のエール」◆主演 : 窪田正孝、二階堂ふみ◆出演 : 山...
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

古山裕一 – 窪田正孝(子役期:石田星空)

古山三郎 – 唐沢寿明
古山まさ – 菊池桃子
古山浩二 – 佐久本宝(子役期:潤浩)
権藤茂兵衛 – 風間杜夫

佐藤久志 – 山崎育三郎(子役期:山口太幹)
村野鉄男 – 中村蒼(子役期:込江大牙)

藤堂清晴 – 森山直太朗

関内音 – 二階堂ふみ(子役期:清水香帆)
関内安隆 – 光石研
関内光子 – 薬師丸ひろ子
関内吟 – 松井玲奈(子役期:本間叶愛)
関内梅 – 森七菜(子役期:新津ちせ)
鏑木智彦 – 奥野瑛太

小山田耕三 – 志村けん
廿日市誉 – 古田新太
木枯正人 – 野田洋次郎
杉山あかね – 加弥乃

梶取保 – 野間口徹
梶取恵 – 仲里依紗

田中隆 – 三浦貴大

双浦環 – 柴咲コウ

岩城新平 – 吉原光夫
御手洗清太郎 – 古川雄大

大河原隆彦 – 菅原大吉
桑田博人 – 清水伸
及川志津雄 – 田中偉登

落合吾郎 – 相島一之
鈴木廉平 – 松尾諭
菊池昌子 – 堀内敬子
松坂寛太 – 望月歩

語り… 津田健次郎

スタッフ

脚本 – 清水友佳子、嶋田うれ葉
原作 – 林宏司(第3週まで)
制作統括 – 土屋勝裕
プロデューサー – 小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出 – 吉田照幸、松園武大
音楽 – 瀬川英史

主題歌 – GReeeeN「星影のエール」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『エール』第42回

    内容歌から伝わってくるモノが無かったと。双葉環(柴咲コウ)からダメ出しをされた音(二階堂ふみ)裕一(窪田正孝)久志(山崎育三郎)に相談したところ、久志は。。。敬称略作、清水友佳子さん原案は、林宏司さん“またか。。。。”それが、本心である。もちろん、コントね。コント。え?状況説明に、必要だったと?まぁ、確かに、そういう考え方も出来るだろうが。

  2. 連続テレビ小説「エール」 (第42回・2020/5/26) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第9週『東京恋物語』の 『第42回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 音楽学校の記念公演の最終選考に、千鶴子(小南満佑子)と残った音(二階堂ふみ)だったが、環(柴咲コウ)から今のままでは千鶴子に勝つのは難…

  3. 女給志願>『エール』第42話

    ​​​​音の行動は、ぶっ飛んでいるというよりも単に二階堂さんの女給コスプレを見せようというサービスと昨日初登場した新人女給さん(まだ名前覚えてない)を音&裕一の世界の中…

  4. 女給志願>『エール』第42話

    ​​​​音の行動は、ぶっ飛んでいるというよりも 単に二階堂さんの女給コスプレを見せようというサービスと 昨日初登場した新人女給さん(まだ名前覚えてない)を 音&裕一の世界の中心に連れて来るため …だな。 やっぱ、あの女給さん 鉄男と絡むことになりそう。 鉄男のキャラを掘り下げるため …ではなく 全ては音、及び裕一のため(^^;) …ひじゅにですが何か? 「恐ろしいくらい中身が…