NHK朝ドラ【舞いあがれ!】第49回 (第10週 木曜日) 感想

え。待って。バラモン。

その熱、「特訓」のせいなの?

いよいよソロフライト訓練が始まり、舞(福原遥)も初めての単独飛行に臨む。無事に離陸し、帯広の上空を旋回する舞は、ふと隣を見る。これまでいつもいた大河内教官(吉川晃司)の姿はなく、誰もいない。舞に緊張が走る。訓練最後の山場である着陸態勢に入る舞。管制室から大河内教官(吉川晃司)や柏木学生(目黒蓮)が見守る中、舞は着陸するが、センターラインを外してしまう…

(Yahoo!テレビより引用)

連続テレビ小説「舞いあがれ!」第10週「別れと初恋」第49話

朝ドラ『舞いあがれ!』感想

感想

個人的には、大河内教官への同情のが止まらない。

そして、一度もセンターに乗せたことがないパイロットは恐い。

努力は報われんねん

努力をしてもパイロットになれない学生はいる。

そんなことない。努力は報われんねん。

もちろん……

今日もスイスイ飛行機を飛ばしているパイロットの方々も、たくさん訓練して努力して今の位置に来たのだろう。

それはいいのだけれど。

大河内教官!見といてや。

大河内教官に勝つためにセンターに入れるんだ!みたいなノリで訓練するのは何だか違うと思うのね。

その情熱は「乗員乗客の安全のため」の努力に向けて欲しい。

大河内教官は、そもそも全く鬼ではない。

でも、言葉足らずなんだろうなぁ、とは思う。

何でも口で伝えてくれないと、察することは難しい。

まぁ……語りすぎて余計なことを口にしてしまうのも、別の方向でダメ教師になってしまうわけだけれど。

教えることは難しいね。

でもね、教官。

この学生たちに、「安全・安心」を志すことはもっと教えても良いと思う。

なんのための「努力」なのだろう。

まさか、勝つためや、やり返すための努力ではないよね……。

ヒロインの熱が大河内教官のせいってことになりませんように(祈)

汗水たらしてない

悠人兄ちゃんが実家に帰れないのは、自分がやっている仕事が「汗水流して努力する系ではない」ということかなぁ……と、ふと思う。

もちろん、たくさん勉強して投資をしているわけだから、これはこれで良いのだと思うのだけど。

父の仕事が好きじゃない。感謝しているけれど好きではない。でも尊敬はしている。

自分の仕事は父に認められない。

そんな反抗心かも知れない。

……でも、帰ってあげよう。隣まできているのだから……。

みるはちコメント欄

PVアクセスランキング にほんブログ村  にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


舞いあがれ! キャストとスタッフ

キャスト

岩倉舞 – 福原遥(子役期:浅⽥芭路)

岩倉浩太 – 高橋克典
岩倉めぐみ – 永作博美
岩倉悠人 – 横山裕(子役期:海老塚幸穏)
才津祥子 – 高畑淳子


梅津貴司 – 赤楚衛二(子役期:齋藤絢永)
梅津勝 – 山口智充
梅津雪乃 – くわばたりえ

望月久留美 – 山下美月(子役期:大野さき)
望月佳晴 – 松尾諭

笠巻久之 – 古舘寛治
結城章 – 葵揚


八木巌 – 又吉直樹
津田道子 – たくませいこ


木戸豪 – 哀川翔
浦信吾 – 鈴木浩介
山中さくら – 長濱ねる

刈谷博文 – 高杉真宙
由良冬子 – 吉谷彩子
鶴田葵- 足立英

柏木弘明 – 目黒蓮
矢野倫子 – 山崎紘菜
中澤真一 – 濱正悟
吉田大誠 – 醍醐虎汰朗
水島祐樹 – 佐野弘樹


大河内守 – 吉川晃司

語り – さだまさし

舞いあがれ! スタッフ

◆制作統括 : 熊野律時、管原浩
◆プロデューサー : 上杉忠嗣
◆演出 : 田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐

◆脚本 : 桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太

◆音楽 : 富貴晴美
◆主題歌 : back number「アイラブユー」


『舞いあがれ!』各回リンク

開始前 1 2 3 4 5
6 7  8  9  10
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
31 32 33 34 35
36 37 38 39 40
41 42 43 44 45
  46 47 48 49


この記事のトラックバック用URL