NHK朝ドラ【舞いあがれ!】第47回 (第10週 火曜日) 感想

な、なんか演出がメロドラマっぽい……。

しかしなぁ……舞学生、ちょっと甘い。

舞(福原遥)、柏木学生(目黒蓮)、水島学生(佐野弘樹)は緊張したプリソロチェックを終えて、大河内教官(吉川晃司)から結果を伝えられる。柏木学生は、無事に合格する。そして着陸にてこずった舞も、何とか合格する。舞は急な横風に煽られ着陸ミスをしたことを気にかけて大河内教官に尋ねると、大河内は着陸を取りやめ危険回避をしたことを評価したと答えるが、センターラインを外した着陸を改善するよう指導される…

(Yahoo!テレビより引用)

連続テレビ小説「舞いあがれ!」第10週「別れと初恋」第47話

朝ドラ『舞いあがれ!』感想

感想

柏木学生が本当はとても寂しがり屋で、熱くて優しい人なのだと、上げ上げになった回。

そりゃ悔しいわ。

ここで1人だけフェイル退場させる意味とは……。

フェイル……

水島学生はこれまで本当に頑張ってきたんです。着陸なんて私より全然上手ですし……。


プレッシャーには少し弱いところがあるかもしれませんけど、これからだんだん慣れてくると思います。


水島学生の再審査、よろしくお願いします。

それは、ちょっと違うだろ。

勘違いするな。
努力をしてもパイロットになれない学生はいる。
私がここにいるのはそういう学生を落とすためでもあるんだ。

そりゃそうでしょ。

命を預かって飛ぶんだよ。管制官とのやり取りがいい加減なパイロットなんて、いて欲しくないに決まっている。

そして、そういう根本的ないい加減さ(誤魔化す体質)や、適性のなさは落とされても仕方ない……。仲間意識で命は守れないよね。

正直、柏木学生の方向感覚問題も、ちょっと恐い。

気を引き締めろ。
野外航法の訓練では空域が広がる。これまで以上に地図を読み込め。

と言われていたけれど、これは努力で治ると判断されているのだろうか。

迷子になる飛行機、危ない……。

ずっと仲間なんです

柏木学生が熱く思いをぶつけるシーンは、柏木学生が実はとても人情深かったことが分かって良かった。

(でも演出はベタベタだった……)

(みんなで他人の部屋を外から覗いているのはどうかと思う……)

お前は駄目なんかじゃない。
おやじの代わりに言ってやる。俺が言ってやる。
お前は絶対駄目なんかじゃない。

悔しいよね……。

学習も頑張っただろうし体力も頑張っただろうし、「パイロットはエリート」という一言で片づけられない努力の上にこの人たちは居る。

水島学生、さようなら。

いつか乗客になって再登場してね。

みるはちコメント欄

PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


舞いあがれ! キャストとスタッフ

キャスト

岩倉舞 – 福原遥(子役期:浅⽥芭路)

岩倉浩太 – 高橋克典
岩倉めぐみ – 永作博美
岩倉悠人 – 横山裕(子役期:海老塚幸穏)
才津祥子 – 高畑淳子


梅津貴司 – 赤楚衛二(子役期:齋藤絢永)
梅津勝 – 山口智充
梅津雪乃 – くわばたりえ

望月久留美 – 山下美月(子役期:大野さき)
望月佳晴 – 松尾諭

笠巻久之 – 古舘寛治
結城章 – 葵揚


八木巌 – 又吉直樹
津田道子 – たくませいこ


木戸豪 – 哀川翔
浦信吾 – 鈴木浩介
山中さくら – 長濱ねる

刈谷博文 – 高杉真宙
由良冬子 – 吉谷彩子
鶴田葵- 足立英

柏木弘明 – 目黒蓮
矢野倫子 – 山崎紘菜
中澤真一 – 濱正悟
吉田大誠 – 醍醐虎汰朗
水島祐樹 – 佐野弘樹


大河内守 – 吉川晃司

語り – さだまさし

舞いあがれ! スタッフ

◆制作統括 : 熊野律時、管原浩
◆プロデューサー : 上杉忠嗣
◆演出 : 田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐

◆脚本 : 桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太

◆音楽 : 富貴晴美
◆主題歌 : back number「アイラブユー」


『舞いあがれ!』各回リンク

開始前 1 2 3 4 5
6 7  8  9  10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
  46 47


この記事のトラックバック用URL