NHK朝ドラ【エール】第8回(第2週 水曜日) 感想

父・安隆(光石研)と琴を演奏するために教会に向かった音(清水香帆)は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)の歌を聞いて、その姿に釘付けになる。環と話した音は、すっかり夢見心地。自分も歌を習いたいと言い始める。それからは吟(本間叶愛)や梅(新津ちせ)が不思議に思うほど、学芸会の練習に一生懸命取り組む音だったが、ある日関内家に思いもよらない出来事が勃発する…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「エール」第2週「運命のかぐや姫」 第8話

NHK朝ドラ『エール』感想

感想

家人が突然テレワークになったせいで何だかんだあって昼まで録画も見られなかったので、12時45分からの放送を見て、デジャヴ??……ってなった私です……。

デジャブでも痴呆でもなく、間違いなく昨日の再放送だった。(昨日、昼の回が無かったもんね。)

裕一のターンでも、親は優しく家は甘く、って感じだったけれど、音のターンになったら、ほぼ令和(笑)

まぁ……自由で明るくて優しくていいよね。

今のこのご時世を考えたら、朝から抑圧や暴力受ける内容は、あまり見たくないもんね。

でも、

忘れたのか? 
やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい。


は素敵なんだけれど、人とお話し中の双浦環さんに声を掛けたのには、ちょっと引いたわ。

それは失礼だよ。時代関係なく。

将来、私みたいになりたい?

はい!

だったらどんなことがあっても今日みたいに出番に穴をあけちゃ駄目。周りの人に迷惑がかかるから。

それは大河の方の人にぜひ言っ……()

お父さん……。

うん?

あたし、歌、習いたい。

歌?

うん。 歌、歌いたい!

双浦環は初めから「生涯に関わる大事な人」と紹介されているから、そうなるよね。

緊張でかぐや姫のセリフを忘れちゃった良子にお節介して機嫌を悪くさせたり、元気に出しゃばるところは早くも朝ドラヒロイン的。

逆に主役の裕一が前に出られない性格だから、ちょうどいいのかも。

家族も西洋ナイズされていて、この時代にしてはオープン過ぎる仲良しっぷりが際立つな……と思っていたけれども、フラグだったか。

警察から連絡がありました。

の続きは気になる。

こんな折、親族に不幸がありまして、明日から遠くへ出かけます。来週の頭くらいまでは更新できないかも。ご了解ください。

今期から朝ドラは月曜から金曜の週5日放送。土曜は一週間の総集編です。


【エール】
1 2 3 4 5 6
7 8
 

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。
このドラマについてひと言ふた事書きたい、書いて下さるって方はぜひどうぞ。
◆放送期間 : 2020年3月30日 ~ 9月28日◆平均視聴率 : …◆原作 : 林宏司◆主題歌 : GReeeeN「星影のエール」◆主演 : 窪田正孝、二階堂ふみ◆出演 : 山...
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村

キャスト

古山裕一 – 窪田正孝(子役期:石田星空)

古山三郎 – 唐沢寿明
古山まさ – 菊池桃子
古山浩二 – 佐久本宝
権藤茂兵衛 – 風間杜夫

佐藤久志 – 山崎育三郎(子役期:山口太幹)
村野鉄男 – 中村蒼(子役期:込江大牙)

藤堂清晴 – 森山直太朗

関内音 – 二階堂ふみ(子役期:清水香帆)
関内安隆 – 光石研
関内光子 – 薬師丸ひろ子
関内吟 – 松井玲奈(子役期:本間叶愛)
関内梅 – 森七菜(子役期:新津ちせ)
双浦環 – 柴咲コウ
岩城新平 – 吉原光夫
御手洗清太郎 – 古川雄大

語り… 津田健次郎

スタッフ

脚本 – 清水友佳子、嶋田うれ葉
原作 – 林宏司(第3週まで)
制作統括 – 土屋勝裕
プロデューサー – 小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出 – 吉田照幸、松園武大
音楽 – 瀬川英史

主題歌 – GReeeeN「星影のエール」

この記事のトラックバック用URL

コメントとトラックバック

  1. 連続テレビ小説『エール』第8回

    内容父・安隆(光石研)と向かった音(清水香帆)は、琴の演奏をするため教会へ向かった。だが、遅れてしまい演奏出来なかった音だが、オペラ歌手・双浦環(柴咲コウ)の歌声に魅了される。そして、環から“全力を尽くしなさい”と言われ、不満だった“竹取物語”のおじいさん役も全力で取り組みはじめる。敬称略シッカリと、登場人物は描かれているし。“朝ドラ”らしい、心地良さもあるし。特に、不満は無いです。むしろ。…

  2. 歌いたい>『エール』第8話

    ​​​​​​​幸せいっぱいに見える音の家族あまりにそれが強調されるからこれってフラグ?…と思っていたら本当にフラグみたいだな裕一にも家業と養子の問題が迫っているし音にも…

  3. 歌いたい>『エール』第8話

    ​​​​​​​幸せいっぱいに見える音の家族 あまりにそれが強調されるから これってフラグ? …と思っていたら 本当にフラグみたいだな 裕一にも家業と養子の問題が迫っているし 音にも試練がやって来るのかも? …ひじゅにですが何か? 「目の前のことに全力を尽くしなさい」by環 裕一が藤堂先生に言葉を貰った様に 音も環に大切な教えを受ける― ↑ついつい比較してしまう>スマソ …

  4. 連続テレビ小説「エール」 (第8回・2020/4/8) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『エール』(公式サイト) 第2週『運命のかぐや姫』の 『第8回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 父・安隆(光石研)と琴を演奏するために教会に向かった音(清水香帆)は、のちの人生に大きな影響を与える人となるオペラ歌手の双浦環(柴咲…