NHK朝ドラ【舞いあがれ!】第60回 (第12週 金曜日) 感想

えっ、お父ちゃん?

心労かしら。金のニセビリケンは活躍しないのか……。

舞(福原遥)は朝陽(又野暁仁)が星が好きなことから、星を見るのに一番良い場所はどこかをみじょカフェで木戸(哀川翔)や一太(若林元太)に聞く。すると、さくら(長濱ねる)がまたもや「むっちゃん」の話を始めてのろけるが、そのむっちゃんが星が好きで「星空クラブ」を作ったと聞かされる。星空クラブのチラシをもらった舞は、朝陽の母・美知留(辻本みず希)に勧めてみる…

(Yahoo!テレビより引用)

連続テレビ小説「舞いあがれ!」第12週「翼を休める島」第60話

朝ドラ『舞いあがれ!』感想

感想

今週で五島の朝陽くんの話はおしまいということ?

星空クラブに行っておしまい?

この話、いずれ何か繋がって来るのだろうか。もしかしたら、舞ちゃんはパイロットにはならずに先生になる?

星空クラブ

朝陽くんは星が好き。

他人に関心がないわけではなく、悪く言われることは気にする。だから「友達」と接することが出来ない。

星空クラブ、行きたいん?


行きたい。 ……けど行きたくない。


行きたい気持ちはどんぐらい?


太陽ぐらいやな。


ほな行きたない気持ちは?


地球ぐらい。
けど、行ったらまた言われる。
すぐ怒るから朝陽とは一緒に遊びたくない、って。


そんなん言われたん?


言われた。前の学校で。


何で怒ってまうんやろなぁ。


知らない。嫌なことされたら、うわ~!ってなる。

学校にだって、本当は行きたいんやな。

けれど、「すぐ怒るからつきあいたくない」と言う子供の方も怒ることは出来ないよね。

人は誰だって自分の心を守りたいし、場の雰囲気を悪くする人とは付き合いたくない、パワハラからは逃げる、それを責めることは出来ない。

救いは、朝陽くんは「分かっている」ということ。

なあ。怒りたなったりモヤモヤしたりしたら自分の気持ちこないしてノートに書いたらどやろ?

舞と貴司くんに挟まれて、朝陽くんの心は落ち着いていくのだった。

人間関係は難しいね。

朝陽くんが一歩進めて、星空クラブに行けるようになったことは、喜ばしい。

しかし挫折の無い人生はなかなか無いので……。

立ち向かえるようになるといいな。

大坂の問題

しかし、なぜここに朝陽くんのエピソードを挟んできたのだろうと考える。

もちろん、五島もこのドラマの中の大切な舞台なので、こういう話はあってもいいのだけれど。

就職が先送りになって不安な舞が、以前癒された第二の故郷に帰る。

そこで朝陽くんのような子どもに出あって……

まさか、先生になっちゃうのでは~~……。

と、ふと考えた。

しかし来週は実家の工場の人になるらしい。

パイロットへの道は遠い……。

みるはちコメント欄

PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


舞いあがれ! キャストとスタッフ

キャスト

岩倉舞 – 福原遥(子役期:浅⽥芭路)

岩倉浩太 – 高橋克典
岩倉めぐみ – 永作博美
岩倉悠人 – 横山裕(子役期:海老塚幸穏)
才津祥子 – 高畑淳子


梅津貴司 – 赤楚衛二(子役期:齋藤絢永)
梅津勝 – 山口智充
梅津雪乃 – くわばたりえ

望月久留美 – 山下美月(子役期:大野さき)
望月佳晴 – 松尾諭

笠巻久之 – 古舘寛治
結城章 – 葵揚


八木巌 – 又吉直樹
津田道子 – たくませいこ


木戸豪 – 哀川翔
浦信吾 – 鈴木浩介
山中さくら – 長濱ねる

刈谷博文 – 高杉真宙
由良冬子 – 吉谷彩子
鶴田葵- 足立英

柏木弘明 – 目黒蓮
矢野倫子 – 山崎紘菜
中澤真一 – 濱正悟
吉田大誠 – 醍醐虎汰朗
水島祐樹 – 佐野弘樹


大河内守 – 吉川晃司

語り – さだまさし

舞いあがれ! スタッフ

◆制作統括 : 熊野律時、管原浩
◆プロデューサー : 上杉忠嗣
◆演出 : 田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐

◆脚本 : 桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太

◆音楽 : 富貴晴美
◆主題歌 : back number「アイラブユー」


『舞いあがれ!』各回リンク

開始前 1 2 3 4 5
6 7  8  9  10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
46 47 48 49 50
51 52 53 54 55
56 57 58 59 60


この記事のトラックバック用URL